北海道の夏で感動!札幌豊平区の夏の絶景ポイント4選

豊平区の夏の絶景ポイントを紹介します。人口195万人の大都市「札幌」ですが、市内には自然が多く残されており、四季折々素晴らしい景色を見ることができる場所がたくさんあります。その中で、今回は観光ガイドブックに載っている有名な場所だけでなく、観光スポットではないけど札幌市民が密かに景色を楽しんでいる場所などご紹介いたします。

さっぽろ羊ヶ丘展望台

「さっぽろ羊ヶ丘展望台」は、豊平区羊ヶ丘にある北海道の有名な観光名所です。展望台からは札幌の街並みを一望でき、それを背景にして腕を伸ばした「クラーク博士」の像が立っています。クラーク像は北海道の開拓精神の象徴で、彼の「Boys,be ambitious(少年よ、大志を抱け)」と合わせ有名です。

さっぽろ羊ヶ丘展望台のおすすめポイント

さっぽろ羊ヶ丘展望台からは、地上160メートルから眺める札幌市の街並みと、遠くに石狩湾や手稲山、札幌ドームを望むことが出来ます。天気の良い日には更に遠くの夕張岳まで見渡すことができます。クラーク博士の後ろには広い広い牧草地があり、この広大な牧草地でのんびりと過ごす羊たちの姿は、見ると心が和みます。

詳細情報

住所:札幌市豊平区羊ヶ丘1
電話番号:011-851-3080
アクセス方法:JR札幌駅から車で約30分
地下鉄東豊線からバスで約10分
駐車場:有り(自家用車100台、大型バス16台)
営業時間:
5月~6月  8:30~18:00
7月~8月  8:30~19:00
9月      8:30~18:00
10月~4月  9:00~17:00
定休日:羊ヶ丘展望台は年中無休
入場料:大人520円(団体470円) 子供300円(団体270円)

周辺のおすすめスポット

・羊ヶ丘レストハウス
・さっぽろ雪まつり資料館
・羊ケ丘展望ビール園

札幌ドーム

「札幌ドーム」は、プロ野球の「北海道日本ハムファイターズ」とサッカーJリーグの「北海道コンサドーレ札幌」の本拠地となっているスタジアムです。「札幌ドーム」は、野球やサッカーの試合観戦はもちろんのこと、試合がない日にはドーム内の見学ツアーやグッスを売っているショップ、色々なイベントなどで楽しむことが出来ます。

札幌ドームのおすすめポイント

「札幌ドーム」から絶景ポイントは、ドームの屋根部分から突き出た展望台です。展望台からはグラウンドと外の景色の両方を楽しめます。昼にはJRタワーやテレビ塔や野幌の百年記念塔、晴れた日には遠く石狩平野まで見渡せ、夜には札幌市の夜景を見ることができます。また、展望台には日本ハムファイターズの選手のサインボールも展示されています。

詳細情報

住所:札幌市豊平区羊ケ丘1
電話番号:011-850-1000
アクセス方法:地下鉄東豊線から徒歩で約10分
駐車場情報:有り(有料)
営業時間:
ドームツアー 10:00~16:00
展望台    10:00~17:00
※北海道日本ハムファイターズ戦(土・日・祝日のみ)・北海道コンサドーレ札幌戦開催時に、展望台特別営業を行っています

周辺のおすすめスポット情報

・スポーツ・スタジアム・サッポロ
・福八 札幌ドーム前店

天神山

南平岸天神山地区は、四季の折々に豊かな景色を広げる天神山緑地が広がり、精進川が穏やかに流れています。天神山の頂上には、国内外のアーティストが滞在しながら創作活動を行う「札幌天神山アートスタジオ」があります。また、この天神山緑地は、「平岸天満宮」という学問の神様をまつる場所や、樹齢300年というご神木がある「相馬神社」などがあり、パワースポットとしても人気です。

天神山のおすすめポイント

天神山緑地の麓には、北海道最古の樹齢約200年の見事な「天神藤」があり、6月上旬の初夏の見ごろを迎えます。頭の上を一面に紫色の藤の花が覆い、その下を歩くと藤の花の香りに包まれるという、他で体験できない藤棚です。また近くを流れる精進川には「精進川の滝」があり、落差は2メートルほどですが、近くに行くとマイナスイオンをたっぷり浴びリラックスすることができます。

詳細情報

住所:札幌市豊平区平岸1条18丁目
電話番号:011-851-1681
アクセス方法:地下鉄南北線「澄川駅」から徒歩で約15分
駐車場情報:有り

周辺のおすすめスポット

・さっぽろ天神山アートスタジオ
・札幌純連 札幌本店

八紘学園花菖蒲園

八紘学園北海道農業専門学校の花菖蒲園は、観光ガイドブックに載ることは少ないですが、知る人ぞ知る花の絶景スポット。この花菖蒲園は、学園の学生が農作業実習の一環として管理しているものです。毎年7月上旬から下旬にかけて2週間ほど有料で一般公開されています。

八紘学園花菖蒲園のおすすめポイント

約1.5ヘクタールの広大な敷地には、約450種類、7万本を栽培しており国内有数の花菖蒲園です。穏やかな丘に広がる花菖蒲は、一列毎に違う種類の花菖蒲が植えられており、花の色のグラデーションが美しく、敷地の周囲には高い建物などないため、素晴らしい一面の花畑を写真に撮ることができます。

詳細情報

住所:札幌市豊平区月寒東3条11丁目
電話番号:011-851-2500
アクセス方法:地下鉄東豊線「福住駅」から徒歩で約10分
駐車場情報:有り(無料)
営業時間:8:30~17:30
定休日:7月上旬~下旬のみ開園

周辺のおすすめスポット

・ツキサップじんぎすかんクラブ

札幌豊平区の夏の絶景まとめ

札幌市内には緑が多く残っています。豊平区には観光スポットとして有名な「さっぽろ羊ヶ丘展望台」がありますが、それ以外にも素晴らしい景色を見ることができるスポットがたくさんあります。今回はその中で4つご紹介しましたが、是非、北海道の清々しい夏の素晴らしい景色をお楽しみください。

The following two tabs change content below.
アバター

torakichi

北海道大好きな道産子ライター。北海道の観光と食の情報を発信しています。資格:北海道観光マスター、北海道フードマイスター、日本酒ナビゲーターなど、好きな食べ物:旭川ラーメン、焼鳥、お寿司、趣味:一人で呑み歩き

関連記事

  1. 豊かな自然と開拓の歴史が魅力!札幌北区の夏の絶景4選

  2. 美しさに息をのむ。札幌市南区の夏の絶景スポット5選

  3. 夏の思い出に行ってみよう!札幌中央区の絶景スポット3選

  4. 緑に癒される!札幌市厚別区の夏の絶景4選!

最近のコメント