大空町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ!

大空町の観光スポットとおすすめグルメを紹介します。大空町は2006年に女満別町と東藻琴村が合併してできた町です。女満別地域は、なだらかな丘陵に広がる畑の風景と網走湖畔の湿原が特徴的で、一方東藻琴地域は、藻琴山とその山麓に広がる牧場風景が特徴的で、ともに多くの自然が残されている街です。大きな観光地はありませんが、ほのぼのとした雰囲気の中で自然を堪能できる街で、女満別空港があるため、アクセスのよい街でもあります。

朝日ヶ丘公園

朝日ヶ丘公園は、高台に位置するため、網走湖から藻琴山、斜里岳、知床連山まで360度見渡すことのできる絶景スポットです。夏から秋にかけては、公園に近づくにつれてひまわり畑の黄色い絨毯が見えてきます。公園内にある展望台からは、一面のひまわり畑を見渡すこともできます。このひまわり畑は、黒澤明監督の映画「夢」の舞台にもなった風景で、大空町では農家が小麦の刈取後に緑肥として栽培していることが多く、10月頃までひまわりを見ることができる場所もあります。

朝日ヶ丘公園のおすすめポイント

公園内には、全36ホールの充実したパークゴルフ場が設けられており、パークゴルフを楽しむ人でもにぎわいます。園内には幸福の鐘や故黒沢明監督の愛馬「夢号」の厩舎もあります。遠くまで見渡すことのできる展望台の1階は物産館となっており、お土産や観光情報の入手も可能です。

詳細情報

住所:大空町女満別朝日44番地の2
電話番号:01527-4-2111(大空町役場商工観光係)
アクセス:女満別空港から車で10分
駐車場:有(80台)
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休

周辺のおすすめスポット情報

・女満別ゴルフコース

女満別湖畔

女満別湖畔は網走国定公園に位置し、「北海道景観百選」に選ばれた自然豊かな美しい網走湖の湖畔です。網走湖は2つの層を持つ特殊な湖で、網走川を通じてオホーツク海とつながっています。湖の干満によって海水と河川水が入り込みますが、海水と河川水は比重が違うため混ざり合うことはありません。そのため上層は淡水層、下層は塩水層となっているのが特徴です。散策や季節ごとのレジャーを楽しむことができ、近くには温泉やキャンプ場などもそろっています。

女満別湖畔のおすすめポイント

春は散策に最適な時期で、たくさんの湿生の花が咲き、特に水芭蕉群落は4月下旬から5月上旬が見頃を迎えます。夏には、アオサギやカワセミが水辺を飛び回り、浅瀬ではしじみ採りも楽しめます。湖上ではカヌーやヨットを楽しむこともでき、めまんべつ観光夏まつりなど湖畔ならではのイベントもあります。紅葉の季節になると、特産の「しらうお漁」の季節を迎えます。冬は一面の氷に覆われますが、1月上旬から3月下旬にかけては湖上で「氷上わかさぎ釣り」を楽しむこともできます。

詳細情報

住所:網走郡大空町女満別湖畔
電話番号:0152-74-4252(女満別湖畔キャンプ場)、0152-74-2111(産業課商工グループ)
アクセス:女満別空港から車で10分ほど
駐車場:キャンプ場を利用
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休

周辺のおすすめスポット情報

・女満別キャンプ場
・女満別温泉

メルヘンの丘めまんべつ

「道の駅メルヘンの丘めまんべつ」は、北見と網走の間を結ぶ国道39号(メルヘン街道)沿いにある道の駅で、地元特産品の販売やレストランもある複合施設となっています。また、アンテナショップ「ほのか」では、大空町の特産品などを全国各地に発信しており、加えて大空町の情報基地にもなっています。

メルヘンの丘めまんべつのおすすめポイント

特産品には、牛乳・チーズといった乳製品、地元の野菜をはじめ、満点みそ、トマトジュース、しそジュース、シジミドリンクといったドリンク類や煮豆セット、長いも団子など農産物の加工品がそろいます。特に一押しは、大空町の特産品である網走湖産の天然大粒しじみをふんだんに使用した「しじ美ごはんの素」です。

詳細情報

住所:網走郡大空町女満別昭和96番地1
電話番号:0152-75-6160
アクセス:女満別空港から車で10分
駐車場:有(91台)
営業時間:9:00~18:00
定休日:年末年始(12月30日~1月5日)

周辺のおすすめスポット情報

・女満別湖畔

緑とチーズの里ふれあいパーク

「緑とチーズの里ふれあいパーク」は、東藻琴にある総合運動公園で、ソフトボールグランド、サッカーコート、周囲400メートルの本格的な陸上競技場があります。パークゴルフと夜間照明を完備したテニス場もあり、特筆すべきは「エミューふれあい牧場」というエミューの小さな牧場があることで、2メートルのエミューを間近で見ることができます。春には多くの桜が咲き、冬は歩くスキーのコースもできるので、年中利用できる公園となっています。

緑とチーズの里ふれあいパークのおすすめポイント

園内には入館料が無料の「ひがしもこと乳酪館」があり、館内にはチーズの歴史を学べる学習室があり、昔ながらのチーズづくりを再現したジオラマ模型なども展示されています。チーズを作っている製造工程の見学もでき、製造されている乳製品を味わえる販売、試食コーナーもあります。事前予約で手作りアイスクリーム体験や手作りバター体験などもできます。大きなガラス張りの休憩コーナーからは園内を見下ろすこともでき、チーズに関することに加えて東藻琴についても学べるおすすめの場所です。

詳細情報

住所:大空町東藻琴396番地の1
電話番号:0152-66-2805(大空町教育委員会生涯学習課)0152-66-3953(ひがしもこと乳酪館)
アクセス:女満別空港より車で約20分
駐車場:有(400台)、無料
営業時間:園内は24時間利用可能
定休日:年中無休
予算:テニスコート1時間200円、多目的運動広場グラウンド1時間300円、パークゴルフ場はコース使用料無料

周辺のおすすめスポット情報

・ひがしもこと乳酪館

東藻琴芝桜公園

小高い丘の斜面にある「東藻琴芝桜公園」は、春になると一面がピンクの絨毯のように染まります。芝桜の見頃は5月中旬から6月上旬にかけてで、例年毎年5月3日から6月の第1日曜日まで、「芝桜まつり」も開催されています。公園内はペットの連れ込み禁止で、「芝桜まつり」開催中は別途公園の入場料が必要になります。芝桜公園内には無料のキャンプ場のほかに、ユニークな外観の7人から8人用のキッチン付きバンガローやオートキャンプ場も整備されています。

東藻琴芝桜公園のおすすめポイント

園内には、丸太遊具などのアスレチック遊具をはじめ、一周820メートルのゴーカート(有料)や、ニジマスやヤマベが放流されている釣堀(有料)もあり、子どもから大人まで楽しむことのできる公園です。また、園内には遊覧車もあり、遊覧者を利用すると第2展望台からの眺めも楽しむことができます。芝桜の時期は特におすすめのスポットです。

詳細情報

住所:大空町東藻琴末広393
電話番号 0152-66-2131(東藻琴総合支所地域振興課)、0152-66-3111(株式会社東藻琴芝桜公園管理公社)
アクセス:女満別空港から車で45分
駐車場:有
営業時間:8:00~17:00
定休日:年中無休
予算:入園料(期間中)大人500円、小学生250円、ゴーカート2名用500円、1名用300円、釣堀1時間釣り放題は大人1,500円、小学生1,000円

周辺のおすすめスポット情報

・東藻琴芝桜公園キャンプ場

芝桜の湯

芝桜公園内にある掛け流しの温泉施設です。主に、キャンプ場を利用する方のために設置されているような温泉で、館内はこぢんまりとしています。脱衣所には無料のドライヤーなどの設備も用意されています。シンプルな浴室には大小2つの湯舟が並んでおり、湯舟の大きさで湯温が異なり、「高温湯」は43.8度、「中温湯」は42.2度の温度設定となっています。

芝桜の湯のおすすめポイント

泉質は体を温める効果の大きい塩化物泉で、お湯はほのかな油臭が特徴です。シャワー付きの洗い場は4つありますが、シャンプーなどは持参か購入してください。施設内には休憩所もあり、すぐ横には共同浴場と同じ源泉を利用している「足湯」があり、無料で利用できます。敷物も用意されており、「足湯」からは園内の様子を観ることができるので、桜の時期にもおすすめです。

詳細情報

住所:大空町東藻琴末広393番地
電話番号:0152-66-3111
アクセス:女満別空港から車で約30分、JR網走駅から車で約40分
駐車場:有
営業時間:芝桜の湯は5月3日から6月8日11:00~18:00、6月9日から9月30日は13:00~20:00(2017年の場合)、足湯は5月3日から8月31日9:00~17:00
定休日:毎週水曜日
予算:芝桜の湯は、大人440円、中人140円、小人70円、足湯無料(芝桜まつり期間中は別途入園料が必要)

大空町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメのまとめ

大空町は、春には芝桜の見物が、夏には女満別湖畔の散策が、秋には遅めのひまわり畑が堪能できる、四季を通して見どころの多い街です。合併してできた町ですが、なじみの地名はそれぞれの地域に今も残されており、大空町全体としては農業を基幹産業とするだけあって、のどかな雰囲気が特徴的です。網走国定公園と阿寒国立公園に接しているので、その自然の豊かさは他に引けを取りませんよ。

The following two tabs change content below.
アバター

zoomaru

北海道をこよなく愛する30代前半の女性で、男の子と女の子の育児中です。食べること大好き、旅行大好きで、子どもと一緒に道内を東西南北くまなく旅行し、道の駅は3つ以外制覇しました。毎週末どこかにお出かけしています。このほかに、飲食店や妊娠・出産に関する記事、またFPの資格を活かして貯金・節約に関する記事などを執筆中です。

関連記事

  1. 幌加内町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ7選!

  2. 湿原とともに息づく街、鶴居村で巡りたい観光スポットと食べるべきグルメ7選

  3. 札幌市豊平区の焼き鳥屋さん5選

  4. 浦幌町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

  5. 新十津川町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選!

  6. 歌志内市で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ5選

最近のコメント