乙部町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ7選

乙部町は函館から車で1時間半の、江差町と八雲町に挟まれた道南の町です。町の海岸部の大半は檜山道立自然公園に指定されている自然豊かで景色の良い地域で、住宅などの建物も海岸部に集まっています。漁業と農業が盛んで、ゆり根や黒千石大豆、イチゴなどの農産物が町の特産品になっています。今回は、そんな乙部町のおすすめの観光スポットとグルメを7つご紹介します。

道の駅ルート229元和台

「ルート229元和台」は、函館から車で約2時間、札幌から3時間45分で国道229号沿いにある乙部町の道の駅です。海抜40mの高さに建てられ、道の駅の裏手にある広場からは日本海の素晴らしい景色を眺めることができます。すぐ隣には全国的に珍しい海のプール「元和台海浜公園」や、北海道の天然記念物でもある「鮪の岬」などがあります。

道の駅ルート229元和台のおすすめポイント

館内の特産物販売コーナーには、ミネラルウォーターや乙部町の特産であるするめ塩辛や甘えび塩辛などの水産加工品が売られています。また、乙部町の特産品である高級食材の「ゆり根」を餡に100%使用し、パリパリの皮で包んだ「ゆり最中」や、「百合根のパイ」もあります。さらに、同じく乙部町特産の黒千石大豆だけを使った餡で仕上げた「幻の黒千石もなか」など、お土産にぴったりな商品が販売されています。

詳細情報

住所:爾志郡乙部町字元和169(国道229号沿い)
電話番号:0139-62-3009
アクセス方法:JR北海道函館本線「函館駅」から車で約1時間30分
駐車場:あり
開館時間:8:30~18:00(4月~10月)、9:00~16:00(11月~3月)
休館日:年末年始(12月30日~1月3日)

周辺のおすすめスポット情報

・鮪(しび)の岬
・館の岬

元和台海浜公園

「元和台海浜公園」は、夏に多くの観光客で賑わう海辺の公園です。緑地広場と遊具施設、レストラン、展望台があります。また、敷地内にはバリアフリービーチとして、身体が不自由な方でも海水浴を楽しめるように整備された海のプールも用意されています。毎年夏には、「元和台マリンフェスティバル」が開催され、ビーチフラッグ大会やウニ・ツブ・ホタテの手づかみ体験など、楽しいイベントが行われています。

元和台海浜公園のおすすめポイント

元和台海浜公園の「海のプール」は、環境省の快水浴場百選に道内で唯一選ばれている施設です。施設自体が防波堤となっていて、波が荒い時でも安心して遊ぶことができます。また、身体が不自由な方も海水浴を楽しめるように、公園内にはスロープが設置されており、バリアフリートイレ・更衣室も完備しています。また、車いすの方でも砂浜で遊べるように、砂浜用の車いす「ジャリスター」や、直接海に入って浮くことができる「ビーチスター」も無料で借りることができます。

詳細情報

住所:爾志郡乙部町字元和
電話番号:0139-62-3459 元和台海浜公園管理棟(開設期間中)
アクセス方法:JR北海道函館本線「函館駅」から車で約1時間30分
駐車場:あり 550台 無料
営業時間:9:00~16:30
定休日:なし 荒天時または波が高い日は遊泳禁止
予算:入場料 小学生以上(1名) 100円 清掃協力金 入場 無料

おとべ温泉郷 光林荘

「おとべ温泉郷 光林荘」は、JR函館駅から車で1時間半、日本海を望むヤチダモの林の中に囲まれた景勝地「乙部温泉郷」にある、天然温泉100%源泉かけ流しが自慢の小さな温泉宿です。平成27年にリニューアルされました。外装、内装ともに地場産の木材(ヒバ、トドマツ、カラマツ、スギ、ナラ)をふんだんに使った、優しい木のぬくもりを感じられる空間が広がっています。

おとべ温泉郷光林荘のおすすめポイント

「おとべ温泉郷光林荘」のおすすめの1つは、乙部町や函館の新鮮な海の幸と山の幸をふんだんに使った料理です。2つめは温泉で、源泉かけ流しかつナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)の泉質は、リウマチ性疾患、慢性疾患、創傷、更年期障害、高血圧症などに効果があると言われています。また、露天風呂もあり、乙部の自然を眺めながらゆったりと湯につかることができます。また、光林荘では、縁桂散策や、いちご狩り、ホタテ磨き体験などの楽しい体験プログラムも申し込むことができます。

詳細情報

住所:爾志郡乙部町館浦527-2
電話番号:01396-2-3347
アクセス方法:JR函館本線函館駅から車で約90分。JR函館本線八雲駅から車で約100分。
駐車場:あり

おとべ温泉 いこいの湯

「おとべ温泉いこいの湯」は、乙部温泉郷にある町営の日帰り温泉施設です。館内のロビーや休憩所のギャラリー、大浴場には、地元出身の作家達による彫刻や風景画、写真をタイル模写した壁画などの芸術作品が飾られています。泉質は、ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉で、動脈硬化症・高血圧・慢性湿疹・リューマチ・創傷・婦人病などに効能があると言われています。

おとべ温泉いこいの湯のおすすめポイント

「おとべ温泉いこいの湯」は、館内がバリアフリーになっているので、高齢の方でも安心して入浴することができます。浴室は、一度に30人は入れるほど広いです。開放感がある浴槽と高温サウナの他、岩を配した庭園やヤチダモ林を眺められる露天風呂があり、ゆったりと源泉100%かけ流しの温泉を楽しむことができます。

詳細情報

住所:爾志郡乙部町字館浦527-2
電話番号:0139-62-3264
アクセス方法:JR北海道函館本線函館駅からから車で90分、道央自動車道八雲ICから国道277号・229号線を経由し、車で約1時間
駐車場:あり
営業時間:11:00~21:00
定休日:休館日:毎週月曜日
予算:入浴料 大人 400円 中人 200円 小人100円

しおトンコツラーメン嶋

「しおトンコツラーメン嶋」は、函館と小樽を結ぶ国道229号線、追分ソーランライン沿いにあり、乙部町役場の向かいに建つ人気のラーメン店です。道路に面している入り口は民家の玄関で、店の入り口は裏側にあります。カウンター5席、テーブル3席と店内はこじんまりとしていますが、昼時には満員に。メニューは「しおトンコツ」とサイドメニューの「柔らか煮豚丼」しかありません。

しおトンコツラーメン嶋のおすすめポイント

「しおトンコツラーメン嶋」の営業日は木曜日から日曜日だけで、毎週水曜日には1日かけてスープの仕込みをしています。豚1頭から4本しか取れない貴重な丸骨をじっくりと10時間煮込んだスープは、くさみがなく、クリーミーでまろやかなコクがあり、そのあまりの美味しさに飲みほしてしまうお客さんも多いそうです。自家製のチャーシューを、特製のタレに漬け込み、たっぷりのかつおぶし、ネギ、白ゴマとともにご飯にのせた「柔らか煮豚丼」も、是非食べてもらいたいおすすめの一品です。

詳細情報

住所:爾志郡乙部町字緑町370
電話番号:0139-62-2629
アクセス方法:函館から車で約1時間45分
駐車場:あり
営業時間:11:00~13:30
定休日:月曜日・火曜日・水曜日
予算:~1,000円

ゆり最中本舗 富貴堂

国道229号線沿いの「ゆり最中本舗 富貴堂」は、道の駅ルート229元和台の特産品販売コーナーでも人気の乙部町の名物「ゆり最中」を作っているお店です。「ゆり最中」は、乙部町の特産品ゆり根を2年間低温熟成させて作った餡が入った最中で、なめらかな舌触りと優しい風味が人気の商品です。その美味しさが認められ、平成6年の全国菓子博覧会で大賞を受賞しています。

ゆり最中富貴堂富貴堂のおすすめポイント

「ゆり最中本舗富貴堂」の店舗の青い看板には、白い文字で焼き立てパンと書かれています。その看板の通り、最中だけでなくパンやケーキなども作って販売しており、地元の人には特にパンが人気。予約は必要ですが「ゆり最中」と同じくゆり根100%の餡がぎっちり詰まった「ゆりアンパン」もおすすめです。

詳細情報

住所:爾志郡乙部町緑町30
電話番号:0139-62-2024
アクセス方法:「道の駅ルート229元和台」から車で約15分
駐車場:なし
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日
予算:~1,000円

レストラン元和台

「レストラン元和台」は、元和台海浜公園の岬の高台にあるレストランです。窓からは日本海の景色が広がり、天気の良い日には、遠くに奥尻島を見ることもできます。特に夕陽に赤く染まる空と海は絶景です。店内は65席と、広々かつゆったりとしており、眺めの良いオープンテラスもあります。

レストラン元和台のおすすめポイント

「レストラン元和台」のおすすめのメニューは、天ぷら、お刺身、小鉢、茶わん蒸しなどがついた豪華な元和台定食です。他にも新鮮な地元の魚介類を使った海鮮丼や、数量限定の生うにラーメンも人気。また、そばには乙部町産のそば粉が使われており、ここでしか食べることができません。

詳細情報

住所:爾志郡乙部町元和51
電話番号:0139-62-3128
アクセス方法:函館バス元和台停留所から徒歩約5分
駐車場:あり
営業時間:夏季 9:00~14:00 17:00~20:00、冬季 9:00~15:00
定休日:月曜日
予算:1,000円~2,000円

周辺のおすすめスポット情報

・元和台海浜公園

乙部町で巡りたい観光スポットと食べるべきグルメのまとめ

いかがでしたか?乙部町はウニやナマコなどの新鮮な海の幸はもちろん、ゆり根や黒千石大豆といった特徴ある農産物もあるなど、美味しいものがたくさん揃っている町です。夏には、海のプールが人気の元和台海浜公園に多くの人が訪れます。函館観光の際には、少し足を伸ばして乙部町にも行ってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
アバター

torakichi

北海道大好きな道産子ライター。北海道の観光と食の情報を発信しています。資格:北海道観光マスター、北海道フードマイスター、日本酒ナビゲーターなど、好きな食べ物:旭川ラーメン、焼鳥、お寿司、趣味:一人で呑み歩き

関連記事

  1. 美しい丘の町・美瑛町の観光スポットとおすすめグルメ5選

  2. 栗山町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ!

  3. 寿都町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

  4. 札幌市東区の地域イベント3選

  5. 更別村で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ4選

  6. 岩内町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

最近のコメント