北海道を代表する桜の名所!松前公園でお花見しよう!

松前公園の桜を紹介します。松前町にある北海道を代表する桜の名所・松前公園では、公園内にある松前城と桜の織り成す景観、250種類10,000本もの桜の作り出す壮大な景観を楽しめます。

北海道を代表する桜の名所!松前公園とは?

北海道に数ある桜の名所の中でも、道南の松前町にある「松前公園」はその規模、美しさ、そして歴史から考えて最も素晴らしいお花見スポットだと言えるでしょう。毎年桜の季節に行われる「松前さくらまつり」には北海道内はもちろん道外、さらに海外からも数多くの観光客が詰めかけ、美しい桜を楽しむ方でにぎわいます。

海沿いの松前町に咲き誇る桜は大変美しく、また「松前城」をはじめとした歴史ある建物と桜の花々とが織り成す景観も素晴らしいものとなっています。晴れた日には、松前城から海を見渡すこともでき、桜と一緒に楽しめます。

道内有数の桜の本数を抱える松前公園は、駐車場の前からすでに美しい桜が咲き誇っています。

松前城と桜の織り成す光景は、まるで一枚の絵画のような美しさです。桜が散る時期には花びらが堀の水辺に落ち、風流な光景を作り出します。

松前公園のアクセス方法・例年の桜の見ごろは?

松前公園は、函館のさらに南側に位置している松前町にあります。かつては松前藩が置かれており、北海道唯一の城下町として知られています。函館市から松前町までは100キロほど離れており、函館市から行く場合にはちょっとしたドライブ気分を味わえることでしょう。

札幌市から松前公園まで行く場合には、かなりのロングドライブとなります。まず中山峠を抜けて豊浦町まで行き、その後国道37号線に乗って八雲町まで南下します。八雲町からは国道277号線に乗って国道229号線へと進み、そのまま引き続いて国道228号線を通ってひたすら南下を続けると松前町に到着します。札幌からの所要時間はおよそ6時間、300キロ以上にも及ぶロングドライブになるため、途中で休憩を挟みながらゆったりと進みましょう。

松前公園の桜の見ごろは、例年4月下旬から5月下旬ごろまでとなっています。松前公園にはおよそ250種類もの桜が植えられており、それぞれ微妙に開花時期が違うために5月下旬まで桜を楽しむことができます。また、散り始めた桜の花びらが松前公園内の池や松前城の堀などに落ちるさまも風流です。

松前町は、北海道で唯一の城下町として栄え、北海道で最も歴史ある町となっています。江戸時代から続く城下町は大火で焼け落ちてしまい、現在では当時の様子を復元した町並みが再現され、一般に公開されています。

公園内をぐるっと一周!松前城周辺に咲く桜の花も見事!

松前公園には、およそ250種類もの桜が10,000本も植えられており、春には一面にピンク色で染まった素晴らしい景観が広がる場所となっています。園内の桜は満開になる時期が微妙に異なっており、5月いっぱいまで桜の美しさを楽しめるのも魅力です。

松前城を中心に整備された遊歩道沿いには、一面の桜並木が連なっています。桜の花々を眺めながら、松前公園を一周し、北海道有数の美しさを誇る「さくらの里」の素晴らしさを満喫してみてはいかがでしょうか。

江戸時代に実際にあった家屋と桜の作り出す光景は、本当に画になります。

エゾヤマザクラ、ヤエザクラ、ソメイヨシノなどお馴染みの種類の他に、北海道内ではあまり見られない品種の桜も植えられています。

この日はちょうど桜が満開になっており、公園内の至る所で素晴らしい美しさの桜を楽しむことができました。ゴールデンウィークの中日であり、園内には数多くの人々が訪れています。

綺麗に花開いた桜の花は美しく、遠くから見ても近くから見ても楽しめます。

桜の木の前には紹介の看板が立てられており、どのような桜なのかがよくわかるようになっています。

松前城と桜。青空の下で桜の花びらもより美しくきらめいています。

松前城からは、海の景観も見渡すことができます。海沿いに広がる桜並木の様子は、息をのむような美しさです。

中心街方向には家々が建ち並び、かつての城下町時代をしのばせるような光景を見ることもできます。

海と桜の織り成す光景も、素晴らしい美しさです。

さくらまつりで、松前の桜と特産品を五感で楽しもう!

松前公園では、毎年ゴールデンウィーク期間から5月中旬ごろにかけて、「松前さくらまつり」を開催しています。開催期間中は土日祝日を中心に様々な催し物が開かれ、また松前町の特産品を利用したグルメなどの屋台も立ち並び、活気を帯びたものとなっています。

松前町は、「松前漬け」の産地としても有名であり、また目の前に広がる太平洋で獲れる海産物も魅力です。桜とともに、松前町の魅力を目で、耳で、舌で、五感で味わってみてはいかがでしょうか。

松前さくらまつりでは、江戸時代に行われていた武者行列や郷土芸能のステージ、歌謡ショーなど様々な催しが行われます。昔ながらの街並みと合わせて、ぜひとも見ておきたいところです。

松前城の裏からの写真です。江戸時代から変わらない光景が、今も目の前に広がります。

遠方から訪れても必ず楽しめる場所となっているため、札幌からロングドライブで足を延ばしても良いでしょう。

咲き誇る桜の美しさは、春の忘れがたい思い出のひとつになるはずです。

松前公園のまとめ

松前公園は北海道有数の桜の名所であり、園内には毎年10,000本の桜が咲き誇る圧巻の光景が広がります。「さくらの里」である松前町は、北海道民ならば一度は訪れておきたい場所だと言えるでしょう。「さくらまつり」で地元のグルメも堪能しつつ、松前城周辺を埋め尽くす桜の美しさを楽しんでみましょう。

The following two tabs change content below.
Ichiro

Ichiro

北海道を旅するライター。北海道内道の駅完全制覇を2017年に達成。北海道内で行ったことがないのはえりも岬のみという自称「北海道マイスター」。

関連記事

  1. 日本最北の道の駅!道の駅 わっかないを紹介!

  2. 星空の綺麗な街。名寄市の観光スポット5選!

  3. 札幌中心部で桜が楽しめる!北海道大学でお花見しよう!

  4. 積丹完全ガイド(ルート・料金・見どころ・周辺の観光スポットなど)

  5. 絵本とアルパカとミニトマトの町!剣淵町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選

  6. 桜と絶景を一緒に楽しもう!手宮公園でお花見しよう!

最近のコメント