豊かな自然と開拓の歴史が魅力!札幌北区の夏の絶景4選

札幌市北区の夏に見たい絶景・素晴らしい景観を紹介します。札幌市北区は、開拓に伴い屯田兵が入ったこともあり、古くからの歴史が残るエリアです。
その名残で、北区には緑豊かな、その名も「屯田」という地名もあるほど。
中央区に程近いエリアには北海道大学もあることから、北海道内外の出身を問わず、学生が多いのも特徴です。

北海道大学構内「ポプラ並木」と「イチョウ並木」

地下鉄南北線「北12条駅」「北18条駅」にまたがる、広大な敷地を持つ北海道を代表する大学である、北海道大学。
旧帝国大学として建てられたという歴史を持つ北海道大学のキャンパス内は、緑豊かで北海道らしい自然にあふれています。
各校舎が離れているので、「キャンパス内の移動に自転車が必要!」という意見もちらほら聞こえるほど、広大な敷地を有した大学です。

北海道大学構内「ポプラ並木」と「イチョウ並木」のおすすめスポット

北海道で「ポプラ」と聞くと、「北大のポプラ並木」をイメージする方が多いくらい、北海道のみならず、全国的にも有名な観光スポットです。
札幌駅からも徒歩15分程度でアクセスできる、北海道大学正門の西側、少し奥まった場所にポプラ並木が続いています。
北大キャンパス内には、他に「イチョウ並木」もあり、こちらはキャンパス中央から、北13条側の大学出入り口まで続いており、秋には美しい紅葉を楽しめます。

詳細情報

住所:(ポプラ並木)札幌市北区北8条西5丁目(北大構内)・(イチョウ並木)札幌市北区北13条(北大・北13条側出入り口付近)
電話番号:011-716-2111
アクセス方法:南北線北12条駅より徒歩4分・北18条駅より徒歩7分程度(北大構内まで)
駐車場情報:なし
営業時間:キャンパス内は照明が少ないため、景色を見るなら明るい時間帯を推奨

周辺のおすすめスポット情報

・クラーク像(北大敷地内)
・古河講堂(北大敷地内)

札幌農学校第2農場

「札幌農学校第2農場」は、北海道武蔵女子短期大学に隣接しているものの、広大な敷地を持つ「北海道大学」構内の施設です。
「少年よ、大志を抱け!」の名言で有名なクラーク博士の構想によって、明治時代に建てられた「モデル・バーン」(模範的な畜舎)の建築物が今も当時の姿で立ち並んでいます。
農場内にある9つの建造物は、国の「重要文化財」に指定され、後年には「北海道遺産」にも登録されています。

札幌農学校第2農場のおすすめスポット

札幌市内にありながら、「北海道の原風景」が見られる貴重なスポットです。
重厚感のある木造の建物には、北海道開拓時代の面影が色濃く残されています。
農場内には9棟の歴史的建造物があり、内部見学可能なのは「模範的家畜房(モデルバーン)」と「穀物庫(コーンバーン)」「牧牛舎」のみ。
例年4月29日から11月3日の間に限って見学可能となっています。

詳細情報

住所:札幌市北区北18条西8丁目
電話番号:011-706-2658
アクセス方法:地下鉄南北線「北18条駅」より徒歩10分程度
営業時間:(屋外)8:30~17:00 (屋内)10:00~16:00
定休日:毎月第4月曜日・例年4月29日~11月3日の間のみ見学可能

周辺のおすすめスポット情報

・六花亭北大エルム店
・cafe tone(カフェ・トーン)

百合が原公園

ロマンチックな響きの名前を持つ「百合が原公園」は、昭和58年に開園した札幌市北区にある公園です。
昭和61年に開催された「’86さっぽろ花と緑の博覧会」の会場としても、広く知られています。
園内には温室もあることから、季節を問わず花や緑を楽しむことができる、北海道では珍しい公園です。

百合が原公園のおすすめスポット

昭和天皇の在位50年を記念して造成された「世界の百合広場」には、公園名の由来にもなった100種類のユリの花が育てられています。
札幌市を代表するフラワーパークとしての一面も持ち、ユリ以外にも、チューリップ・ライラックなどの花壇や、展示会や講習会も可能な「温室」、北海道の気候を活かした「高山植物」が栽培されている「ロックガーデン」といった面白い花壇もありますよ。
園内には、他にもパークゴルフ場・遊具広場といった施設も併設されています。

詳細情報

住所:札幌市北区百合が原公園210番地
電話番号:011-772-4722
アクセス方法:JR学園都市線「百合が原」駅より温室まで徒歩7~10分
その他、南北線麻生駅・東豊線栄町駅からも中央バスでアクセス可能
駐車場情報:あり(無料)
営業時間:8:45~17:15
定休日:月曜日(祝日の場合は次の平日)・年末年始
予算:温室・世界の庭園・リリートレイン利用は有料

周辺のおすすめスポット情報

・あいすの城
・太郎茶屋鎌倉 百合が原店

茨戸川緑地

北区の拓北・あいの里エリア、茨戸川に囲まれた細長い形状の敷地に、2014年にオープンしたばかりの「茨戸川緑地」では、豊かな自然が眺められます。
比較的落ち着いた雰囲気の緑地なので、のんびりと景色を楽しむのにピッタリです!

茨戸川緑地のおすすめスポット

緑地内には、「ビオトープ池」「野鳥の森」「水辺の広場」「眺めの丘」「森林浴の森」「草原広場」などがあり、ノゴマやカワセミ、ノビタキをはじめ多くの野鳥が生息しています。
散策路も整備されており、休憩所も所々にあるので、野鳥ウォッチングをしながらの森林浴や、パークゴルフも楽しめますよ。

詳細情報

住所:札幌市北区篠路町拓北298
電話番号:011-778-5751
アクセス方法:東豊線栄町駅から中央バス乗車「あいの里4条3丁目」バス停から徒歩約15分
駐車場情報:あり
営業時間:(管理事務所)7:00~18:00

周辺のおすすめスポット情報

・北海道教育大学札幌校

札幌市北区の夏の絶景まとめ

札幌市北区は、市内に10ある区の中で最も人口が多く、北海道大学・藤女子大学をはじめとした教育機関も多いエリアです。
地下鉄南北線が麻生駅まで走り、JR学園都市線も通っていることから、沿線近くの住宅の人気も高く、麻生駅・北24条駅近辺は特に栄えています。
その反面、北区の北部には、開拓時代の歴史を残す建造物や、北海道らしい自然を感じさせるスポットも多くあるのが魅力です。

The following two tabs change content below.
アバター

Y.Tachibana

札幌生まれ・札幌育ち・生粋の道産子です!ロコから見た道内の魅力をシェアしていきたいと思います。最近は、海外からのお客様が多くなってきていますが、日本の方にもぜひ北海道の魅力を知って、遊びにきていただきたいです!

関連記事

  1. 北海道の夏で感動!札幌豊平区の夏の絶景ポイント4選

  2. 夏の思い出に行ってみよう!札幌中央区の絶景スポット3選

  3. 美しさに息をのむ。札幌市南区の夏の絶景スポット5選

  4. 緑に癒される!札幌市厚別区の夏の絶景4選!

最近のコメント