意外なあの場所が桜の名所!札幌豊平区のお花見スポット4選

札幌市豊平区のお花見スポットは、「普段意識したことはないけれど場所は知っている」そんな意外な場所にも多くあります。
札幌市内を東西に流れる豊平川を挟んですぐ南側に広がっている豊平区は、地下鉄南北線・東豊線からのアクセスもよく、気軽にお花見に行けるエリアでもあります。
今回はその中から「ちょっと意外な場所にある」お花見スポット4つをご紹介します!

★寒地土木研究所の記事はこちら!★

★天神山緑地の記事はこちら!★

寒地土木研究所敷地内

一見すると、「お花見スポット」とは縁遠い印象を受ける「寒地土木研究所」というスポット名。
その名称のとおり、普段は国立の土木研究施設なのですが、例年、桜の季節になると一般開放されています。
住所から見ると豊平区に含まれますが、「中央区に程近い」というロケーションもあり、毎年大勢のお花見客でにぎわう「桜の名所」のひとつです。

寒地土木研究所敷地内のおすすめポイント

「寒地土木研究所」は、地下鉄南北線中の島駅に近く、徒歩5分程度でアクセスできる恵まれたロケーション。
公共交通機関でも気軽に行けるのも魅力です。
200本の「チシマザクラ」が咲き乱れる様子は、花見の季節のみ見ることが出来る「屋上ライブカメラ」でも楽しめますよ。川の両岸に沿うように植えられている満開の桜は、まさに圧巻です。

★寒地土木研究所を詳しく紹介!★

詳細情報

住所:札幌市豊平区平岸1条3丁目1番34号
電話番号:011-841-1111
アクセス方法:地下鉄南北線 中の島駅から徒歩およそ5分程度
駐車場情報:なし(施設利用のための駐車場はあり)
営業時間:特になし
定休日:特になし

周辺のおすすめスポット情報

・島のらーめんいちまく
・平岸みはらし公園

月寒公園

「日本の都市公園100選」にも選ばれたことがある「月寒公園」。敷地面積がとても広く、子供も大人も楽しめる公園として人気があります。
こちらの公園では、2種類の桜が異なる時期に咲くため、長い間「お花見」が可能です。公園内には、ボートに乗れる池もあるので、桜の時期にはボートからも桜が見られますよ。池に映りこむ桜が、とても幻想的な雰囲気をつくり出すお花見スポットです。

月寒公園のおすすめポイント

月寒公園に咲く桜には、濃いピンクの花を咲かせる「エゾヤマザクラ」と、「イトザクラ」という別名もある「しだれ桜」の2種類があります。先にエゾヤマザクラ、次いでしだれ桜が、相次いで花を咲かせていきます。
また、公園の敷地内には、野球場・テニスコート・パークゴルフ場(こちらの利用は有料です)も揃っている他、秋には紅葉を眺めながらの自然散策も楽しめます。

詳細情報

住所:札幌市豊平区月寒西2~3条4丁目ほか
電話番号:(月寒公園管理事務所)011-818-3150
アクセス方法:地下鉄東豊線「美園駅」下車 坂下駐車場入り口まで徒歩5分(目的の場所により異なります)ほか
駐車場情報:あり(駐車台数に限りあり)
営業時間:特になし
定休日:特になし

周辺のおすすめスポット情報

・月寒神社

森林総合研究所 北海道支所

札幌を代表する観光スポット「羊が丘展望台」の敷地に隣接している「森林総合研究所 北海道支所」は、正式には国の機関施設(独立行政法人)なのですが、その見事な「桜並木」は隠れたお花見スポットとしても有名です。
施設内には、「標本館」「樹木園」「実験林」があり、様々な樹木が見られることから、散策や樹木ウォッチングにも最適です。

森林総合研究所 北海道支所のおすすめポイント

桜の季節には、施設の正門をくぐり抜けると、道の両サイドに見事な「エゾヤマザクラ並木」が続きます。この並木に植えられているエゾヤマザクラは、およそ200本ともいわれています。
森林研究所内では、ほかにも全国的な桜の定番「ソメイヨシノ」のほかにも、珍しい品種である「マンシュウザクラ」も植えられていて、桜を見比べながらの散策も楽しめますよ。

詳細情報

住所:札幌市豊平区羊ケ丘7番地
電話番号:011-851-4131
アクセス方法:北海道中央バス 「西岡3条9丁目」「福住3条9丁目」両バス停から徒歩10分
駐車場情報:GW中のみ駐車場開放(施設より:駐車台数の限りがあるので、公共交通機関利用を推奨)
営業時間:9:00~16:00

周辺のおすすめスポット情報

・羊が丘展望台(敷地は隣り合っていますが、車で数分・徒歩だとかなり時間がかかります)

天神山緑地

札幌市中心部からも程近く、標高85メートルの「天神山」にあるのが「天神山緑地」です。
住宅地に囲まれながらも、緑豊かな自然にあふれ、子供用の遊具なども備えられているので、家族そろって気軽にピクニック!といったプランにもピッタリです。
札幌が開拓された頃の歴史が色濃く残っている平岸エリアにあり、頂上近くにある「展望テラス」からは、札幌市街地や藻岩山も見渡せます。

天神山緑地のおすすめポイント

天神山緑地内には、ヤエザクラ・エゾヤマザクラをはじめとした、300本以上の桜の木が植えられています。2つの桜が咲く時期は多少異なるため、例年GW後半~5月一杯までは、お花見が楽しめます。
山の頂上には、「さっぽろ天神山アートスタジオ」があり、国内外のアーティストが滞在して創作活動ができるようになっており、その作品を鑑賞できる交流スタジオ(有料)も併設されています。

★天神山緑地を詳しく紹介!★

詳細情報

住所:札幌市豊平区平岸1条18丁目1、2条16~17丁目
電話番号:011-851-1681(豊平区土木部維持管理課・土木センター内)
アクセス方法:地下鉄南北線「南平岸駅」又は「澄川駅」から徒歩15分
駐車場情報:25台
営業時間:常時開園
定休日:なし(冬期の駐車場除雪はありません)

周辺のおすすめスポット情報

・相馬神社

札幌市豊平区のお花見スポットまとめ

札幌市豊平区は、開拓時代からの歴史が色濃く残り、国内で最初にヨーロッパ種のリンゴが実ったことなどから、「リンゴ並木」があることでもよく知られています。
区内には、「お花見スポット」だけではなく、「少年よ、大志を抱け」の言葉で有名なクラーク博士像のある「羊が丘展望台」、プロ野球やJリーグの試合・コンサートなどが開催される「札幌ドーム」もあり、新旧どちらの魅力が楽しめるのが大きな魅力となっています。

The following two tabs change content below.
アバター

Y.Tachibana

札幌生まれ・札幌育ち・生粋の道産子です!ロコから見た道内の魅力をシェアしていきたいと思います。最近は、海外からのお客様が多くなってきていますが、日本の方にもぜひ北海道の魅力を知って、遊びにきていただきたいです!

関連記事

  1. 西区の住宅地が桜色に染まる!発寒川緑地でお花見を!

  2. 美しい桜の季節!札幌白石区のお花見スポット3選

  3. 穴場のお花見スポットならここ!美香保公園でお花見しよう!

  4. 場所が違うと花びらの色も違う!札幌東区のお花見スポット!

  5. 手稲区を代表するお花見スポット!前田森林公園とは?

  6. 北海道の春を満喫!札幌市南区のお花見スポット4選

最近のコメント