えりも町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ3選!

えりも町の観光スポットは北海道の自然を感じられる場所です。「突き出た頭」の意を持つアイヌ語の「エンルム」がもとになったこの町は、北海道の東南端にあります。特にコンブ漁が盛んで、古くは松前藩の藩士が昆布の漁場として商いを行っていました。広大な自然に囲まれていて、強い風が吹くことも有名なため「風極の地」とも呼ばれる風光明媚な場所です。自然豊かなえりも町の観光スポットとおすすめグルメ3つをご紹介します。

豊似湖

豊似湖はえりも町の国定公園内にあるハートの形をした湖です。その形から「ハートレイク」や「馬蹄湖」と呼ばれ、近年のSNSブームにより注目を集めています。周りは原生林に囲まれていてとても静かで、氷河期の生き残りと言われている希少なエゾナキウサギが湖の周りに生息しています。交通手段は車だけで、その後深い森を歩いて行くという正に秘境と呼べる場所です。

豊似湖のおすすめポイント

静かな原生林の中を歩き、神秘的な雰囲気がある絶景の湖を見ることができます。期間が限られてはいますが、毎年遊覧飛行を行っているので晴れていればハート型の湖をはっきり上空から見ることができます。釣りもすることが出来、イワナやヤマメが生息しています。

詳細情報

住所:幌泉郡えりも町目黒
電話番号:えりも町役場産業振興課商工観光係 01466-2-4626
アクセス方法:JR様似駅より車で120分
駐車場情報:湖から200m離れた場所に有
営業時間:冬季は積雪のため通行できない場合あり

周辺のおすすめスポット情報

・豊似岳

えりも岬

えりも岬は風が強いことで有名です。北海道の背骨と表現される日高山脈の最南端にあるえりも岬は、暖流と寒流がぶつかり合う関係で強風と霧が多く発生する自然の力が体感できる場所です。美しい景観を称え国指定文化財にも指定されています。

えりも岬のおすすめポイント

近くに建設された「風の館」の展望台から、えりも岬の絶景を見ることができます。体験コーナーもあり、風速25mもの強風を体感できます。また初日の出スポットとして人気があり、観光客が多く訪れます。ゼニガタアザラシの生息地でも有名です。毎年5~6月には出産シーンを見られることがあります。自然を間近で見たい方には、ガイド付きのカヤックで行くアザラシウォッチングツアーもおすすめです。

詳細情報

住所:幌泉郡えりも町字えりも岬
電話番号:えりも町役場産業振興課商工観光係01466-2-4626 風の館01466-3-1133
アクセス方法:JR様似駅からバスで55分
駐車場情報:えりも郡えりも町字東洋 211台
営業時間:
風の館:5~8月9:00~18:00まで(最終入場17:30まで)
3~4月・9~11月9:00~17:00まで(最終入場16:30まで)
1~2月・12月は休館(1月1日のみ5:00~8:00)
予算:大人300円 子供200円

周辺のおすすめスポット情報

・えりも岬展望台
・えりも岬記念碑

いさみ寿司

えりも岬から約13キロ離れたところにあるお寿司屋さんです。地元の魚介類を使ってつくる料理がこだわりで、えりもの旬を味わうことができます。特にランチは沢山の魚介類が使われているにも関わらずお手頃で、値段にも味にも満足できます。

いさみ寿司のおすすめポイント

新鮮なウニとつぶがおすすめです。北海道の中で早い時期に食べられるえりものウニは甘みが強く、多くの観光客からも人気です。えりもはつぶ貝も有名で歯ごたえがしっかりしていておいしいです。店内にあるいけすからつぶを提供してくれるので新鮮そのものです。ウニ・つぶ両方楽しめるどんぶりも人気です。

詳細情報

住所:幌泉郡えりも町字本町86-3
電話番号:01466-2-3141
アクセス方法:札幌から車で4時間 えりも岬から約13キロ
駐車場情報:専用駐車場3台有
営業時間:11:30~13:30 16:30~23:00
定休日:不定休
予算:昼2,000~2,999円 夜6,000~7,999円

周辺のおすすめスポット情報

・銀寿司
・えりも漁業協同組合直売店

えりも町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメのまとめ

えりも町は有名なえりも岬、豊似湖を始めとして広大な自然を味わえる場所です。風と霧が作り出す神秘的な景観に魅了されるでしょう。日高昆布など海産物に恵まれ、新鮮なものを食べられることも魅力の一つです。国指定文化財に登録された美しい自然を感じ、ゼニガタアザラシの生態も知ることが出来る体験は、日常生活では味わうことができないものでしょう。

The following two tabs change content below.
アバター

風太郎

北海道札幌に在住。 休日を愉しむため、普段はパソコンやスマートフォンに向かって執筆の日々。 週に2日の休日には、北海道の自然を感じるため道内各地を散策。 海や山などの自然、美味しいものを堪能する毎日を送っています。

関連記事

  1. 牡蠣が魅力!厚岸町の観光スポットとおすすめグルメ5選

  2. 旭川空港を降りたら!東神楽町の見どころ、グルメ6選

  3. 新篠津村の自然が豊かな観光スポットと美味しいグルメ5選

  4. 森町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

  5. 愛別町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ7選!

  6. 音威子府村で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ

最近のコメント