北海道といえば銀世界!札幌南区の冬の絶景7選

札幌南区の冬の絶景……北海道といえば「冬」が見所ですが、おすすめのスポットを思い浮かべてもなかなかでてきませんよね。

そこで今回は札幌市南区に場所を絞り、「冬の景色」が綺麗なスポットを7つほど紹介していきます。

・冬に行くべき南区のスポットって?
・冬に北海道を訪れるならどこがおすすめ?

という疑問を抱えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

藻岩山

札幌といえば「日本新三大夜景」の2位として多くの観光客を集める地ですが、その中でも多くの夜景好きを集めるスポットが藻岩山です。春、夏、秋……と四季それぞれに魅力があるものの、冬は札幌市全体が雪に包まれるため、他の季節では決して見ることのできない「コントラストあふれる景色」が楽しめます。

藻岩山のおすすめポイント

藻岩山のおすすめは、札幌全体を眺められる360度大パノラマです。積雪が多いところは他にもありますが、「雪」と「ビル群」というコラボは札幌でしか味わえない風景です。訪れた際はぜひ足を運んでみましょう。

詳細情報

住所:札幌市中央区伏見5丁目3-7
電話番号:011-561-8177
アクセス:市電「ロープウェイ入口」下車、すぐ
駐車場:無料
営業時間:ロープウェイ 冬季(12月1日~3月31日)11時~22時
定休日:ロープウェイ 11月21日~11月30日
予算:大人1,700円 子供850円 (展望台までの料金)

周辺のおすすめスポット情報

・伏見稲荷神社
・旭山記念公園

二見吊橋

二見吊橋とは「豊平川」に掛けられた真っ赤な吊り橋のこと。定山渓温泉街から徒歩で約5分程度の場所に位置するため、定山渓に訪れた旅行客の観光スポットとして人気な場所です。冬季は通行止めとなっているので橋を渡ることはできませんが、その絶景は一度見ておくべきでしょう。

二見吊橋のおすすめポイント

積雪量の多い時期だと真っ赤な色が隠れてしまうため、訪れる際は積雪量の少ない時期がおすすめ。また、少し遠目、上から、下から……というように見る視点を変えてみるのもポイントのひとつです。

詳細情報

住所:札幌市南区定山渓温泉西4
電話番号:011-598-2012
アクセス:じょうてつバス「定山渓 湯の町」バス停から徒歩5分
駐車場:公共駐車場を利用
営業時間:見学自由
定休日:冬季間通行止め

周辺のおすすめスポット情報

・定山渓温泉街
・翠山窯

アシリベツの滝

滝野すずらん丘陵公園の渓流ゾーンに位置する「アシリベツの滝」は、日本の滝100選にも選出されている、札幌市最大級の滝(落差26メートル)です。整備された道を約20分ほど歩く必要がありますが、そこに見えるのは自然が作り出した芸術。氷の世界を体感したい方はぜひ一度足を運ぶべきでしょう。

アシリベツの滝のおすすめポイント

アシリベツの滝の見所は、滝のしぶきが氷結することで出来る「氷瀑」ですが、好天の朝にしか見られないキラキラと輝く雪もおすすめポイントのひとつです。また、道中の景色も美しいと評判なので、訪れた際はぜひその辺りにも注目してみましょう。

詳細情報

住所:札幌市南区滝野247番地
電話番号:011-592-3333
アクセス:地下鉄南北線真駒内駅からバスで35分
駐車場:あり(有料)
営業時間:時期により異なる(要確認)
定休日:4月1日〜4月19日、11月11日〜12月22日
予算:15歳以上410円 小中学生80円、65歳以上210円

周辺のおすすめスポット情報

・滝野すずらん丘陵公園

滝野すずらん丘陵公園スノーワールド

北海道で唯一となる国営公園。名称となっている「滝野」は園内おすすめポイントでもある「アシリベツの滝」から由来しています。そんな滝野すずらん丘陵公園の敷地は約400ヘクタールと広大すぎるため、中心ゾーン、渓流ゾーン、滝野の森ゾーン東、滝野の森ゾーン西、の計4つに区切られています。

滝野すずらん丘陵公園スノーワールドのおすすめポイント

おすすめポイントは、冬季オープンを境に「自然に囲まれた公園」から「ゲレンデ」へと姿を変える、あたり一面が真っ白に覆われた銀世界の風景です。

詳細情報

住所:札幌市南区滝野247
電話番号:011-592-3333
アクセス:地下鉄南北線「真駒内」から、中央バス
駐車場:あり(有料)
営業時間:時期により異なる(要確認)
定休日:4月1日〜4月19日、11月11日〜12月22日
予算:15歳以上410円、小中学生80円、65歳以上210円

周辺のおすすめスポット情報

・北野霊園
・札幌芸術の森

定山渓温泉街

札幌中心部から車で1時間程度とアクセスも良く、周辺にも観光スポットが多数あるため、道内、道外、海外から年間約120万人もの観光客が宿泊するといわれています。春は桜、秋は紅葉、夏は緑葉、冬は銀世界、と四季折々の風景が見られることも魅力のひとつです。「北海道の冬」を堪能したいのなら定山渓温泉街へ。

定山渓温泉街のおすすめポイント

この地のおすすめは、枯れた木に雪がかかることで完成する「雪と木々のコントラスト」。建物や木、川などの暗い色と雪の白色が上手く混ざることで、モノクロのような世界を楽しむことができます。

詳細情報

住所:札幌市南区定山渓温泉東3丁目
電話番号:011-598-2012
アクセス:札幌市中心部から、車で約1時間
駐車場:無料(宿泊時のみ)
営業時間:宿により異なる
定休日:要確認
予算:一泊4000〜15000円(宿により異なる)

周辺のおすすめスポット情報

・定山源泉公園内の美泉定山像
・岩戸観音堂

札幌国際スキー場

標高最大1,100mとなる札幌国際スキー場は、その名の通りスキーやスノーボードなどのスポーツを思う存分楽しめる、道内ではとても人気なスポットです。休憩施設内には食堂をはじめ、スポーツショップや化粧室といった嬉しい施設が充実。また、Wi-Fiスポットも完備しているので山の上でも通信に困ることはありません。

札幌国際スキー場のおすすめポイント

広大な地をもつスキー場でしか見ることのできない銀世界。特にゴンドラ内から眺める景色は言葉が出なくなるほどの美しさです。ウィンタースポーツも楽しめ、景色も楽しめる、まさに一石二鳥のスポットでしょう。

詳細情報

住所:札幌市南区定山渓937番地先
電話番号:011-598-4511
アクセス:札幌中心部から約60分(車)
駐車場:無料
営業期間:2017年11月17日(金)~2018年5月6日(日)
定休日:天候状況による

カフェ崖の上

崖からせり出すように造られている「カフェ崖の上」は、定山渓を流れる白井川を一望できるカフェとして有名です。店内は10席ほどとコンパクトなつくりですが、暖かい飲み物や自家製のケーキがとても美味しく、有意義な時間を過ごすことができます。

カフェ崖の上のおすすめポイント

カフェ崖の上のおすすめは店内の奥にある「特等席」に座ることです。この位置はちょうど崖からせりだした部分であり、壁一面がガラスでつくられているため、そこはまさに空中カフェ。店内から野生動物が見えるところもオススメです。

詳細情報

住所:札幌市南区定山渓567-36
電話番号:011-598-2077
駐車場:無料(6台)
営業時間:3月~11月(10時30分〜18時)12月~2月(10時30分〜16時30分)
定休日:月曜(祝日の場合翌日)、12月26日〜年始 (12月~2月は土日祝のみ営業)

周辺のおすすめスポット情報

・定山渓三笠スキー場
・白糸の滝

札幌南区の冬の絶景のまとめ

風景といえば紅葉や桜に目が行きがちですが、冬にしか観られない絶景もあります。特に北海道は雪の街ですから、冬季こそ、このような絶景ロケーションに足を運ぶべきでしょう。今回おすすめした7選が参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.
アバター

サカモト ジュンイチ

独学でWEB制作会社に入社。しかし通勤時間がもったいないという理由でフリーランスの道へ。何気ないものに興味を抱かせることが得意。好きなものは「カメラ」と「シンプルなデザイン」と「洋楽」。

関連記事

  1. 自然豊かな場所多数!札幌市豊平区の冬の絶景3選!

  2. 白銀の世界の美しさに息をのむ、札幌北区の冬の絶景7選

  3. 北海道でしか見られない!札幌市手稲区の冬の絶景3選

  4. 冬の北海道旅行なら!札幌中央区の絶景スポット3選

  5. 札幌市清田区の寒い冬だからこそ見たい絶景ポイント4選

  6. 中心部を少し離れて!札幌手稲区の冬のおすすめスポット4選

最近のコメント