訓子府町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ4選!

訓子府町の観光スポットとおすすめグルメを紹介します。訓子府町は、「活力あふれる、エコ(eco)アグリ(agri/英語で農業を表すagricultureの略)タウン」をテーマに掲げている、道東・北見市に近いロケーションの町です。
山に囲まれた盆地という立地条件のため寒暖の差が激しい気候ながら、農業・酪農が発達しており、特に農業面においては、メロンの人気ブランドのひとつ「訓子府メロン」の産地としても知られています。

訓子府町 温泉保養センター

華やかさはないものの、建物は新しく、清潔感にあふれている「訓子府町 温泉保養センター」。
銭湯並みのお手頃価格で利用できることから、地元に住む方からの人気も高い温泉施設です。
露天風呂はありませんが、本格的サウナ施設や水風呂も備えられています。

訓子府町 温泉保養センターのおすすめポイント

こちらの温泉は、無色透明で純度が100%の天然温泉。
源泉かけ流しで湯温は「やや熱め」なので、寒い季節には特に嬉しいですね。
お風呂上りは、併設されている野外デッキや畳敷きの休憩室で、クールダウン!
浴場内にある「飲泉場」では、「温泉」が飲めるようになっているので、体の芯から温まりますよ。

詳細情報

住所:常呂郡訓子府町穂波69‐66
電話番号:0157-47-3380
アクセス方法:訓子府役場から徒歩約9分・車で約2分(約800メートル)
駐車場情報:あり(30台)
営業時間:10:00~22:00(※入浴利用は正午から閉館まで)
定休日:元旦および毎週月曜日(※月曜日が祝日の場合はその翌日)
予算:(入浴料)大人390円/子ども(満6歳以上満12歳未満・小学生)140円

周辺のおすすめスポット情報

・キラクテイ(レストラン)
・訓子府町役場 温水プールKAPPA(車で約2分)

訓子府町レクリエーション公園

平成8年(1996年)にオープンした「訓子府町 レクリエーション公園」。
春の花の季節には「エゾヤマザクラ」や、丘全体に美しいピンクのカーペットを敷き詰めかのように咲き誇る「芝ざくら」の名所としても知られている、町内外多くの人たちに愛されている公園です。

訓子府町レクリエーション公園のおすすめポイント

春は花の名所として知られているこちらの公園ですが、夏はバーベキューやピクニック、バッテリーカー遊び、冬はスキーも楽しめる公園です。
併設されている「ちびっこ広場」には子どもたちに大人気の「ザイルクライミング」や「ターザンロープ」などがあり、
「学習の森」と呼ばれている公園の散策路では、夏休みの自由研究テーマにもぴったりな「ノコギリクワガタ」などの採集やバードウォッチングも楽しめますよ。

詳細情報

住所:常呂郡訓子府町協成
電話番号:0157-47-2118(訓子府町役場 建設課)
アクセス方法:道道143号線沿い
駐車場情報:あり(70台)
営業時間:(平日)9:00~17:00(土日・祝日)開園時から8月までは9:00~17:00
9月は9:00~16:00・10月から閉園までは9:00~15:00
定休日:※例年11月~4月中旬までは閉園
予算:予算は利用施設により異なる(~200円程度)

周辺のおすすめスポット情報

・シティマートくんねっぷ(スーパーマーケット)まで車で約5分

ぷらっとカフェ駅茶屋

元「ふるさと銀河線」訓子府駅構内を利用した、その名の通り、「ぷらっと立ち寄りやすい」雰囲気が魅力の「ぷらっとカフェ 駅茶屋」。
こちらは、ふるさと銀河線が廃止されたあとも「訓子府駅」を気軽に懐かしんでもらいつつ利用してもらえるように、という思いから始まったカフェです。

ぷらっとカフェ駅茶屋のおすすめポイント

「ぷらっとカフェ駅茶屋」のポイントは、まずそのメニューの豊富さが挙げられます。
訓子府の「ご当地グルメ」である「くんねっぷたれカツ丼」を筆頭に、メニューは約300種類と非常にバラエティに富んでいます。
「インスタ映え」する、ボリューム満点の料理も沢山ありますよ。

詳細情報

住所:常呂郡訓子府町大町170 旧訓子府駅舎内
電話番号:0157-47-5161
アクセス方法:北見駅から車で約20分
駐車場情報:あり(大型バスも駐車可能)
営業時間:(月~土)11:00~15:00/17:00~20:00 (日曜・祝日)11:00~15:00
定休日:木曜日
予算:1,000円~1,500円

周辺のおすすめスポット情報

・福よし食堂

レストラン エルミタージュ 紀の里

訓子府町の穂波エリア、玉ねぎ倉庫や馬鈴薯(じゃがいもの品種名)倉庫が立ち並ぶ中にあるのが「レストラン エルミタージュ 紀の里」。
フランス語で「隠れ家」を意味する、エルミタージュ(Hermitage)を店名に持つこちらのレストランは、その名の通り、まさに「隠れ家的レストラン」として人気があります。

レストラン エルミタージュ 紀の里のおすすめポイント

「アルプスの少女ハイジ」にでも出てきそうな、雰囲気のあるロッジ風の外観が印象的。
元々は農家をされていたというシェフが作るハンバーグやパスタ、焼き加減が絶妙なステーキなどに定評があります。
中には食材の生産者が表示されているメニューもあり、元農家らしい心配りが随所にみられるレストランです!

詳細情報

住所:常呂郡訓子府町穂波212
電話番号:0157-47-2787
アクセス方法:JR北見駅から車で約20分
駐車場情報:あり
営業時間:11:00~14:30/17:00~21:00
定休日:月曜日
予算・カード使用の可否:(ランチタイム)1,000円~2,000円(ディナータイム) 2,000円~3,000円/カード使用不可

周辺のおすすめスポット情報

・キラクテイ(レストラン)  車で約4分(約2キロ)

訓子府町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメのまとめ

訓子府町では、訓子府ブランドで知られる「メロン」の他にも、「水稲」「小麦」「テンサイ」「ジャガイモ」「タマネギ」などが盛んに栽培されており、町の中心部のあちらこちらに、ジャガイモやタマネギの「貯蔵庫」が多く見られます。
そのような生産物が多いことから、スープやポタージュでもおなじみの味の素グループ「北海道クノール食品」が町内にオフィスを構えています。
鉄道は廃止されてしまったものの、とても趣のある「旧ふるさと銀河線 訓子府駅」の駅舎を再利用することで、名物カフェをオープンさせるなど地元の持つ魅力をうまく発信しているのが訓子府町の持つ魅力です。

The following two tabs change content below.
アバター

Y.Tachibana

札幌生まれ・札幌育ち・生粋の道産子です!ロコから見た道内の魅力をシェアしていきたいと思います。最近は、海外からのお客様が多くなってきていますが、日本の方にもぜひ北海道の魅力を知って、遊びにきていただきたいです!

関連記事

  1. 上士幌町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選

  2. 由仁町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ4選!

  3. 利尻富士町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選

  4. 名水で有名な京極町!おすすめのグルメスポット3選

  5. 中川町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

  6. 天塩町で巡りたい観光スポット4つとおすすめグルメ3選

最近のコメント