むかわ町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ5選!

むかわ町で巡りたい観光スポットとグルメとしてまず浮かぶのは、町の魚としても登録されている「鵡川ししゃも」ではないでしょうか。むかわ町は2006年に穂別町と鵡川町が合併しできた町で、道央よりもやや南方に位置し、札幌市や苫小牧方面と日高や十勝方面への交通の要所にあります。旅の途中に立ち寄るのにもおすすめのむかわ町の魅力をお伝えしていきます。

むかわ町立穂別博物館

むかわ町穂別地域から産出した化石を展示する博物館です。およそ1億年前から7,000万年前の地層から発掘された、首長竜やアンモナイトなどが展示されています。当時の穂別地域は海であったため主に海生生物が産出していますが、陸上に生息していた恐竜と陸生カメも1個体ずつ産出しています。約4,500万年前から現在の地層にかけてはイルカやクジラなどの骨も出てきており、これらも合わせて展示されています。

むかわ町立穂別博物館のおすすめポイント

展示室には実物の化石のほか、全身を復元した恐竜などの骨格や復元した模型が多く並び、大変迫力があります。また大きな化石に手を触れることもでき、その迫力を肌で感じることができる仕組みになっています。化石の学習に役立つワークシートやパズルも設置されているので、古代の化石や生物について楽しく学ぶことのできる博物館です。

詳細情報

住所:勇払郡むかわ町穂別80番地6
電話番号:0145-45-3141
アクセス:道東道むかわ穂別ICより約20分
駐車場:有(40台)、無料.
営業時間:9:30~17:00 (最終入館16:30)
定休日:月曜日、祝日の翌日、年末年始
予算:観覧料 大人300円、小学生から高校生100円、小学生未満は無料

周辺のおすすめスポット情報

・穂別地球体験館

穂別地球体験館

今から46億年前の地球の環境をはじめ、現代まで地球上の様々な環境を体験できる施設です。熱帯雨林や海底などの地球各所の環境から、宇宙や地球の不思議まで網羅しており、熱帯雨林、太古の海、砂漠、マグマの海、氷河期、大気圏、海洋底、宇宙といった8つのゾーンに館内は区切られています。各ゾーンでは温度や湿度、音などで環境がリアルに再現されており、砂漠や氷河期などの温度差も体感できるようになっています。

穂別地球体験館のおすすめポイント

サイエンスガイド1名が必ず付き添ってくれ、約30分間の詳しい解説を聞きながら館内を回ることができます。地球誕生の歴史が学べるだけでなく、現代の地球環境についても考えを巡らせることのできる内容となっています。大きな模型やジオラマの中で肌で感じる体験ができるのが特徴ですが、温度差が激しく、砂利道や坂などもあるため、ベビーカーでの入館はできず、体調の優れない方や1歳未満の乳幼児は入館できません。

詳細情報

住所:勇払郡むかわ町穂別79-5
電話番号:0145-45-2341
アクセス:道央自動車道むかわ穂別ICより約20分
駐車場:有(80台)、無料
営業時間:9:30~16:30(3月中旬~11月30日)
定休日:毎週月曜日、祝日の翌日月曜日が祝日の場合、翌々日まで休館(冬季休館12月~3月上旬)
予算:大人1,000円、小~高校生500円、幼児無料

周辺のおすすめスポット情報

・穂別スキー場

樹海温泉はくあ

国道274号線の石勝樹海ロード沿いにある三角屋根の特徴的な外観の温泉です。泉質はカルシウム・ナトリウム・塩化物泉で、神経痛や筋肉痛などに効能があるとされます。大きな浴槽もありますが、森林に囲まれた環境のため露天風呂で原生林を眺めながらの入浴がおすすめです。館内には温泉施設のほか、むかわ町穂別の特産品の販売も行っています。ドライブ途中で立ち寄るのもいいですね。

樹海温泉はくあのおすすめポイント

樹海温泉はくあは、1億年以上前に恐竜が活躍していた時代の白亜紀の地層から噴出する「天然化石水」を使用した温泉水が特徴です。浴場は和風と洋風の2通りがあり、日によって男女入替制になっています。内風呂の他に原生林に囲まれ露天風呂も大きな魅力です。穂別キャンプ場から約2㎞のため、キャンプを楽しみに着た方々にも利用されている温泉施設です。

詳細情報

住所:勇払郡むかわ町穂別稲里417-1
電話番号:0145-45-2003
アクセス:札幌から車で80分
駐車場:有、無料
営業時間:4月~12月の11:30~19:00(7月15日~8月20日は10:00~20:00、12月は13:00~19:00)
定休日:毎週火曜日(7月15日から8月20日は無休)、定休日が祝・祭日の場合は、その翌日が定休日(1月から3月は休業)
予算:入浴料:中学生以上520円、小学生300円、幼児無料

周辺のおすすめスポット情報

・穂別キャンプ場

中村記念館

平成13年に、国の文化財登録された建物で、穂別村開拓の先駆者の元邸宅です。平屋建ての主屋を中核に鉄板葺や片入母屋造りが見られ、北海道の内陸部における大正期邸宅建築の様子を知るうえで貴重な建築物です。使用された材積は900石(約162立方メートル) 以上、建築作業人数は延べ1,050人とも言われています。大正10年から13年にかけて、現在のむかわ町穂別に建築され、現在まで築80年を経過した建物です。

中村記念館のおすすめポイント

北海道開拓当時の洋館住宅の形を保っており、大変骨太で手工芸に凝ってはいない直線的な建物になっています。また、内部外部ともに広葉樹を多用し、材料の吟味や良質の施工をうかがうことができる日本の伝統的な建物でもあります。1階洋室は「町民ギャラリー」として、町内の文化サークルなどの発表の場として無料開放し、活用されています。

詳細情報

住所:勇払郡むかわ町穂別80番地2他
電話番号:0145-45-3141
アクセス:札幌から車で約2時間
駐車場:有
営業時間:4月第3土曜日から8月31日までの9:30~16:30
定休日:月曜日と国民の祝日の翌日、7月から8月、毎日開館
予算:観覧料100円(高校生以下は無料)

周辺のおすすめスポット情報

・穂別博物館

道の駅 むかわ四季の館

天然温泉にホテル、道の駅が一緒になった施設で、トレーニング施設やプール、貸しホールに図書館など地元の方の集う場所としても機能しています。物産館「セゾンdeむかわ」では、むかわで獲れた新鮮なお野菜をはじめ、お土産に最適な四季の館オリジナル商品や加工品等の特産品などむかわ町のお土産品が豊富に揃っており、むかわ町の土産物はほとんどの物をこちらで購入できます。

むかわ四季の館のおすすめポイント

「四季の湯」にはサウナ、露天風呂があり、温浴施設の利用料金だけで温水プール・トレーニングルームも利用することが可能です。お食事処「たんぽぽ」では、新鮮な魚貝類を食することができ、季節限定メニューになりますが、特産の「ししゃも」料理も堪能できます。各種イベントが開催可能な大ホールに加え、インターネットも利用できる図書室もある総合施設です。

詳細情報

住所:勇払郡むかわ町美幸3丁目3-1(国道235号沿い)
電話番号:0145-42-4171
アクセス:JR日高線「鵡川駅」から徒歩10分
駐車場:有(200台)、無料
営業時間:8:00~21:00、物産館10:00~20:00、レストラン11:00~20:30(ラストオーダー 20:00)
定休日:不定
予算・カード使用の可否:中学生以上520円、小学生210円、幼児無料、クレジットカードは一部施設で利用可能

周辺のおすすめスポット情報

・たんぽぽ公園

むかわ町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメのまとめ

むかわ町は南北に細長い形をしており、町の東西は日高山脈に囲まれ、南部は太平洋に面している町です。加えて、全国でも屈指の清流度を誇る「鵡川」が南北に縦走しており、山に海に川といった多彩な自然環境に恵まれています。豊かな自然が育む美味しい食材が味わえるとともに、先人が築いてきた文化や歴史を感じることができるむかわ町を一度訪れてみませんか?

The following two tabs change content below.
アバター

zoomaru

北海道をこよなく愛する30代前半の女性で、男の子と女の子の育児中です。食べること大好き、旅行大好きで、子どもと一緒に道内を東西南北くまなく旅行し、道の駅は3つ以外制覇しました。毎週末どこかにお出かけしています。このほかに、飲食店や妊娠・出産に関する記事、またFPの資格を活かして貯金・節約に関する記事などを執筆中です。

関連記事

  1. 札幌市清田区のおすすめB級グルメ5選

  2. 標茶町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ5選!

  3. 大空町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ!

  4. 寿都町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

  5. 焼き物と小麦の街!江別市の観光スポット&グルメ7選

  6. 札幌開拓の歴史と文化を感じられる。札幌市北区のお寺5選。

最近のコメント