THE 北海道な景色を堪能できる!大雪・富良野ルートってどんな道?

観光地ランキング1位に君臨し続けている北海道。そんな大自然あふれる大地のなかでも、特に北海道らしさを感じられるルートがあります。それが「大雪・富良野ルート」。「この景色見たことある!」そんな名スポットもあります。今回は、そんな大雪・富良野ルートについてご紹介します。

大雪・富良野ルートってどんな道?

高くそびえる大雪山と十勝連峰と、ジャガイモなどの農作物とラベンダーが咲き誇る大地。そんな景色が果てしなく広がる「大雪・富良野ルート」。まさに”THE 北海道”な景色を感じられるルートです。
国道237号を走れば、あたり一面がラベンダー色に。そんな北海道らしさ全開のルートは、数々のドラマや映画の舞台になっています。きっと誰しも一度は見たことがあるでしょう。あまりの美しさと迫力に、つい見とれてしまいます。

大雪・富良野ルートの特徴

特徴はなんといっても「景色の彩り」ですね。横を向けば、白さが残る大雪山が。前を見れば、緑あふれる畑が。さらに進めば、ラベンダーや花たちの彩りが。1本の道でこんなにも多彩な景色を見られるのは、大雪・富良野ルートだけ。
ひとたび車から降りれば、透き通った空が広がっています。あまりの空気の美味しさに、深呼吸が止まりません。
また温泉の数も多く、道中にはあなたの体を癒してくれる温泉がたくさんあります。大自然の中でゆったりとした時間を過ごせます。

ルート内の市町村

北海道No.2の都市「旭川」を筆頭に、ラベンダーが有名な富良野市に続きます。その他にも、東神楽町、東川町、美瑛町、上富良野町、中富良野町、南富良野町、占冠村があります。

見どころは?

大雪・富良野ルートの道中には、見どころスポットがたくさんあります!その中でも5つをピックアップしました。気になったところがあればぜひ足を運んでみてください。

ジェットコースターの路

なんだか冒険心をくすぐられるネーミング。国道237号から西11線道路に入ると、この道があります。大きなアップダウンを繰り返す、まるでジェットコースターのような道です。両サイドを見れば、緑あふれる畑が広がっています。

白樺街道

その名の通り、4kmに渡って白樺がずらりと並んだ道。その美しさから「北海道自然100選」にも選ばれた道です。すぐ横には遊歩道もあるので、車から降りて森林浴を楽しむのも良いですね。

パッチワークの丘

「丘の町 美瑛」を代表するスポットです。花や農作物が織りなすカラフルな景色が、まるでパッチワークのように見えることからこう呼ばれています。多くのテレビやCMの舞台にもなっています。きっと「この景色知ってる!」そんな人も多いはず。

かみふらの深山峠アートパーク

十勝岳が目の前に広がる体験型ミュージアムです。花畑や観覧車、地元グルメを楽しめます。なかでも人気は、手作りジェラートです。車の運転に疲れたらぜひ立ち寄ってみてください。

Momscafe(まむーずカフェ)

旭川にある緑に囲まれたカフェ。「クラークホースガーデン」という乗馬体験スポットの中にあります。人工物のない美しい景観の中、のんびりとコーヒーを飲めます。食事もできるので、ランチも兼ねて行ってみるのがオススメです。

まとめ

「大雪・富良野ルート」についてご紹介しました。いかがでしたか?この道には、北海道の良いところがギュッと詰まっています。見て、感じて、食べて、全身で北海道を感じられます。北海道の行ったことのない人はもちろん、北海道民でも意外と知られていないスポットがあります。新しい発見を求めて、ぜひこの道を走ってみましょう。気になったところがあれば、ぜひ足を運んでみてくださいね。

関連記事

  1. 夕張支線の終着点!石勝線・夕張駅に行ってみよう!

  2. さまざまな特色が!オロロンライン・豊富・サロベツを紹介!

  3. 日本最北、最果ての国道。オホーツクラインってどんな道

  4. 廃駅前の姿も!オロロンライン・旧留萌本線を巡ろう!

  5. 留萌本線でも屈指の絶景!オロロンライン・礼受を紹介!

  6. オロロンライン随一の景勝地!雄冬エリアを紹介!

最近のコメント