絶対おさえておきたい!小樽市の観光スポット&グルメ8選

小樽市の観光スポットやグルメは、札幌から車や電車で1時間弱で行くことができ交通アクセスも便利です。小樽市は貿易、金融街として栄え、歴史的建造物で彩られたノスタルジックな街並みや小樽の貿易発展を支えた小樽運河、グルメは海鮮や全国的に有名なスイーツの本店や北海道限定のお店など観光スポット盛沢山!そこから選りすぐりのスポット&グルメを8つご紹介します。

小樽運河

撮影スポットとして人気の小樽運河。運河を背景に撮影すればフォトジェニックな写真が撮れること間違いありません。運河沿いに並ぶレンガ造りの倉庫が情緒あふれた雰囲気を漂わせています。また夜は運河沿いに並ぶ63のガス燈が灯され、さらに美しくロマンチックな風景を堪能できます。

小樽運河のおすすめスポット

運河沿いの散策路は石畳が敷き詰められ、ゆっくり歩きながら小樽の街並みを堪能できます。また、カフェやレストラン、お土産屋、観光案内所などが入ったレトロな倉庫群を見て回るのも旅の醍醐味の一つ。小樽運河を船で巡る運河クルーズもおすすめです。

詳細情報

住所:小樽市港町
電話番号:0134-32-4111(小樽市産業港湾部観光振興室)
アクセス方法:JR函館本線「小樽」駅より徒歩8分
駐車場情報:無(周辺有料駐車場有)
営業時間:24時間

周辺のおすすめスポット

・小樽市観光物産プラザ
・小樽ビール醸造所小樽倉庫NO.1

堺町通り

堺町通りは、運河沿いの通りから1本中に入った通りです。歴史情緒溢れる洋館や旧商家を改築した様々な店舗が立ち並び、多くの観光客が訪れ活気づいています。ルタオ本店、北一硝子、寿司店など人気店が集中している通りでもあります。

堺町通りのおすすめポイント

通称メルヘン交差点と呼ばれる堺町交差点には、ランドマーク的存在の常夜灯が建っています。交差点に隣接する小樽オルゴール堂の蒸気時計は、人気の撮影スポットです。堺町通りでは、北海道スイーツの食べ歩きも楽しめます。

詳細情報

住所:小樽市堺町
電話番号:0134-27-1133(小樽堺町通り商店街振興組合)
アクセス方法:JR函館本線「小樽」駅より商店街(小樽運河ターミナル)まで徒歩11分
駐車場情報:無(周辺有料駐車場有)
営業時間:店舗・施設により異なる

周辺のおすすめスポット

・ルタオ本店
・小樽オルゴール堂本館

日本銀行旧小樽支店「金融資料館」

日本銀行旧小樽支店「金融資料館」は、小樽市の有形文化財に指定されています。ルネッサンス様式を取り入れた築100年超の重厚な建物内では、「北のウォール街」と呼ばれた小樽金融発展の歴史等が紹介されています。

日本銀行旧小樽支店「金融資料館」のおすすめポイント

過去のお札の展示や、再現された金庫の内部の見学、1億円の重さの体験など、日本銀行ならではの内容を見学できます。開館日14時、15時に開催される30分間のガイドツアーも人気。夜はライトアップされ幻想的です。

詳細情報

住所:小樽市色内1丁目11-16
電話番号:0134-21-1111
アクセス方法:JR函館本線「小樽」駅より徒歩10分
駐車場情報:無
営業時間:4~11月 9:30~17:00 、12~3月 10:00~17:00
定休日:水曜日(水曜休日の際は開館) 、年末年始(12/29~1/5)
予算:無料

周辺のおすすめスポット

・旧三井物産小樽支店
・旧北海道銀行本店

北一硝子3号館

北一硝子は、堺町通りにカフェ、ショップ、ガラス体験工房、ヴェネツィア美術館と数店舗展開しており、3号館は明治時代の倉庫を再利用しています。館内の喫茶・北一ホールは、167個の石油ランプが灯され美しくムード満点。ソフトクリームや食事メニューも楽しめます。

北一硝子3号館のおすすめポイント

3号館には、手作りのガラス製品を販売するショップや、地酒や地元ワインが楽しめるカフェバーもあります。北一ホールで朝8:45から行われるランプの点灯作業は、一つ一つランプが灯される神秘的な様子を見ることができます。

詳細情報

住所:小樽市堺町7-26
電話番号:0134-33-1993
アクセス方法:JR函館本線「南小樽」駅より徒歩10分
駐車場情報:有(特約駐車場・2000円以上購入で2時間無料)
営業時間:8:45~18:00
定休日:年中無休
予算:1,000円
カード:可

周辺のおすすめスポット

・六花亭 小樽運河店
・北菓楼 小樽本館

天狗山ロープウェイ

天狗山ロープウェイは、天狗山の山麓から山頂までを所要時間4分(12分間隔)で運行しています。山頂展望台はミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの一つ星に選ばれ、夜は北海道三大夜景と言われる小樽の煌びやかな夜景を眺望できます。

天狗山ロープウェイのおすすめポイント

山頂展望台からは、日中は小樽市街や小樽湾、石狩湾、天候の良い日は積丹半島や日本海まで一望できます。山頂付近には鼻をなでると願いが叶うと言われの「鼻なで天狗さん」や天狗神社、展望レストランもあります。

詳細情報

住所:小樽市最上2丁目16-15
電話番号0134-33-7381
アクセス方法:JR函館本線「小樽」駅よりバス17分、車で小樽ICから15分
駐車場情報:有150台
営業時間:上り9:24~20:48、下り9:24~21:00(4/15~6/30、9/1~11/5)
上り9:00~20:48、下り9:00~21:00(7/1~8/31)
冬季営業時間は要確認
定休日:整備運休期間あり(4月、11月)
予算: 大人往復1,140円、小人往復570円
カード:可

周辺のおすすめスポット

・小樽天狗山スキー場
・ザ・グラススタジオ イン 小樽

ルタオ(LeTAO)本店

ここからは小樽グルメをご紹介します。ルタオ本店は、お取り寄せグルメとして一躍有名となったドゥーブルフロマージュを販売するルタオの創業の地。メルヘン交差点そばに建つ大きな塔が目印です。1階では生ケーキを始め、様々なルタオの製品が販売され、2階はカフェとして営業しています。

ルタオ(LeTAO)本店のおすすめポイント

2階カフェでは、本店限定の生ドゥーブルフロマージュと生ベネチア・ランデブーのデザートプレートがおすすめ。月1回開催される人気のケーキバイキングは予約必須です。堺町通りには、姉妹店4店舗もあります。

詳細情報

住所:小樽市堺町7-16
電話番号:0120-46-8825(フリーダイヤル)
アクセス方法:JR函館本線「南小樽」駅より徒歩5分
駐車場情報:有(ルタオ特約駐車場、2,100円以上購入で1時間無料)
営業時間:9:00~18:00(季節により変更あり)
定休日:無
予算:1,000円
カード:可

周辺のおすすめスポット

・メルヘン交差点、小樽オルゴール堂本館

かま栄 工場直売店

かま栄 工場直売店は、小樽で創業100年以上北海道民に愛される老舗かまぼこ店です。こちらでは、出来立ての揚げかまぼこや板かまぼこ、真空パックされたお土産の販売、カフェコーナー「かま栄カフェ」も併設されています。

かま栄 工場直売店のおすすめポイント

かま栄カフェの人気商品パンロール。ひき肉やすり身を薄いパンで包んで揚げたもので、かまぼこをスナック感覚で味わえます。店舗限定のため、立ち寄ったらぜひご賞味ください。こちらでは工場見学も自由にでき、ガラス越しに製造過程を見ることが可能です。

詳細情報

住所:小樽市堺町3-7
電話番号:0134-25-5802
アクセス方法:JR函館本線「小樽」駅より徒歩15分
駐車場情報:有(購入すると1時間無料)
営業時間:9:00~19:00
定休日:1/1
予算:200円~
カード:可

周辺のおすすめスポット

・北一ヴェネツィア美術館、小樽硝子の灯・彩や

おたる政寿司 本店

おたる政寿司本店は、寿司店が並ぶ小樽寿司通りにあり、新鮮なお寿司が頂けると評判のお店です。東京銀座・新宿にも店舗がある人気店でもあります。職人が市場で直接確かめて仕入れたネタは鮮度抜群。創業70年以上の技とおもてなしで至福のひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

おたる政寿司本店のおすすめポイント

1~4階ある店内は、目の前で職人の技に舌鼓を打てる30席のカウンター、テーブル席、ゆったりくつろげる個室や団体向けのホールまであります。メニューは単品、コース、セットメニューなど豊富に揃っています。

詳細情報

住所:小樽市花園1丁目1-1(寿司屋通り)
電話番号:0134-23-0011
アクセス方法:JR函館本線「小樽」駅より徒歩10分
駐車場情報:有(本店6台、タクトパーキング250台、2,000円以上で1時間無料)
営業時間:11:00~15:00(土日祝は16:00)、17:00~21:30
定休日:水曜日、1/1
予算:3,500円~
カード:可

周辺のおすすめスポット

新倉家
小樽寿司通り

小樽市の観光スポットやグルメまとめ

小樽市は、たくさんの観光スポットが目白押しです。小樽運河沿いを散策するもよし、ロープウェイで宝石のような小樽の夜景を楽しむもよし、堺町通りで食べ歩きに興じたり、歴史的建造物を回ってみたり、海鮮に舌鼓を打つこともできます。おたる水族館や海鮮丼のお店など、ご紹介しきれないスポットも数多くあります。ぜひ小樽でお気に入りスポットを探してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
アバター

れいれい

大阪より転勤し北海道在住4年。まだまだ観光気分が抜けず、連休の度に道内各地を旅行しています。道民の知り合いからは、道民より北海道に詳しいと言わること多々。2歳になる子供がおり、ママ視点で見た子連れスポットも紹介していきたいです。

関連記事

  1. 新十津川町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

  2. 安平町で絶対巡りたい観光スポットとグルメスポット5選!

  3. 厚真町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ5選!

  4. 南幌町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ3選

  5. 神秘の湖のまち・津別町の巡りたい観光とおすすめグルメ

  6. 利尻富士町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選

最近のコメント