小清水町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメを紹介!

小清水町の観光スポットとおすすめするグルメを、今回は7つご紹介いたします。小清水町は、北海道の東北部にありオホーツク海に面した街です。小清水原生花園が有名なオホーツク海とラムサール条約登録湿地の濤沸湖の間の細長い海岸砂丘は、「網走国定公園」として人気の観光スポットです。農業が盛んで、ジャガイモ、サトウダイコン、小麦、トウモロコシ、メロン、アスパラなど北海道らしい作物が特産品です。

小清水原生花園

小清水原生花園は、国道244号線に沿い、オホーツク海と濤沸湖(とうふつこ)の間の約8㎞の細長い砂丘にあります。平成16年に「北海道遺産」に登録されました。クロユリやエゾキスゲ、エゾスカシユリ、ハマナスなど約40種類の野生の花々を毎年5月~9月にかけて見ることができます。

小清水原生花園のおすすめポイント

小清水原生花園の展望台からは、砂丘やオホーツク海と濤沸湖の景色が360°の大パノラマで一望できます。天気の良い晴れた日には、知床連山や斜里岳まで見渡せます。
遊歩道を歩いて進むと、目の前にオホーツク海が広がる海岸に降りることができ、「日本最北の鳴り砂浜」が、東西に約14キロ広がっていて、歩くとキュッキュッと砂から音がします。

詳細情報

住所:斜里郡小清水町字浜小清水
電話番号:0152-62-4481(小清水町産業課商工観光係)
アクセス方法:女満別空港から車で約50分、JR釧網本線「原生花園駅」から徒歩で約1分
駐車場:あり
営業時間:
(インフォメーションセンターHana)5月~9月 8:30~17:30、10月 9:00~17:00
休館日:11月~4月

道の駅はなやか(葉菜野花)小清水

「道の駅はなやか(葉菜野花)」は、国道244号線沿いに位置し、網走国定公園小清水原生花園に隣接したJR釧網本線「浜小清水駅」に直結しています。目の前には、オホーツク海、濤沸湖、小清水原生花園の豊かな自然が広がります。軽食喫茶コーナーではオホーツク産の魚介類や小清水町産の野菜を使ったメニューを食べることができます。

道の駅はなやか(葉菜野花)小清水のおすすめポイント

屋上の展望テラスからは、オホーツク海や遠くに知床連山を一望することが出来ます。特に2月頃、オホーツク海が流氷で埋め尽くされる景色は必見です。施設内には農畜産加工室があり、事前に予約すると、小清水町内で生産される農畜産物などを利用して、パンや豆腐、ソーセージなどの加工体験が出来ます。

詳細情報

住所:斜里郡小清水町字浜小清水474番地7
電話番号:0152-67-7752
アクセス方法:JR釧網本線「浜小清水駅」からすぐ
駐車場:大型9台、普通車57台(内身障者用2台)
営業時間:8:30~17:30
定休日:無休

周辺のおすすめスポット情報

・フレトイ展望台

フレトイ展望台

「フレトイ展望台」は、JR釧網本線「浜小清水駅」からほど近い小清水原生花園の東端の丘の上にあり、オホーツク海をはじめ、小清水原生花園、濤沸湖、そして知床連山や斜里岳まで一望できる展望台です。外観は白い壁に三角のピラミッド型で印象的な建物です。

フレトイ展望台のおすすめポイント

フレトイ展望台からは、オホーツク海をはじめ、小清水原生花園、濤沸湖、そして知床連山や斜里岳まで一望することができます。特にオホーツク海と濤沸湖を赤く染めながら沈む夕日の風景は感動的です。また、冬には流氷の接岸を見ることもできます。

詳細情報

住所:斜里郡小清水町字浜小清水
電話番号:0152-62-3217(小清水町観光協会)
アクセス方法:JR釧網本線「浜小清水駅」から徒歩で約5分
駐車場:あり
営業時間:5月~10月 8:30~17:00、11月~4月 9:00~17:00
休館日:無休
入館料:無料

周辺のおすすめスポット情報

・浜小清水前浜キャンプ場

ハイランド小清水725

「ハイランド小清水725」は、阿寒摩周国定公園の北端に位置する標高1,000メートルの藻琴山の中腹、725メートルの位置にあります。目の前には小清水高原(ハイランド)が広がり、その先には屈斜路湖やアトサヌプリなどの山々の姿を眺めることができます。天気が良ければ雄阿寒岳やオホーツク海、知床連山まで見渡せる人気のスポットです。

ハイランド小清水725のおすすめポイント

遊歩道の先にあるビューポイントでは、展望テラスからとは違った角度からの屈斜路湖や川湯温泉一帯の屈斜路カルデラが一望できます。また、天気、気温、湿度など条件が揃えば幻想的な雲海を観ることができるかもしれません。レストハウスの食堂では、そばやうどんなど食事やコーヒーなどを、素晴らしい景色を楽しみながら取ることができます。

詳細情報

住所:斜里郡小清水町もこと山1番地
電話番号:090-3119-6080
アクセス方法:川湯温泉から車で約30分 網走市街から車で約60分 斜里町市街から車で約60分
駐車場:あり バス7台、乗用車36台
営業時間:5月・9月 9:00~16:00、6月~8月 9:00~17:00、10月 9:00~15:00
開館期間:5月1日~10月31日(11月~4月は冬期間閉館)
予算:無料

福太郎(株)小清水北陽工場

網走と知床をつなぐ国道244号線沿いにあり、廃校になった旧北陽小学校の校舎を利用したかわいらしい建物が福太郎(株)小清水北陽工場です。工場内に入ると、すぐにガラス張りの作業場があり、お土産で人気の商品「ほがじゃ」が出来上がるまでの工程の一部を見学することができます。

福太郎(株)小清水北陽工場のおすすめポイント

工場内には、地域の人や観光客が気軽に利用できるイートインスペースが設置されていて、無料でコーヒーやお茶のサービスがあります。また、売店には「ほじゃが」の他にも、九州の美味しいものや、「お得用われせん」など直営店ならではの工場特別価格で商品が販売されています。

詳細情報

住所:斜里郡小清水町字浜小清水304-1
電話番号:0152-63-4141
アクセス方法:JR釧網本線「浜小清水駅」から徒歩で約30分 女満別空港から車で約50分
駐車場:あり(大型バス5台、普通車50台)
営業時間:10:00~16:00
定休日:年中無休
予算:~1,000円

ラーメンきっさ えきばしゃ

「ラーメンきっさ えきばしゃ」は、無人駅となったJR釧網本線「止別駅」の駅長事務室を改装したお店です。木造の駅舎は、いかにも昭和の駅という佇まいで、窓からは列車の行きかう様子が見られます。ラーメンきっさという店名だけあって、来店する人のほとんどが人気のラーメンを注文します。

ラーメンきっさ えきばしゃのおすすめポイント

「ラーメンきっさ えきばしゃ」の看板メニューは、「ツーラーメン」。あっさりの塩味に、ラーメン通が好むという細切りにした手作りチャーシューと、たっぷりの白髪ねぎがのります。他にも激辛ラーメンやカニラーメン、駅長ラーメンなどがメニューに並びます。

詳細情報

住所:斜里郡小清水町止別1 JR止別駅舎内
電話番号:0152-67-2152
アクセス方法:JR釧網本線「止別駅」駅舎内
駐車場:あり
営業時間:11:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:不定休
予算:~1,000円 カード不可

周辺のおすすめスポット情報

・止別海岸治山の森

オホーツクいちごファーム 本店

「オホーツクいちごファーム 本店」は、道の駅はなやか(葉菜野花)の敷地内にある小清水町の苺農家さんが営むイチゴのスイーツショップです。イチゴ以外の食材も出来るだけオホーツク産にこだわって、無添加の安心安全な商品を提供しています。

オホーツクいちごファーム本店のおすすめポイント

「オホーツクいちごファーム本店」の人気商品は、イチゴをたっぷり使った「完熟いちごぎっしりクレープ」や、その場で作ってくれる「いちごのフレッシュジュース」です。他にもマフィンやシフォンケーキ、ソフトクリームなどイチゴテイストのスイーツが揃っています。また、お土産には「苺ジャム」や「かけるいちご」などもあります。

詳細情報

住所:斜里郡小清水町字浜小清水474-4
電話番号:0152-64-2115
アクセス方法:JR釧網本線「浜小清水駅」から歩いてすぐ
駐車場:あり
営業時間:9:00~16:00
定休日:火曜日
予算:~1,000円

周辺のおすすめスポット情報

・道の駅はなやか(葉菜野花)

小清水町の観光スポットとグルメのまとめ

オホーツクの小さなまち小清水町には、オホーツク海や小清水原生花園、濤沸湖など雄大で豊かな自然がたくさんあり、オホーツクらしい景観を楽しむことできる人気の観光地となっています。また、オホーツク海で採れた新鮮な魚介類や、地元の農畜産物など美味しいものもたくさんあるので、是非出かけてみてはいかがですか。

The following two tabs change content below.
アバター

torakichi

北海道大好きな道産子ライター。北海道の観光と食の情報を発信しています。資格:北海道観光マスター、北海道フードマイスター、日本酒ナビゲーターなど、好きな食べ物:旭川ラーメン、焼鳥、お寿司、趣味:一人で呑み歩き

関連記事

  1. 絶対おさえておきたい!小樽市の観光スポット&グルメ8選

  2. 道北・名寄市のおすすめご当地グルメスポット3選!

  3. 釧路湿原のある町!釧路町で巡りたい観光スポット5選

  4. 札幌市豊平区のおすすめB級グルメ5選

  5. 神秘の湖のまち・津別町の巡りたい観光とおすすめグルメ

  6. 遠軽町で巡りたい観光スポットと絶品グルメ7選!

最近のコメント