源泉の町、今金町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ

今金町は札幌と函館のちょうど中間にある内陸の小さな町です。中心部を横切る230号線は、日本海と太平洋を結ぶ道路となっています。古代の遺跡も発見され、また少ないながらも地元の方々が大切にしている温泉の息づく街でもあります。地下に歴史と温かな温泉を携える今金町で、ぜひ巡っていただきたい観光スポットとグルメを紹介していきます。

ピリカ旧石器文化館

ピリカ遺跡は今からおよそ2万年前、旧石器時代の遺跡です。札幌ドーム4個分ほどの広さがあり、大量の石器と共に、石器を作った跡や、火を炊いた跡が発見されています。珍しい玉やきれいなやり先形尖頭器は、重要文化財に指定されており、遺跡自体も国の史跡に指定されています。「ピリカ旧石器文化館」では、重要文化財などの石器を展示しているだけでなく、石器作り体験などもできます。

ピリカ旧石器文化館のおすすめポイント

館内には、重要文化財などが展示された旧石器展示室に加え、大型スクリーンを用いた映像コーナーや石器づくりができる体験学習室があります。「古代人から生きる力を学ぶ」がテーマで、さまざまな体験学習プログラムがあり、費用は100円から300円程度です。ピリカ遺跡出土の装身具「石製小玉」にちなんだストラップづくりや、動物の皮を加工したとみられる石器にちなんだ革のキーホルダーづくりなどを体験できます。軟らかい石を材料に、紙ヤスリなどで磨いてつくる勾玉づくりは当日でも受付しています。

詳細情報

住所:瀬棚郡今金町字美利河228-1
電話:0137-83-2477
アクセス:長万部駅前よりバスで「上三本杉ゆき」に乗車、「美利河ダム前」で降り徒歩5分
駐車場:有
営業時間:9:30~16:30
定休日:毎週月曜日(祝日と重なる場合は開館)、祝日の翌日、12月1日から3月31日まで冬期休館
予算・カード使用の可否:入館料大人200円、小・中・高校生100円

周辺のおすすめスポット情報

・ピリカ湖

喫茶どんぐりの木

「喫茶どんぐりの木」は、営林署の宿舎を改造した郊外にある、ゆっくりとジャズを楽しめるジャズ・カフェです。店内は自慢の音響機材がずらりと並んでいるのが特徴で、全道からオーディオマニアが集まります。真空管がたくさん挿さっているアンプやスピーカーの名器に出会えるお店です。

喫茶どんぐりの木のおすすめポイント

玄関で靴を脱いで入る薪ストーブが魅力。美味しいコーヒーと共に、音楽を味わえるお店です。店主はSLの機関助手や新幹線の運転士として活躍された方で、退職後は生まれ故郷の今金町に戻ってきたとのこと。現在は、自然を題材とした写真を撮るカメラマンでもあります。営業は、土曜・日曜・祝日のみなのでご注意ください。

詳細情報

住所:瀬棚郡今金町字花石502
電話:0137-83-7071
アクセス:今金町市街地より車で約20分
駐車場:有(10台)
営業時間:11:00~夕方(土・日曜日のみ営業)
定休日:月~金曜日

周辺のおすすめスポット情報

・美利河温泉

美利河(ピリカ)温泉「クアプラザピリカ」

今金エリア唯一の温泉施設、「クアプラザピリカ」。美利河ダムの向いの山麓に建っています。浴場には、男女別の内湯のほか、ジャグジーやサウナ、水風呂などを備えた大浴場と、景色の良い露天風呂があります。湯冷めしにくいと評判の湯で、湯の色は黄褐色。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉です。

美利河温泉「クアプラザピリカ」のおすすめポイント

「クアプラザピリカ」には、宿泊施設、レストラン、スキー場、パークゴルフ場やテニスコートまで併設されており、夏のアクティビティはもちろん、冬もアクティブに遊べるスポットの一つとなっています。夏の宿泊には、テント一式を貸し出してくれるスペシャルプランもあるのがポイントです。冬でも夏でも、自然を満喫できる場所となっています。

詳細情報

住所:瀬棚郡今金町字美利河210番地の2
電話:0137-83-7111
アクセス:道央自動車道国縫ICから約12キロメートル
駐車場:有り(無料)
営業時間:日帰り入浴10:00~22:00(最終受付21:00)、月・火曜日は12:00~
定休日:冬季閉鎖
予算・カード使用の可否:日帰り入浴 中学生以上500円、小人200円、フェイスタオル200円、バスタオルレンタル100円など

周辺のおすすめスポット情報

・レストランRera

デ・モーレン

「デ・モーレン」は、町の中心部の旧国鉄今金駅の跡地にあるオランダ風車を模した建物です。「デ・モーレン」は、オランダ語で「風車」を意味します。町の花が、オランダをイメージさせるチューリップであることから、「オランダといえば風車」ということで、町のシンボルとして建設されたものです。風車風の建物の中は今金町観光協会と商工会の事務所になっており、観光案内所もあります。

デ・モーレンのおすすめポイント

「デ・モーレン」の敷地では、春にはチューリップが咲き乱れます。よくイベントが開催されていますが、特に11月最終日曜日から12月下旬まで実施されるイルミネーションは、風車を模した「デ・モーレン」が美しくライトアップされ、人気のイベントとなっています。

詳細情報

住所:瀬棚郡今金町字今金142-39
電話:0137-82-3561今金町観光協会
アクセス:「道の駅てっくいランド大成」から車で約1時間
駐車場:有(40台)、無料
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
予算・カード使用の可否:無料

周辺のおすすめスポット情報

・旧瀬棚線今金駅跡

あったからんど

「あったからんど」は、温泉ロマンにかけた地元の有志たちの、強い意志と地道な活動によって実現した温泉施設です。1995年にオープンして以来、地元の方々の憩いの湯として愛されています。泉質は全国的にも珍しい強塩泉で、高い塩分濃度をもつ透き通った湯が特徴です。大浴場にはジャグジーやサウナなどがそろっています。

あったからんどのおすすめポイント

「温泉のない年配の方々のために」という思いから、地元の有志の方々が源泉を掘り当てて作った温泉のため、全年代に優しい、バリアフリーな町営の日帰り入浴施設となっています。館内には地元の特産物の直売所と大きな休憩スペースがあり、併設されたホテルやレストランと渡り廊下で繋がっているのも特徴です。お湯は、殺菌効果や保温効果に優れており、皮膚病や筋肉痛にも効能があると言われています。

詳細情報

住所:瀬棚郡今金町字今金435-270
電話:0137-82-3711
アクセス:今金町役場から車で5分
駐車場:有(約50台)、無料
営業時間:月・火・木・金は10:00~22:00、土・日・祝は9:00~22:00、第1・3以外の水曜は13:00~22:00
定休日:第1・3水曜日
予算・カード使用の可否:入浴料 大人420円、小学生140円、幼児70円

周辺のおすすめスポット情報

・河川緑地運動公園

シゼントトモニイキルコト

「自然と共に生きること」をテーマに、有機農法を行っているグループです。目名川の中流にある「ソガイ農園」では、一本一本手作りで作られた高級トマトジュースを始め、季節の野菜を購入できます。「シゼントトモニイキルコト」では、農薬を一切使用せず、10年以上不耕起で農作物を作っています。

シゼントトモニイキルコトのおすすめポイント

東西を日本海と太平洋に挟まれている今金町。南北は山々に囲まれ、町内を流れる後志利別川は、何度も清流日本一に選ばれています。その川の支流のそばにあり、今金町の自然の恵みをたっぷりと享受しているシゼントトモニイキルコトでは、ブラックシリカ入りのタンクに水を通し、さらにクオリティの高い水に変化させてから畑や田んぼに注ぎ込むなど、野菜の自生する力を引き出す栽培方法を採用している農園です。そうしてできたトマトを使ったトマトジュースは絶品。現在は約30種のミニトマト栽培と稲作を行っています。

詳細情報

住所:瀬棚郡今金町字神丘1033
電話:090-8276-9140
アクセス:今金町市街地より車で10分
駐車場:敷地内を利用
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休

周辺のおすすめスポット情報

・旧瀬棚線今金駅跡

今金町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメのまとめ

美利河ダムからさらに山の奥へと進むと、奥美利河温泉という秘境とも呼べるスポットも存在します。しかしながら、奥美利河温泉が堪能できる「山の家」は、老朽化のため現在長期休業中です。とはいえ、「美利河温泉」、「あったからんど」が示すように、今金町は豊富な源泉のある町であることは確かです。温かい湯の巡る今金町をぜひ堪能してみてくださいね!

The following two tabs change content below.
アバター

藤沢文太

10年フリーライターをやっています。北海道各地のさまざまな観光スポットやグルメを紹介していきますので、よろしくお願いします。

関連記事

  1. 札幌の奥座敷「定山渓」で過ごす時間。札幌市南区のホテル・宿泊施設7選!

  2. たまには贅沢して!札幌市中央区のおすすめランチ(2,000円以上)のお店7選

  3. 色鮮やかな可愛らしいスイーツが並ぶお店!札幌市西区のおすすめスイーツ店7選

  4. 雄武町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

  5. 石狩市の絶対見るべき観光スポット&グルメ7選!

  6. 札幌市豊平区のおすすめB級グルメ5選

最近のコメント