広大な十勝平野を感じよう!道の駅 さらべつを紹介!


更別村にある道の駅 さらべつを紹介します。険しい日高山脈のふもとにある更別村は、十勝平野にある他の自治体とともに、道東、そして北海道の食糧基地として畑作が盛んな村となっています。道の駅で、気軽に更別村の農産物を楽しみましょう。

十勝平野の雄大さを感じる村・更別村!アクセス方法は?

険しい山々が続く日高山脈のふもとに位置している十勝平野は、北海道の大地を体現したような広々とした平原が広がる場所となっています。十勝平野には農村が数多く存在しており、しばしば「日本のウクライナ」と形容されるように農業が活発に行われている土地でもあります。

十勝平野の面積はおよそ3,600平方キロメートルと広大なものになっています。これは、埼玉県の面積とほとんど同じであり、北海道のスケール感を十分に理解できるものにもなっています。

そんな十勝平野には帯広市を除いて農業が主要な産業になっている町が数多く存在しており、道路を走っていると一面に広がる田畑がどこまでも続いているような景観を楽しむことができます。その十勝平野の南部に位置する小さな村が、今回紹介する更別村です。更別村は人口3,000人ほどの小さな村であり、そのほとんどが農業従事者となっている自治体でもあります。

札幌市から更別村へは、道東自動車道を利用してアクセスするとよいでしょう。札幌から千歳市まで南下してから道東自動車道に乗って、そのまま進んでいって「帯広ジャンクション」で広尾町方向に曲がります。そのまま帯広・広尾自動車道の無料区間を走っていき、「更別IC」で下りれば、更別村に到着することができます。札幌からの所要時間はおよそ3時間で、天気が良い日には温かい日差しを感じながらのんびりとドライブができるでしょう。

十勝平野の様子。このような広大な農地がどこまでも続いていくような光景が、十勝平野では数多く見受けられます。

更別村ではジャガイモや小麦、小豆やインゲン豆などが主な農産物として生産されています。

一面の農業地帯にたたずむドライブスポット!道の駅 さらべつとは?

道の駅 さらべつは、十勝平野の真ん中に位置しているドライブスポットです。周辺には広大な農業地帯が広がり、まさに十勝の魅力を体現したような場所に位置しています。

広々とした駐車場と、巨大なメイン施設「PIPOPA」、そして太陽光発電を行っている広場など、大きな敷地を生かした巨大な施設が数多く建っているのが大きな特徴となっています。

道の駅の駐車場。大型車も停めやすい、広々とした敷地を持っています。

裏手には林が広がっており、野鳥や虫たちの声がやむことなく響き続けています。

十勝平野と更別村のマップ。十勝平野が、いかに大きいかということが分かります。それでも、十勝平野の面積は北海道全体の20分の1にも満たない面積しかないのです。

こちらでは、土日になると新鮮な野菜を直売する青空市も開かれています。

道の駅施設外観。「PIPOPA」とは、電話の「ピポパ」という音から着想した名前であり、十勝平野の重要な情報発信基地としての役割を担っていることを示しています。

施設内ではところ狭しと更別村の農産物や特産品が販売されています。

高速道路などが整備されていなかった1970年代ごろまで、更別村を含む広尾町周辺には「国鉄広尾線」という列車が走っていました。国鉄民営化に合わせて廃線となった広尾線をしのぶ、駅名表示板などが展示されています。

こちらの道の駅では、太陽光発電も盛んに行っています。道の駅施設の隣には、ソーラーパネルが並んでいる広場があり、ちょっとした遊具なども設置されています。

道の駅の目の前!十勝スピードウェイもぜひ見ておこう!

十勝スピードウェイは、更別村にある北海道最大級のサーキット場です。北海道初の国際公認サーキットでもあり、北海道のモータースポーツ、そして日本全国のモータースポーツをリードする存在として親しまれ続けていました。

広大な十勝平野に突如として登場する巨大なサーキット場は、イベントごとが開催されていない時でも迫力満点なものとなっています。道の駅の目の前に位置しているため、時間がある場合にはぜひとも足を延ばしておきたいところです。

道の駅の駐車場にも、スタイリッシュなレーシングカーを運ぶ途中のトラックが停まっていました。

十勝スピードウェイのメインゲート。バブル崩壊後には国内のモータースポーツ自体が縮小傾向となりましたが、現在でもさまざまなレースが週末を中心にこちらで開催されています。

施設外からでも、コースの様子をうかがうことは可能です。

道の駅 さらべつのまとめ

道の駅 さらべつは、十勝平野の広大な大地の中に位置している道の駅です。広々とした敷地内に規模の大きな施設が並んでおり、十勝、そして北海道のスケール感を体現している道の駅だと言えるでしょう。北海道のロングドライブはどうしても疲労がたまりやすく、こまめな休憩が安全運転のカギになります。ぜひとも、十勝平野の真ん中で一休みしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
Ichiro

Ichiro

北海道を旅するライター。北海道内道の駅完全制覇を2017年に達成。北海道内で行ったことがないのはえりも岬のみという自称「北海道マイスター」。

関連記事

  1. 宗谷地方の玄関口!道の駅 おといねっぷを紹介!

  2. 後志地方の中心的な町!道の駅 いわないを紹介!

  3. オロロンラインの北にあるスポット!道の駅 てしおを紹介!

  4. 知床観光の入口!道の駅 パパスランドさっつるを紹介!

  5. ドライブで立ち寄りたい!石狩地方の道の駅5選

  6. 近くて遠い島・国後島を望める!道の駅 おだいとうを紹介!

最近のコメント