登別市の中心部!室蘭本線・幌別駅に行ってみよう!

室蘭本線の幌別駅を紹介します。登別温泉から離れ、登別市の中心街に位置している幌別駅は、登別市民の生活の起点となっている駅です。生活に根差した駅の様子を見ておきましょう。

登別市の中心街は、登別温泉からかなり離れた場所にある!

前々回紹介した登別駅は登別温泉の最寄り駅であり、登別市街中心部には位置していません。登別市街の中心部は、登別駅から2駅離れた「幌別駅」の周辺にあります。幌別駅は登別駅から南西方向に10キロほど進んだ場所にあり、かなり市街地から離れた場所にあるのです。

登別市は人口5万人ほどを抱える、北海道内においては中規模の都市です。やはり温泉街のイメージが強く温泉関連で働いている方も数多くいらっしゃいますが、室蘭市が隣接しているために室蘭市から派生して市街地付近には工業地帯も形成されており、工業都市という側面も持った街です。

近年は他の市町村同様に急速に人口を減らし続けており、高齢化の問題も深刻化してきています。

登別市街中心部の様子。国道と反対側に中心街が広がっており、大きなショッピングセンターなども建っています。

国道36号線側の様子。温泉街からかなり離れていますが、この辺りに家を持っている方もいらっしゃいます。

登別市役所。レンガ風の建物が印象的であり、歴史を感じるスポットです。

登別市の本当の中心はここ!幌別駅とは?

室蘭本線の26個目の駅である幌別駅は、登別市中心街に面した街のターミナル駅となっています。観光客は直接登別駅から登別温泉へ向かう場合がほとんどであり、幌別駅は実際に登別市に住んでいる方が利用する「生活のための駅」という側面が強くなっています。

登別温泉で働いている方の多くは登別駅方面に住んでいることが多く、こちらの駅から乗車する方は主に2駅先にある「東室蘭駅」方面への通勤・通学などで室蘭本線を利用しています。

かつて幌別駅では、「幌別鉱山」で金や銀の採掘を行う鉱山労働者の方を乗せて運行する「幌別鉱山軌道」という専用の列車も運行していました。鉱山における生産が頭打ちになったことで、1954年に鉱山軌道は撤去されてしまいました。

東口から見た登別駅外観。近代的な橋上駅舎を備えており、規模自体は大きめの駅となっています。

階段を登って、駅構内へと入っていきます。

駅内部へと通ずる跨線橋の様子。全体的に綺麗に整備がなされています。

西口から見た幌別駅外観。より規模の大きさがよくわかります。デザイン性も抜群です。

西口には大きな駐車場も備えられています。駅前には、登別市街地のメインストリートが走っています。

駅前広場の様子。象徴的な半円形のモニュメントがあります。

芸術的なモニュメントは、登別市のシンボルのひとつです。

駅構内の様子。有人駅であり、みどりの窓口も設けられています。改札は手動です。

待合室には、古めかしいストーブも置かれています。

時刻表。特急も停車します。

高架から見た室蘭・長万部方面の線路。晴れた日には開放的な雰囲気をも感じることができます。

ホームの様子。

ホームから見た駅舎全景。近代的な橋上駅舎です。

駅の向こう側に、登別市街中心部が広がっているのがわかります 。

幌別駅周辺スポット:カナディアンフライドチキン

幌別駅の目の前にあるハンバーガーショップ「カナディアンフライドチキン」は、テイクアウト可能なハンバーガー店のシステムと、落ち着いて食事やおしゃべりができるお洒落なカフェのシステムが混在したお店です。カフェの良さ である居心地の良い空間はそのままに、テイクアウトでハンバーガーなどを買って食べられるという手軽さも持ち合わせています。

こちらのハンバーガーは、なんといっても「カナディアンフライドチキン」を使ったものがおすすめ。特別なスパイスで作ったフライドチキンはとてもジューシーで、大変食べごたえのあるハンバーガーを味わうことができます。もちろん、フライドチキン単体でもテイクアウトすることが可能です。

駅前通りから徒歩2分程度の場所にあり、駅にも近くアクセスしやすいのも特徴です。

店内ではカフェスペースも広々と取られており、ゆったりとしたひと時を過ごすこともできます。

ハンバーガーやフライドチキン関連の商品は全品テイクアウトが可能です。ハンバーグやパスタなど、喫茶店風のメニューも取り揃えられています。

今回は、カナディアンバーガーをテイクアウトで購入しました。

チキンのジューシーさもさることながら、バンズの小麦の風味が豊潤であり、チキンとバンズの相性の良さを強く感じました。トマトソースとレタスがふんだんに入っており、野菜もしっかりと摂ることができます。

幌別駅のまとめ

幌別駅は登別市中心街を統括するターミナル駅であり、立派な橋上駅舎を備えた規模の大きな駅です。登別駅が観光客向けの駅であるのに対し、こちらの駅は地元住民の方々に寄り添ったものとなっており、日々地元の方々の重要な足として列車が運行しています。
室蘭本線も、いよいよ登別市のはずれの方までやってきました。次回は登別市内の最後の駅「鷲別駅」まで、進んでいくことにしましょう。

The following two tabs change content below.
むらはし

むらはし

北海道の鉄道に魅せられた平成世代。北海道に数多くある秘境駅、廃線間近の路線などを巡り、その素晴らしさを伝えたいと思っています。

関連記事

  1. 農村地帯の小さな駅!室蘭本線・安平駅に行ってみよう!

  2. 室蘭本線の日本一の秘境駅・小幌駅へ行ってみよう!後編

  3. 苫小牧の西の外れ!室蘭本線・錦岡駅に行ってみよう!

  4. 室蘭市のターミナル駅!室蘭本線・東室蘭駅に行ってみよう!

  5. ローカルな雰囲気の漂う室蘭支線!輪西駅に行ってみよう!

  6. 岩見沢郊外のローカル駅!室蘭本線・栗丘駅へ行ってみよう!

最近のコメント