ニセコ町で巡りたい観光スポット5つとおすすめグルメ3選

ニセコ町は、北海道を代表する外国人に人気の観光地として有名です。ニセコ町は道央の虻田郡に属し、人口約5,000人のうち0.4%に当たる約200人の外国人が居住しています。また、冬場にはオーストラリアなど季節が夏となっている南半球の国々から、雪やウィンタースポーツを求めて観光客が数多く訪れます。小さな町ですが多くの観光スポットを有し、たくさんのレジャーが楽しめます。そんなニセコ町で、ここだけは行っておきたい観光スポットとおすすめグルメをご紹介したいと思います。

ニセコアンヌプリ国際スキー場

夏は登山、冬はスキー場として多くの方が足を運ぶニセコを代表するレジャースポットです。JRニセコ駅から車で約10分の場所にあり、ゴンドラはスキーだけではなく、登山でも利用することができます。ゴンドラからは、羊蹄山の美しい景色を見ることができます。熱気球体験、バンジートランポリンといったアトラクションも楽しむことができます。

ニセコアンヌプリ国際スキー場のおすすめポイント

冬のスキーに行くのが最もおすすめです。コースは複数あり、初心者から上級者まで楽しむことができます。スキー場としての規模は北海道で一番、大人から子供まで楽しめるスキー&リゾート施設です。夏にはスターウォッチングとして夜にゴンドラに乗り、星座観察を楽しめるツアーも行っています。

詳細情報

住所:虻田郡ニセコ町ニセコ485
電話番号:0136-58-2080
アクセス方法:札幌からR230(中山峠)経由で約2時間・約110キロ

周辺のおすすめスポット情報

・ペンションコットンファーム
・ニセコ・アンヌプリユースホテル

道の駅「ニセコビュープラザ」

国道5号線沿い、道道66号線との交差点付近にある道の駅です。ニセコ観光の拠点となる道の駅で、多くの観光客が立ち寄りいつも混みあっています。特産品、お土産を置いている売店や地元の野菜が格安で買える直売所、軽食が食べられるフードコーナーが設けられています。

道の駅「ニセコビュープラザ」のおすすめポイント

建物は3棟に分かれており、情報プラザ、トイレ、フリースペースがあります。情報プラザはインフォメーションになっており、ニセコ町について詳しく調べることができます。フリースペースの売店ではジャガイモを使ったコロッケやソフトクリームが人気となっています。

詳細情報

住所:虻田郡ニセコ町字元町77-10
電話番号:0136-43-2051
アクセス方法:ニセコ町役場から約5キロ
開館時間:9:00~18:00
休館日:年中無休

周辺のおすすめスポット情報

・ファーマーズダイニングウレシパ
・そば処おおはし

北海道ライオンアドベンチャー

ラフティング、ダッキーを楽しむことができるツアーが人気です。急流を滑りながら下るダッキーはスリル満点。インストラクターがついて指導してくれるので危険はありません。ラフティングは小学生から参加OK。ニセコに行くならぜひ体験したいレジャーのひとつです。

北海道ライオンアドベンチャーのおすすめポイント

あまり激しいのは無理という方には、ゴムボートでゆっくり川を下る清流下りも行っています。お年寄りの方、ペットも一緒に乗ることができます。他にもニセコの自然を、ガイドと探索するトレッキングツアー、サイクリングツアーも行っており、一日中楽しむことができるスポットです。

詳細情報

住所:虻田郡ニセコ町中央通60-4
電話番号:0136-43-2882

周辺のおすすめスポット情報

・ヌプリ
・ニセコクラブ

ニセコ名水甘露水

甘露水と名前が知られている、北海道有数の名水が湧き出る場所です。ニセコグランドホテルの目の前にありますが、他の湧き水の名所に比べぽつんと存在しています。初めて行く方は見過ごしてしまうほど小さな湧き水スポットです。

ニセコ名水甘露水のおすすめポイント

無料で自然から湧き出た美味しい軟水を汲むことができます。とてもなめらかな水なので飲料としてはもちろん、美容効果もあると言われています。口に含んだ時の甘さから甘露水という名前がつけられました。近くまで行くことがあったらぜひペットボトルを用意しておくことをおすすめします。

詳細情報

住所:虻田郡ニセコ町ニセコ413
アクセス方法:ニセコグランドホテルからすぐ側

周辺のおすすめスポット情報

・ニセコさかもと公園
・ニセコグランドホテル

有島記念館

ニセコの地にゆかりのある作家、有島武郎の記念館です。文学やアートが飾られている特別展示室、レンガ調の壁にニセコ町の写真等を見学することができる小ギャラリー、くつろげるアートホールや書籍やニセコの工芸品を展示したミュージアムショップも設けられています。

有島記念館のおすすめポイント

羊蹄山、後志岳など山々を望める展望台があり、そこからの景色は絶景です。ニセコの歴史に触れたい方、インドア派の方には書籍を読める「リーディングコーナー」がおすすめ。雄大な景色を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。体を使ったレジャーの後に立ち寄ると、また違ったニセコの一面を感じることができます。

詳細情報

住所:虻田郡ニセコ町字有島57番地
電話番号:0136-44-3245
アクセス方法:ニセコ駅より徒歩約30分(約2.5キロ)
駐車場:有
開館時間:9:00~17:00(入館は午後 4:30まで)
休館日:
毎週月曜日及び年末年始
※ただし5月から9月は無休 (月曜日が、祝祭日及びその振替休日の時はその翌日)
入館料:
大人500円(団体10名以上:400円)
高校生:100円 ※中学生以下および65歳以上のニセコ町民は無料
年間パスポート(発行日より一年間有効):大人:800円 高校生200円

周辺のおすすめスポット情報

・SEED BAGEL&COFFEE COMPANY

野菜カフェ&トールペイント工房 メープル

ニセコの市街地から、道道66号線を「アンヌプリ国際スキー場」に向かう途中にあるログハウス風のおしゃれなお店です。自家菜園で作っている、無農薬野菜を使ったメニューが自慢のお店で、野菜たっぷりのメニューが食べられるカフェです。カフェの他にも、様々な素材に絵を描くことができる、トールペイントの体験教室も行っています。

野菜カフェ&トールペイント工房 メープルのおすすめポイント

夏季のみ数量限定の「ベジタブルプレートセット」は、自家製パンと胚芽米ごはんを選ぶことができ、野菜たっぷりの料理が味わえるプレートメニューになっています。野菜カレー、野菜スープ、チリビーンズも人気のメニュー。メープルを使ったスイーツメニューも好評です。

詳細情報

住所:虻田郡ニセコ町曽我476-20
電話番号:0136-44-3820
アクセス方法:ニセコ市街から66号線をアンヌプリ国際スキー場方面へ車で5分ほどの右手に。
駐車場:有
営業時間:11:30~17:00
定休日:木・金曜日
予算・カード使用の可否:999円~1,999円 カード不可

周辺のおすすめスポット情報

・ニセコジンギスカン

お食事処 じいじ

ニセコ町本町、真四角の黒く縁どられた外壁と、ナチュラルな木の壁がミスマッチでありながら独特の存在感を放っている食事屋です。店名からは想像できないおしゃれできれいな店内では、リーズナブルで美味しい食事をいただくことができます。

お食事処 じいじのおすすめポイント

750円で提供されている日替わりランチがおすすめメニュー。お腹いっぱい満足できる食事ができます。ジャガイモ生地のピザも名物メニュー。一度は食べてみたい一品です。メンチカツ、ビーフシチュー、ハヤシライスも美味しいと評判になっています。

詳細情報

住所:虻田郡ニセコ町本通92-1
電話番号:0136-44-2822
アクセス方法:ニセコ市街地内
駐車場:有
営業時間:
ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:30~20:00(L.O.19:30)
定休日:月曜日
予算・カード使用の可否:999円~1,999円 カード不可

周辺のおすすめスポット情報

・ニセコくしや
・次郎長

高橋牧場 ニセコミルク工房

ニセコビレッジから、山道を車で15分ほど走った場所にある牧場内にある工房です。敷地の中にはレストラン、スイーツ販売店、雑貨屋もあり観光名所の一つとなっています。

高橋牧場 ニセコミルク工房のおすすめポイント

牧場で搾られた乳製品を使ったスイーツが人気です。プリン、チーズケーキ、カステラなどたくさんのスイーツがありますが、その中でもアイスクリームが一番人気。濃厚なミルクと季節の果実を使ったアイスクリームをぜひ一度味わってみてください。

詳細情報

住所:虻田郡ニセコ町曽我888-1
電話番号:0136-44-3734
アクセス方法:ニセコ町内から点滅信号の交差点がありニセコビレッジ方面へ右折し400メートル。
駐車場:有
営業時間:9:30~18:00

周辺のおすすめスポット情報

・マンドリアーノ
・カフェエスト

ニセコ町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメのまとめ

ニセコ町は多くの観光スポットがあり、全てをここで紹介することはできません。ですが、ニセコ町の魅力を、フルに感じることができるスポットを、定番から穴場まで厳選してご紹介させていただきました。子供から大人まで遊べる場所が盛りだくさん。自然とレジャーを満喫しに、ニセコ町に足を運んでみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
アバター

西川結衣

産まれも育ちも北海道の道産子ママです。子育ての傍ら、専業ライターとして執筆活動を行っています。北海道の素晴らしい魅力をみなさんにお届けできるよう日々努めています。

関連記事

  1. 雄武町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

  2. 八雲町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ5選

  3. 滝上町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選

  4. 江別市の体験アクティビティ4選

  5. 美しい丘の町・美瑛町の観光スポットとおすすめグルメ5選

  6. 幌加内町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ7選!

最近のコメント