白銀の世界の美しさに息をのむ、札幌北区の冬の絶景7選

札幌市北区の冬の絶景は、いたるところに見られます。札幌の寒い冬を象徴する白い雪。札幌の年間降雪量の累計は多い年では6メートルにも及び、降り積もる雪は生活の障害になることもあります。しかしそんな雪は、美しい白銀の世界をもたらしてくれることも事実です。札幌市北区の冬の絶景をお伝えします。

北海道大学

北海道大学はキャンパスが広いことで有名で、構内のポプラ並木は大学の名所というだけでなく、札幌の観光地のひとつとして知られています。平成16年の台風で半数近くのポプラの木が倒壊したものの、全国的な支援もあって、倒木の立て直しや若木の植樹が行われ、平成17年6月に再生しています。遊歩道も新しく整備され、ポプラ並木を約80メートル散策できるようになっています。

北海道大学のおすすめポイント

ポプラ並木とともに有名なのがイチョウ並木。冬場は当然のことながら葉がついていません。だからこそ、木に積もる雪の美しさが引き立つ並木道となっています。また、中央を通る道路も構内とは思えない広さで、一面真っ白な白い道は見て壮観です。構内にはサイロなどもあり、雪の似合う北海道らしい風景を味わうことができます。

詳細情報

住所:札幌市北区北8条西5丁目 北海道大学構内
電話:011-716-2111(北海道大学代表電話)
アクセス:札幌駅から徒歩で15分方法
駐車場:なし
営業時間:24時間(大学の予定による)
定休日:なし(大学の予定による)

周辺のおすすめスポット情報

・クラーク像(北海道大学構内)
・北海道大学総合博物館(北海道大学構内)

百合が原公園

約25.4ヘクタールという広大な敷地を持つ百合が原公園には約6400種類の花々や木々が植えられています。冬の季節には一面が雪で覆いつくされ、雪が光に照らされてキラキラ光る雪原が一面に広がり、白銀の世界を堪能することができます。公園の中央に建つサイロ展望台からは園内を一望でき、札幌の山並みも見わたすことができます。

百合が原公園のおすすめポイント

百合が原公園は名前にもなっているように、ユリが有名ですが、ユリはもちろん温室でも1年を通して約2,000種類に上る様々な草花・花木・球根植物などが展示されています。また、年間を通して、洋ラン展やツバキ展などの展示会も開催されています。レストランでは百合根を使ったメニューも味わうことができます。

詳細情報

住所:札幌市北区百合が原公園210番地
電話:011-772-4722
アクセス:地下鉄南北線「麻生駅」から中央バス「百合が原公園前」徒歩0分
駐車場:無料、P2駐車場138台(夏季:6:00~20:00、冬季:8:45~17:15)※P1駐車場と東駐車場は冬季閉鎖
営業時間:8:45~17:15
定休日:なし

周辺のおすすめスポット情報

・つどーむ

石狩川にかかる札幌大橋

北区と当別町の間にある石狩川に架かる札幌大橋は、北海道内で最長の鉄道橋です。石狩川河口から2番目に位置している橋であり、橋の下流には石狩河口橋、上流には新石狩大橋という橋がかかっています。現在は2001年から使用されている二代目の橋となりますが、冬になると真っ白な川辺にところどころ凍った川面が見られ、その上の橋を列車が走って行くさまは見ものです。

札幌大橋のおすすめポイント

また、鉄橋に朝陽が昇る時間帯も格別です。白い雪と朝焼けのまぶしい光のコントラストがとても美しく、石狩川の水面もキラキラと輝きます。川幅はおよそ500mにもなり、途中まで鉄橋と並行して川べりまで地面が延びています。地面に積もった雪か、川の上に積もった雪かわからない、そんな幻想的な風景を見ることができます。

詳細情報

住所:札幌市北区篠路町拓北
アクセス:北区から当別町へ向かう国道337号当別バイパスの一部
駐車場:なし
営業時間:24時間

周辺のおすすめスポット情報

・あいの里公園
・トンネウス沼

屯田みずほ通

屯田地区における稲作に用いられた、大正5年完工のかんがい溝の跡地で、現在は2.6キロメートルの緑の遊歩道、そして同じだけの距離のサイクリングロードになって市民からも親しまれている通りです。途中には、屯田みずほ西公園や屯田郷土資料館がある散策路となっています。

屯田みずほ通のおすすめポイント

冬の時期には、赤いナナカマドに白い雪の積もる様子がよく見られる場所でもあり、真っ白な雪景色の中の可愛げなアクセントとして楽しませてくれます。屯田地区の開拓に役立った道として、札幌市北区の「北区歴史と文化の八十八選」の森と歴史の道に選ばれている場所でもあります。

詳細情報

住所:札幌市北区屯田5条5丁目、
アクセス:札幌市北区屯田5条1丁目から西に2.6kmの区間
駐車場:なし
営業時間:24時間

周辺のおすすめスポット情報

・屯田みずほ東公園

安春川親水広場

安春川は新琴似の開拓にあたっていた屯田兵によって湿地帯であった新琴似地区を農地にするために開削された人工河川です。源流となっているのは、創成川水再生プラザの高度処理水で、親水広場は、子どもたちの遊び場に最適な広場となっています。

安春川親水広場のおすすめポイント

安春川の水辺では、真冬でもカモが泳ぐ姿を目にすることができます。真っ白な雪景色の中を、鮮やかなカモが泳いで行く姿は見た目のコントラストだけでなく、生き物の強さを感じることができます。夏場はザリガニ釣りでも賑わう安春川ですが、冬はその景色の美しさを感じることのできるスポットです。

詳細情報

住所:札幌市北区新琴似5条4丁目
アクセス:札幌医科歯科大学新琴似グラウンド横
駐車場:なし(麻生駅近辺のコインパーキング利用がおすすめ)
営業時間:24時間

周辺のおすすめスポット情報

・新琴似二番通公園

篠路五ノ戸の森緑地

新興住宅街にある公園ですが、植栽された木々が大木となり、園内は200種ほどの植物が生息する自然林に囲まれています。札幌市内にいながら大自然を味わうことができる公園のひとつで、野鳥の観察もできる貴重なスポットでもあります。

篠路五ノ戸の森緑地のおすすめポイント

篠路開拓の時代から大切にされてきた森は、植栽によって自然林のような様相となっています。冬は見られませんが、色とりどりに群生する草花や野鳥の声を見聞きできる自然あふれた場所で、樹林地内には、野鳥だけでなく多種多様な生態系を育むビオトープが形成されています。雪化粧をした緑地は、生き物の眠る気配も感じられる公園です。

詳細情報

住所:札幌市北区篠路3条10丁目
電話:011-771-4211
アクセス:篠路駅から徒歩約15分
駐車場:8台
営業時間:24時間

周辺のおすすめスポット情報

・篠路ハルニレ公園
・篠路ゆうあい緑地

新琴似グリーン公園

新琴似グリーン公園は西野屯田通りに面した公園で、1周500メートルのウォーキングコースもあります。駐車場の西側には天然芝が整備されている野球場があり、ぶらんこ広場の名にふさわしい充実した様々なブランコもある公園です。ロープで登るスロープや滑り台もシーソーも2つずつあり、子どもが遊ぶ遊具には事欠きません。

新琴似グリーン公園のおすすめポイント

ブランコ、砂場、鉄棒、シーソーなどの充実した遊具もほとんどのものが冬期間は使用できませんが、そのぶん冬期間は噴水広場に雪が積もってスキースロープとして使用可能となり、冬でも楽しめる公園です。自然あふれる公園のため、園内各地が雪の積もった美しさを感じることができます。広めの芝生広場には雪遊びにも最適です。

詳細情報

住所:札幌市北区新琴似4条14丁目
電話:011-771-0219
アクセス:地下鉄東西線「琴似駅」からバス「新琴似2条13丁目」下車徒歩5分
駐車場:20台
営業時間:24時間

周辺のおすすめスポット情報

・近藤牧場

札幌市北区の冬の絶景のまとめ

見渡す限りの白銀の世界。その冬の景色は白い息が凍るような、キリキリと張りつめた空気の中で眺めるとまた格別です。まだ、だれも踏んでないふわふわの雪をかき分けて進んだ先には、さらに静寂な雪の世界を見ることもできます。気がつくと、身体がぽかぽかになるのと一緒に、心もぽかぽかになっていることでしょう。

The following two tabs change content below.
アバター

zoomaru

北海道をこよなく愛する30代前半の女性で、男の子と女の子の育児中です。食べること大好き、旅行大好きで、子どもと一緒に道内を東西南北くまなく旅行し、道の駅は3つ以外制覇しました。毎週末どこかにお出かけしています。このほかに、飲食店や妊娠・出産に関する記事、またFPの資格を活かして貯金・節約に関する記事などを執筆中です。

関連記事

  1. 北海道といえば銀世界!札幌南区の冬の絶景7選

  2. 冬の北海道旅行なら!札幌中央区の絶景スポット3選

  3. 自然豊かな場所多数!札幌市豊平区の冬の絶景3選!

  4. 中心部を少し離れて!札幌手稲区の冬のおすすめスポット4選

  5. 札幌市清田区の寒い冬だからこそ見たい絶景ポイント4選

  6. 北海道でしか見られない!札幌市手稲区の冬の絶景3選

最近のコメント