歌志内市で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ5選

歌志内市は日本全国で最も人口の少ない「市」で、石炭産業の盛んだったピークの人口46,000人に対し、今は3,400人と大変減ってしまいました。今回はそんな山あいにある小さな都市、歌志内市の「ほっ」とくつろげるスポットを5つご紹介していきます。

チロルの湯

チロルの湯は道の駅「チロルの湯」に隣接したスイスのチロル地方を彷彿とさせる景観の温泉施設です。炭鉱の採掘抗から毎日湧き出る650トンもの天然温泉を、加温して提供されています。日々の疲れを癒やしてくれると市民に馴染みの温泉です。

チロルの湯のおすすめポイント

露天風呂の他、内風呂は寝湯、打たせ湯、壺湯、バブル湯、サウナ、ブラックシリカ休憩所と様々なお風呂が用意されています。ナトリウム炭酸水素塩泉のお湯は少しぬるぬるとした感触で体を包み、湯冷めしないと評判です。

日帰り入浴はもちろん、宿泊も可能で、和室と洋室ツインルームの2タイプあり部屋は広め。掛け布団が羽毛布団なので疲れた体にも優しく、ゆっくり、ゆったりとくつろぐことができます。温泉の隣にはスポーツ施設が隣接されていて、全天候型の室内多目的施設では、野球・テニス・グランドゴルフが楽しめます。人口芝生設備で快適にスポーツができることから合宿にも利用されています。スポーツで汗をかいた後の温泉は格別でしょうね。

詳細情報

住所:歌志内市中村78-3
電話番号:0125-42-5588
アクセス情報:旭川ICより滝川IC下車 車で40分
駐車場情報:有り
営業時間:6:00~8:00 10:00~21:00
定休日:6月と11月に設備点検日有り その他無休
予算・カード可否:日帰り入浴 大人500円 小人300円 宿泊はプランによる カードOK

周辺のおすすめスポット情報

・道の駅チロルの湯
・かもい岳温泉

道の駅チロルの湯

道の駅チロルの湯は、温泉宿泊施設「チロルの湯」に隣接しています。一部、屋根の付いた駐車スペースは、障害のある方でも乗り降りがしやすいよう、トイレまでの道もロードヒーティング仕様になっており、優しい配慮が行き届いています。

道の駅チロルの湯のおすすめポイント

なんといってもおすすめは漬物処チロルの「はつみちゃんの漬物」です。新漬けの漬物は、地元のおばあちゃん達が厳選した素材を使って丹精込めて付け込んだおいしさでいっぱい。常時30種類以上の漬物は、新漬け、古漬け、樽仕込み、詰合せと並んでいます。ほとんどの商品に試食があり、吟味してから買うことができるので自分のお気に入りの味を見つけることができますね。

中でもイチオシは食べきりサイズ。あれもこれもいろいろ食べたい、試したいという要望に、350円からの小さなサイズでもこのほど新発売となりました。また、毎年10月から予約がスタートする「樽仕込み漬物」も大人気。味噌漬け・かぼちゃ漬け・べったら漬け・しょうゆ漬け・玄米漬けとセレクトしたら12月には自宅へ届きます。食べたい時に樽から出して新鮮なまま味わうことができると、ファンが多いお漬物です。

詳細情報

住所:歌志内市字中村72-2
電話番号:0125-42-5566
アクセス情報:旭川ICより滝川IC下車 車で40分
駐車場情報:有り
営業時間:4月~10月 9:00~18:00 11月~3月 9:00~4:00
定休日:毎週月曜日 祝日の場合はその翌日 年末年始(12月30日~1月5日)
予算・カード可否:~300円 カード不可

周辺のおすすめスポット情報

・チロルの湯
・郷土館 ゆめつむぎ

郷土館 ゆめつむぎ

郷土館ゆめつむぎは、歌志内の歴史を紹介する郷土資料館。ノスタルジックな昭和の元気な歌志内がそこにあります。ハイビジョンでの映像、当時使われていたものの展示をゆっくり堪能できます。

郷土館 ゆめつむぎのおすすめポイント

昭和30年~40年代生まれの方が子供時代に見ていた風景がそこにある……そんな館内は、歌志内市が炭鉱で栄えていた当時の様子が広がっています。電化製品・おもちゃ・模型・自転車・カメラ……と、「あぁ、懐かしい。うちにもあった。これで遊んだ!」と思わず声が出てしまうものばかり。

きれいに保存され、美しく整然でありながらも、所狭しとケースに並べられたものは、どれにも説明が添えてあり、親子で見ても楽しめることでしょう。また地下に降りると炭鉱体験が待っています。エレベーターを炭鉱へ降りる竪坑(たてこう)に見立てて、降りるとそこは炭鉱作業で使われていた機材でいっぱい。また、国内でも類を見ない炭鉱体験コーナーがあり、実際に炭鉱へ入る疑似体験もできるのです。

詳細情報

住所:歌志内市字本町1027-1
電話番号:0125-43-2131
アクセス情報:旭川ICより滝川IC下車 車で40分
駐車場情報:有り
営業時間:9:00~17:00
定休日:毎週火曜日 11月~3月までは月~木曜日定休 祝日の翌日 年末年始
予算:高校生以上200円 中学生以下100円 幼稚園以下無料

周辺のおすすめスポット情報

・かもい岳
・チロルの湯

かもい岳温泉

かもい岳温泉は、かもい岳スキー場のふもとにある、とんがり帽子のような外観がかわいらしいスイス風の温泉ホテルです。冬はスキーに、夏は登山に、秋は雲海を見に、観光客のみならず地元民にも愛される温泉です。

かもい岳温泉のおすすめポイント

春と夏はお花がいっぱい植えられた美しい景観が出迎えてくれるかもい岳温泉。解放感いっぱいの清潔な大浴場、広々とした客室でゆっくりとくつろぐことができます。一番のおすすめは、すべて手作りの朝食バイキング。地元素材を使った、心のこもったおふくろの味でいっぱいです。おばんざいのようなたくさんのお料理にご飯も進みますね。

また雲海をのぞむこともできるため、館内には雲海の様子を知らせるカメラが設置されています。雲海が写った時は頂上まで車で向かいましょう。素晴らしい景色にいつまでも見ていたい気持ちになること間違いなし。雲海を見逃すことなく、タイミングがわかるのがうれしいですね。千歳空港からほど近く、旭川へも車で1時間。雲海スポットと温泉、徒歩1分の場所にあるスキー場と、かもい岳温泉は季節を問わず楽しめる、知る人ぞ知る穴場温泉なのです。

詳細情報

住所:歌志内市歌神95番地10
電話番号:0125-42-2717
アクセス情報:砂川駅から車で20分
駐車場情報:有り(無料)
営業時間:日帰り入浴 6:00~22:00 宿泊チェックイン15:00 チェックアウト11:00
定休日:なし
予算・カード可否:日帰り入浴 大人500円  宿泊はプランによる カード使用可

周辺のおすすめスポット情報

・かもい岳スキー場
・チロルの湯

悲別ロマン座

悲別ロマン座は、1984年に脚本家倉本聡に作られたテレビドラマ「昨日、悲別で」の撮影に使われた、架空の映画館です。炭鉱が盛んな時代には歌謡ショーなどが開催されていましたが、今は夏だけの営業となっています。

悲別ロマン座のおすすめポイント

カフェとして夏だけ営業をしている悲別ロマン座ですが、当時のドラマを見ていたファンが今でも訪れるロケ地です。気さくなマスターが営む「カフェ ロマン座」のロマン座カレーが好評。目玉焼きが乗ったカレーをいただきながら、ドラマの主題歌だった曲「22歳の別れ」のレコードを流してくれるという粋なサービスをしてくれることもあるとか。マスターが楽しいトークをしながらやさしく迎えてくれます。

店内には倉本聡氏の書や、撮影シーンの写真も飾られ、まさに倉本聡ワールド。お土産品も販売しています。悲別ロマン座のカフェロマン座は、まさに懐かしいロマンの時間がゆっくり流れる、大切な場所なのです。

詳細情報

住所:歌志内市字上歌1-5
電話番号:090-5408-3952
アクセス方法:砂川駅から車で30分
駐車場情報:有り
営業時間:5月~10月 10:00~17:00
定休日:月・火曜日(サイト内カレンダーにて要確認)
予算:~999円

周辺のおすすめスポット情報

・かもい岳温泉
・チロルの湯

歌志内市の観光スポットとおすすめグルメのまとめ

人口わずか4,000人弱の日本一小さな「市」、歌志内市。山間のこの町には、温泉を初めとした地元民が大切に守るスポットがありました。山間にあるからこそ生きるスイス風な景観は、季節を問わず思わず見とれることでしょう。炭鉱の町として栄えた面影を感じながら、温かく広い温泉、おいしいお漬物、素晴らしい雲海、テレビドラマのロケ地と、訪問して実際に目にしたい、自分の舌で味わいたいものがありました。道内都心部からもほど近い歌志内市へ足を運び、時代の流れを体感してみませんか。

The following two tabs change content below.
アバター

西川結衣

産まれも育ちも北海道の道産子ママです。子育ての傍ら、専業ライターとして執筆活動を行っています。北海道の素晴らしい魅力をみなさんにお届けできるよう日々努めています。

関連記事

  1. 共和町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

  2. 名水で有名な京極町!おすすめのグルメスポット3選

  3. 道北・名寄市のおすすめご当地グルメスポット3選!

  4. 海辺の絶景も!留萌市観光で巡りたいスポット5選

  5. 浜頓別町で巡りたいスポットとおすすめグルメ3選!

  6. むかわ町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ5選!

最近のコメント