幌加内町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ7選!

幌加内町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメの中から7つをピックアップしてご紹介します!
幌加内町は、「そば畑の面積日本一」、「日本一の最寒記録マイナス41.2度を観測」、「人造湖としては日本一の広さを持つ朱鞠内湖」、これらの3つの日本一を持つ町です。北海道内の「町」としては最も人口が少なく、雄大な自然に恵まれた町でもあります。

朱鞠内湖

幌加内町を代表する観光スポット「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」。
まるで北欧の湖のような神秘的なムードただよう朱鞠内湖は、1941年(昭和16年)から始められたダム工事の際に出来た人造湖です。
朱鞠内湖周辺は盆地であることから、北海道内でも非常に寒冷な地域として知られています。

朱鞠内湖のおすすめポイント

幌加内町内のみならず、北海道内にある観光スポットとしても有名な朱鞠内湖には、様々な施設やアクティビティが揃っています。
夏には、朱鞠内湖畔キャンプ場を利用する人たちや、カヌーや釣りを楽しむ人たちでにぎわっています。
冬には湖面が凍ることから、ワカサギ釣りのスポットとしても人気があります。
極寒の気候条件が揃った日には、ダイヤモンドダストが見られることでも有名な湖です。
朱鞠内湖のホームページには、最新の湖の状況がアップされているので、出かける前にチェックされることをおすすめします!
朱鞠内湖ホームページ http://www.shumarinai.jp

詳細情報

住所:雨竜郡幌加内町朱鞠内
電話番号:0165-38-2101(※朱鞠内湖畔キャンプ場)
アクセス方法:幌加内町市街地からは、車で国道275線を北へ進み約45分(約40キロ)
駐車場情報:あり

周辺のおすすめスポット情報

・二重滝(観光名所)

せいわ温泉ルオント

道の駅・森と湖の里ほろかないの敷地内にある温泉施設「せいわ温泉ルオント」。
日帰り入浴も出来るほか、9棟あるログキャビンでは宿泊も可能です。(※ログキャビンの利用可能時期については要問合せ・別途料金が必要です)

せいわ温泉ルオントのおすすめポイント

こちらの温泉の泉質は、神経痛や筋肉痛などに効能があるとされているナトリウム塩化物泉。
小さめではありますが露天風呂もあるので、このエリアを代表する山である「三頭山」の雄大な景色や緑豊かな自然に囲まれながら、のんびりと温泉が楽しめます。

詳細情報

住所:雨竜郡幌加内町字政和第一
電話番号:0165-37-2070
アクセス方法:※「道の駅・森と湖の里ほろかない」と同じ
駐車場情報:あり
営業時間:10:00~21:00
定休日:水曜日
予算:(日帰り入浴利用)大人500円・子供250円

周辺のおすすめスポット情報

・道の駅 森と湖の里ほろかない

政和ビューポイント(そばの花展望台)

幌加内町に数多くある、そばの花の景勝地の中でも一番有名なのが「政和ビューポイント」(そばの花展望台)。
7月下旬~8月中旬頃には、辺り一面見渡す限り「真っ白なそばの花」に囲まれる観光スポットとして有名です。

政和ビューポイント(そばの花展望台)のおすすめポイント

真夏三週間前後の短い期間のみ営業している政和ビューポイントですが、こちらからは北海道百名山のひとつ「三頭山」の美しい姿が眺められることからも人気になっています。
敷地内には、「そば博物館」「そば神社」が設置されているほか、散策路も整備されています。

詳細情報

住所:雨竜郡幌加内町政和
電話番号:0165-35-2380(幌加内町観光協会)
アクセス方法:幌加内町市街地から国道275号線を北へ進み、車で約20分
駐車場情報:あり(約20台)
営業時間:(7月下旬~8月中旬の期間営業)11:00~14:00
定休日:期間中は無休

周辺のおすすめスポット情報

・そば処きたむら
・幌加内北村蕎麦神社

道の駅 森と湖の里ほろかない

国道275線沿いにあり、まるでチャペルのような可愛らしい外観の「道の駅 森と湖の里ほろかない」。
こちらの駅には、せいわ温泉ルオント・レストラン「そばの里」に加え、名産品のそば粉を使った特産品などが揃う物産館が併設されています。

道の駅 森と湖の里ほろかないのおすすめポイント

「そばの町」として名高い幌加内町の道の駅らしく、物産館ではそばに関連した様々な特産品が販売されています。
併設レストラン「そばの里」では、ポン酢風味のそばといった一工夫を加えたそば料理メニューが豊富に揃っていることで有名です。
夏には真っ白いそばの花、冬には白い積雪の中に一段と映える外観の道の駅です。

詳細情報

住所:雨竜郡幌加内町字政和第一(国道275号線沿い)
電話番号:0165-37-2070
アクセス方法:国道275号線沿い
駐車場情報:あり
営業時間:(物産館)10:00~17:00(売店)10:00~21:00(レストラン)11:30~14:00/17:00~20:30 ※L.O.20:00
定休日:(物産館)毎週火曜日 ※一部施設は冬季休業

周辺のおすすめスポット情報

・旧深名線第3雨竜川橋梁(観光名所)

母子里(もしり)クリスタルパーク

朱鞠内湖の北東部、幌加内町市街地からは車で約1時間近くの距離にある「母子里(もしり)クリスタルパーク」。
北海道内でも寒冷な地域として知られている幌加内町ですが、この施設が開設された理由も、まさにその「寒さ」に深く関係しています。

母子里クリスタルパークのおすすめポイント

昭和53年2月17日、ここ母子里エリアではマイナス41.2度という日本最寒気温を観測し、そのことを記念して開設されたのがこちらの施設です。
敷地内には、つららをモチーフにした独創的なモニュメント「クリスタルピーク」が設置されているほか、管理棟では希望により、「日本最寒地域到達証明書」(※発行料金100円が必要)も発行してもらえますよ。

詳細情報

住所:雨竜郡幌加内町母子里
電話番号:0165-38-2513
アクセス方法:国道275号線(通称・空知国道)沿い
駐車場情報:あり
営業時間:8:00~17:00
定休日:月曜日(年末年始休業あり)

周辺のおすすめスポット情報

・コンカフェ(カフェ・喫茶)
・北海道大学 雨龍研究林(車で約2分)

八右ヱ門(はちえもん)

幌加内町内にあるそば店の中でも代表的存在の「八右ヱ門(はちえもん)」。
町内の閑静な住宅街の中にあり、純和風の古民家風の内装がそばの美味しさを一層引き立ているお店です。
店内にはカウンター席とテーブル席のほか、個室や大広間も用意されていますよ。

八右ヱ門のおすすめポイント

店内入口には昔懐かしいデザインの和ダンスが置かれており、そこで靴を脱いで入店するスタイルです。
こちらのお店のお蕎麦は「二八」と「田舎」(そば粉100%太打)から選べるほか、秋・冬には季節限定の「きのこそば」や「豚しゃぶせいろ」といったメニューも楽しめますよ。

詳細情報

住所:雨竜郡幌加内町字幌加内
電話番号:0165-35-3521
アクセス方法:国道275号線沿いのJA(※向かい側がスタンドのJAです)を東側(JA側)へ曲がり50メートル進んだ先の左手にあります。
駐車場情報:あり(10台)
営業時間:11:30~19:00
定休日:木曜日 ※冬期間(12月~3月)は毎週木曜日と第二水曜日が定休日となります。
予算・カード使用の可否:1,000円~1,500円

周辺のおすすめスポット情報

・幌加内そば 雪月花
・幌加内町観光協会(観光案内所)

そば処 霧立亭

幌加内町添牛内エリア、国道275号線と239号線が交差した道沿いにある「そば処 霧立亭」。
もともとは郵便局だったという店舗は、どこか懐かしさを感じさせる、あたたかい雰囲気にあふれています。
「そばの実アイス」や「そばの実ソフトクリーム」といった面白いメニューもありますよ。

そば処 霧立亭のおすすめポイント

こちらのお店では、そば粉と中力粉を2:8の割合で手打ちした自家製そばを使っており、15種類以上のメニューが用意されています。
また、店舗利用以外でも、通信販売(現在はヤフーショッピングに出店されています)でも購入可能となっています。

詳細情報

住所:雨竜郡幌加内町字添牛内
電話番号:0165-37-2233
アクセス方法:国道239号線(通称・観月国道)沿い
駐車場情報:あり(店舗横)
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日 ※月曜日が祝日の場合はその翌日
予算・カード使用の可否:1,000円~1,500円/カード使用可能(※5,000円以上~)

周辺のおすすめスポット情報

・添牛内駅跡

幌加内町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメのまとめ

「幌加内」とは、アイヌ語で「逆の方向に流れる川」を語源にしているといわれています。
北海道内でも有数の寒冷な気候の町として知られる一方、まるで北欧のような神秘的な雰囲気を持つ朱鞠内湖やその周辺の森林、毎夏真っ白な「そば」の花で覆いつくされる豊かに広がる畑など、フォトジェニックな魅力にあふれた町でもあります。

The following two tabs change content below.
アバター

Y.Tachibana

札幌生まれ・札幌育ち・生粋の道産子です!ロコから見た道内の魅力をシェアしていきたいと思います。最近は、海外からのお客様が多くなってきていますが、日本の方にもぜひ北海道の魅力を知って、遊びにきていただきたいです!

関連記事

  1. 札幌市中央区とは?

  2. 札幌市白石区とは?

  3. 新得町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ5選

  4. 美深町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

  5. 猿払村で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ5選!

  6. 新十津川町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

最近のコメント