猿払村で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ5選!

猿払村の観光スポットとおすすめグルメを紹介します。猿払村は、宗谷地方の北部にあり、日本で最北端にある村として知られています。
また、最北端にある村、ということに加えて、「村」としての面積も日本で一番大きいという一面も持っている村です。
村の面積の約8割が森林であり、村内のいたるところに大小さまざまな「沼」があることも特徴的な猿払村。

道の駅 さるふつ公園

オホーツク海岸沿いを南北に走る、国道238号線の近くにある「道の駅 さるふつ公園」。
こちらの施設の敷地内や近隣には、さるふつ公園をはじめとした人気観光スポットやレジャー施設、レストランが集まっているので、猿払村へ行った際にはぜひ訪れたい場所です!

道の駅 さるふつ公園のおすすめポイント

国道238号線沿いの「猿払村村営牧場」の中にある道の駅。
日本で最北端にある「村」、猿払村の魅力がつまった施設内には、新鮮な魚介類が並ぶ売店「夢喰間」やレストラン「さるふつまるごと館」も入っています。売店では、豊富な魚介類の中でも、フランスや香港へ輸出もしているという「ホタテ」が大人気!
また、同じ敷地内には「ホテルさるふつ」もあり、ホテル内の「レストラン大雪」では、美味しい「ホタテ料理」が楽しめます。
そのほかにも、猿払村の開拓当時の様子が理解できる農業資料館「風雪の塔」も敷地内にありますよ。

詳細情報

住所:宗谷郡猿払村浜鬼志別214番地7(国道238号線沿い)
電話番号:(道の駅)01635-2-2311(レストラン風雪)01635-3-4314(さるふつまるごと館)01635-4-7780
アクセス方法:国道238号線沿いにあり、案内看板が出ています。「さるふつ公園」バス停下車すぐ(稚内駅・音威子府駅より路線バス運行あり)
駐車場情報:あり
営業時間:〈道の駅事務所〉9:00~17:30〈レストラン・さるふつまるごと館〉9:00~17:00
〈夢喰間・売店〉9:00~17:30(4月中旬~10月末の期間営業)・〈ホテル内売店〉9:00~18:00
〈ホテルさるふつ/ふるさとの家内1階・レストラン風雪〉11:00~14:00、17:00~20:00(L.O. 19:30)
定休日:年末年始 ※夢喰間(売店)・さるふつまるごと館は不定休

周辺のおすすめスポット情報

・インディギルカ号遭難者慰霊碑

インディギルカ号遭難者慰霊碑

道の駅さるふつ公園から、道を挟んで向かい側の海岸沿いにある「インディギルカ号遭難者慰霊碑」。
1971年に、ロシア(当時はソビエト連邦)側が費用を負担し、現在の場所に慰霊碑が建てられました。
「インディギルカ号」の船名はシベリアにあるインディギルカ川に由来しています。

インディギルカ号遭難者慰霊碑のおすすめポイント

「インディギルカ号」とは、1939年12月12日の未明に、猿払村浜鬼志別沖合で座礁・沈没した
旧ソビエト連邦の貨客船です。
シベリアからウラジオストクを目指して航行していた船は、暴風雨のため宗谷岬の場所がわからなくなってしまって
この地に座礁。当時の村人総出で救助活動をしたものの、700人以上の尊い命が海に投げ出されてしまった事故となってしまいました。
今でも謎の多い海難事故ですが、猿払村では事故当時から、犠牲者をなぐさめるために手厚い慰霊を行っています。

詳細情報

住所:※道の駅 さるふつ公園と同じ(道路を挟んで向かい側の海岸沿いにあります)
電話番号:01635-2-2311(道の駅 さるふつ公園)
アクセス方法:※道の駅 さるふつ公園と同じ
駐車場情報:あり(30台・無料)

周辺のおすすめスポット情報

・道の駅 さるふつ公園

さるふつ憩いの湯

道の駅さるふつ公園の敷地内にある「さるふつ憩いの湯」。
2015年4月に「ホテルさるふつ」の大浴場としてリニューアルオープンした銭湯です。
ホテル宿泊客だけでなく、日狩り入浴ができる施設としても人気があります。

さるふつ憩いの湯のおすすめポイント

リニューアルオープン後で、まだ新しくキレイでサウナもあるのに、日帰り入浴料金は大人300円とかなりリーズナブル!
2階の大浴場ではオホーツク海の景色を楽しみながら入浴ができるという、恵まれた環境にある銭湯です。

詳細情報

住所:※道の駅 さるふつ公園と同じ
電話番号:01635-3-4314
アクセス方法:※道の駅 さるふつ公園と同じ
駐車場情報:あり
営業時間:〈大浴場〉13:00~21:00(受付は20:00まで) 〈サウナ〉13:00~20:00
定休日:年末年始ほか
予算:〈日帰り入浴利用の場合〉 大人300円・子供(小学生のみ)150円・乳幼児(小学生未満)は無料/70歳以上の高齢者、障がいのある方は証明できるもの提示で200円
※ホテルさるふつ宿泊者は無料です

周辺のおすすめスポット情報

・ホテルさるふつ さるふつ家内1階 レストラン風雪
・道の駅 さるふつ公園

エサヌカ線・エサヌカ原生花園

オホーツク海岸沿いをまっすぐ伸びる「エサヌカ線」とその周囲に広がる「エサヌカ原生花園」。
特に「エサヌカ線」は、バイクツーリングを楽しむライダーにとても人気のある道路です。
エゾシカなどがあらわれることも!

エサヌカ線・エサヌカ原生花園のおすすめポイント

毎年6月下旬~7月中旬には、ハマナス・コケモモ・エゾカンゾウなどを中心に多くの花々が咲き乱れる「エサヌカ原生花園」。
貴重な高山植物も咲くという原生花園の中を、まっすぐに走っているのが約16キロの道路「エサヌカ線」です。
花々・青い空・どこまでもまっすぐ続く道、その北海道らしい風景に憧れて、この地を訪れるライダーも多いスポットです。

詳細情報

住所:宗谷郡猿払村浅茅野台地
電話番号:01635-2-3132
アクセス方法:※最寄りバス停まで約4キロの距離があるので、車での利用をおすすめします。
営業時間:花の季節は毎年6月末~7月中旬頃・常時開放
定休日:常時開放

周辺のおすすめスポット情報

・王子の森 猿払(公園・車で約3分)
・モケウニ沼(車で約13分)

カムイト沼

アイヌ語で神を表す「カムイ」と沼を表す「ト」を合わせたものが、名称の由来といわれている「カムイト沼」。
その名称のとおり、神様が住んでいるかのような、神秘的な雰囲気のただよう沼です。
猿払原野の一部でもあり、「タテヤママリモ」や「イトウ(魚類)」が生息していることでも知られています。

カムイト沼のおすすめポイント

カムイト沼の周囲は湿地帯であることから、「ヒオウギアヤメ」や「ゴゼンタチバナ」などの植物が群生しているほか、トドマツ・ハンノキを中心とした木々が生い茂る林になっています。
花の時期には、群生している植物の成分が注ぎ込むことにより、水が「琥珀色」に変わるという神秘に包まれた印象の沼です。

詳細情報

住所:宗谷郡猿払村浅茅野台地
電話番号:01635-2-3132
アクセス方法:「浅茅野」バス停から徒歩約15分/道の駅さるふつ公園から国道238号線を南へ進み、道道1089号線を通って車で約18分
駐車場情報:あり
営業時間:※2017年7月現在、カムイト沼遊歩道付近は階段劣化のため立ち入り禁止になっているため、訪問される方は「猿払村HP」などで要確認
定休日:※2017 年7月現在、カムイト沼遊歩道付近は階段劣化のため立ち入り禁止になっているため、訪問される方は「猿払村HP」などで要確認

周辺のおすすめスポット情報

・エサヌカ原生花園(車で約20分)

猿払村で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ

「猿払」という、インパクトのある名称を持つ猿払村。
動物の「猿」に関連しているようにも思えますが、実際には、アイヌ語で「葦原の河口」を意味する「サラ・プツ」に由来しています。
村の歴史は比較的古くから残っており、江戸時代中期頃からさかのぼることができます。
炭鉱の閉山や林業の衰退で村を離れる住民が続いた時代もありましたが、現在は「ホタテ」に関連した事業が盛んになっていることから、全国有数の高所得自治体となっています。

The following two tabs change content below.
アバター

Y.Tachibana

札幌生まれ・札幌育ち・生粋の道産子です!ロコから見た道内の魅力をシェアしていきたいと思います。最近は、海外からのお客様が多くなってきていますが、日本の方にもぜひ北海道の魅力を知って、遊びにきていただきたいです!

関連記事

  1. 北海道最東端の街!根室市の観光スポットとおすすめグルメ

  2. 大樹町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選

  3. リーズナブルでおいしいと人気!札幌市西区のおすすめランチのお店7選

  4. 道北・名寄市のおすすめご当地グルメスポット3選!

  5. 自然に囲まれた童心に帰ることができる町!枝幸町の観光スポット4選

  6. 札幌市北区の博物館・資料館3選

最近のコメント