苫前町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ5選!

苫前町には、たくさんの観光スポット・おすすめグルメがあります。
北海道北西部日本海側に面する苫前町は、島しょ部と本島部から成る町で、たくさんの
見どころや、海産物を中心としたおいしい食材がある町なのです。
今回はその中でもおすすめの観光スポットとグルメをご紹介します。

三毛別ヒグマ事件復元地

苫前で起こった開拓の悲話を伝えるために復元されたスポット。
大正4年冬、体長2.7メートル、体重380キロの巨大なヒグマが同部落を襲い、9人を殺傷しました。その後この地は荒野と化しましたが、住民の希望により平成2年に観光地として現場が再現されました。

三毛別ヒグマ事件復元地のおすすめポイント

こちらのおすすめポイントは、今にもヒグマが出現しそうなスリル感。
復元された住宅のそばにはヒグマのレプリカがあり、とてもリアルで迫力があります。
また、ヒグマの巣穴や爪痕を見たり、昔の人の暮らしぶりを知ったりすることもでき、当時の状況を間近に感じ取ることができます。
今でもヒグマが現れることがありますので、観光の際には夜の山道などは避けておきましょう。

詳細情報

住所:苫前郡苫前町字三渓
電話番号:0164-64-2212
アクセス方法:古丹別市街から車で20分
駐車場:有(無料)
営業時間:5月上旬~10月下旬の期間中は常時解放(夜は危険なので避けましょう)
定休日:なし
予算:無料

周辺のおすすめスポット情報

・苫前町郷土資料館

夫婦愛の鐘

鳴らすと家庭円満・子孫繁栄のご利益があるとされる鐘。ハートをかたどったモニュメントの中心には鐘がついており、フォトスポットとしても人気です。
また、ここから見る日本海の夕陽は絶景。天気が良ければ遠く利尻島に利尻富士を望むこともできます。

夫婦愛の鐘のおすすめポイント

夫婦愛の鐘は、夫婦はもちろんカップルにもおすすめ!一緒に鐘を鳴らせば、二人の愛も深まること間違いなしです。
また、ここから綺麗な夕日を見ながらゆっくりお話しをするのもいいですね。駐車場も広いので、旅の途中の休憩スポットとしてもおすすめですよ。

詳細情報

住所:苫前郡苫前町字上平
電話番号:0164-64-2212
アクセス方法:車(国道232線沿い)
駐車場:有(無料)
営業時間:常時解放
定休日:無し
予算:無料

周辺のおすすめスポット情報

・上平グリーンヒルウインドファーム

とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場

苫前町でキャンプができるオートキャンプ施設。サイトを借り、テントを張ってキャンプをすることができます。
近くにはビーチや温泉施設もあり、キャンプ場の中にはトイレや炊事場などの施設も整っています。間近には天売島・焼尻島、遠くには利尻島を望むことができ、夕日の美しさには定評のあるキャンプ場です。

とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場のおすすめポイント

こちらのオートキャンプ場は、施設が充実しているのがポイント!清潔なトイレと炊事場があり、とても快適にキャンプを楽しむことができます。
昼間はビーチで遊び、バーベキューを食べ、夜には源泉100%の温泉で汗を流せば、大人も子供も楽しく充実したキャンプになること間違いなしです。
美しい夕日を見ながらバーベキューを楽しんだり、温泉にゆっくりつかるのは、最高の贅沢ですよ。

詳細情報

住所:苫前郡苫前町字栄浜67番地1
電話番号:0164-64-2339
アクセス方法:栄浜バス停から徒歩で10分
駐車場:有(無料)
営業時間:常時
定休日:4月26日から9月30日の間営業
予算:500円~4,100円(区画による)

周辺のおすすめスポット情報

・とままえ夕陽ヶ丘ホワイトビーチ
・とままえ温泉ふわっと

ココ・カピウ

苫前ホワイトビーチ前にあるこちらのお店。現役の漁師さんが経営しています。とれたての味をお手頃価格で楽しめるということで、近くを訪れる観光客にはとても人気のスポットです。
特に、とれたてのウニを使用する「バフンウニ丼」が名物ですが、漁のない日にはメニューに出ないことも多いため、注意が必要です。
ウニ丼以外にも、おいしいメニューがたくさんあり、窓からのぞくビーチの眺めが美しいお店です。

ココ・カピウのおすすめポイント

こちらのお店は、ウニ丼がおすすめ。
ムラサキウニ丼が1,800円、バフンウニ丼が2,500円と、道内平均と比較してもかなり良心的な値段設定になっています。
ごはんの上に敷きつめられた黄金のウニはまさに壮観!苫前のウニは甘みが強く、とろけるような味わいで絶品です。
ちなみに、北海道のウニの漁期は6~8月頃であり、本当においしいウニはこの時期しか食べられないと言われることもあります。

詳細情報

住所:苫前郡苫前町字栄浜55-3 とままえ夕陽ヶ丘ホワイトビーチ
電話番号:0164-64-2855
アクセス方法:とままえ夕陽ヶ丘ビーチよりすぐ
駐車場:有(無料)
営業時間:10:00~19:00
定休日:5月1日~10月31日の期間中は無休、それ以外の期間は休業
予算:1,000円~3,000円

周辺のおすすめスポット情報

・とままえ夕陽ヶ丘ホワイトビーチ

レストラン風夢

苫前町の道の駅内にあるレストランです。苫前町で獲れた海の幸や山の幸をふんだんに使った和食を中心に、さまざまなメニューを楽しめます。
レストランには和室とラウンジがあります。北海道の日本海側を駆け抜ける道路「オロロンライン」の観光拠点としても人気のレストランです。

レストラン風夢のおすすめポイント

こちらの名物は、甘エビ。どんぶりからはみ出しそうなほどたっぷりと乗った甘エビは、苫前町に来たら一度は食べたい一品です。
また、それ以外にもこちらのレストランではメニューが豊富。道の駅の中のレストランなので、入りやすいのも人気の理由ですよ。

詳細情報

住所:苫前郡苫前町字苫前119-1 とままえ温泉 ふわっと 1F
電話番号:0164-64-2810
アクセス方法:栄浜バス停から徒歩で10分
駐車場:有(無料)
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日:なし
予算:1,000円~3,000円

周辺のおすすめスポット情報

・とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場

苫前町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメのまとめ

苫前町は小さな町ながら、観光スポットもおいしいグルメもいっぱい!とれたての海の幸を食べ、きれいな夕日を堪能したら、日頃のストレスもなくなりそうですね。
また、苫前はアクセスが良いのもポイント。稚内や利尻への観光の途中に、ふらっと立ち寄るのにもおすすめです。
あなたもぜひ、苫前町で毎日の疲れを癒してはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
アバター

あかね

26歳主婦。関西出身ですが、結婚を機に北海道に引っ越して来ました。土日を利用して主人と様々な観光スポットに行くのが趣味です。こちらに住み始めて1〜2年ですが、観光地はじめ穴場スポットなどもかなりの数巡っています。

関連記事

  1. 絶対行きたい!長沼町でおすすめの観光スポットとグルメ

  2. 清水町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ

  3. 北海道深川市の観光スポット・おすすめグルメ4選!

  4. 道南で美味しい食事を楽しむ!木古内町のグルメスポット3選

  5. 札幌市清田区のおすすめB級グルメ5選

  6. 新十津川町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

最近のコメント