室蘭市のターミナル駅!室蘭本線・東室蘭駅に行ってみよう!

室蘭本線の東室蘭駅を紹介します。室蘭市の中心部に位置している東室蘭駅は、室蘭本線の駅の中でもかなり大きな規模を持っています。ターミナル駅としても、室蘭本線の技術的な部分においても、非常に重要な駅です。

室蘭本線は室蘭市に入り、非電化路線へスイッチする!

室蘭本線は前回の鷲別駅を最後に、登別市を抜けて、いよいよ路線の名前の由来でもある室蘭市へと入っていくことになります。室蘭市の東側にある「東室蘭駅」まで、室蘭本線は進んでいきます。

東室蘭駅は、室蘭本線の中でも重要な役割を果たしている駅です。この駅から、室蘭本線は以下の2つのことが変化します。

・再び非電化路線へ

室蘭本線は、非電化路線二つに電化路線が挟まれている、全国的にも特殊な路線のひとつです。苫小牧市の沼ノ端駅から東室蘭駅まで続いてきた電化路線は、東室蘭駅で再度非電化路線へと切り替わります。

・室蘭市内を走る「室蘭支線」への分岐

東室蘭駅から室蘭市内へは、電化路線の「室蘭支線」が室蘭本線から分岐して伸びています。室蘭本線が西側へ進んでいくのに対して、室蘭支線は南西方向へと進んでいく路線となっています。4つの個性あふれる駅を抱えており、終着駅「室蘭駅」へと進んでいきます。なお、室蘭駅へ行く場合にはいったん東室蘭駅で「室蘭行」の列車に乗り換えなければならないことも覚えておきましょう。

このように、東室蘭駅は室蘭本線の中でも非常に重要な駅となっているのです。

おしゃれな駅舎も魅力的!東室蘭駅とは?

室蘭本線の28個目の駅である東室蘭駅は、室蘭市の商業における中心的な場所となっています。室蘭駅以上に、東室蘭の側には人々の生活の拠点が多く存在しています。

東室蘭駅は非常におしゃれな外観の構えであり、規模も大きく、室蘭市随一のターミナル駅として機能しています。利用者も室蘭駅の3倍以上であり、非常に活気にあふれている駅となっています。

周辺にはアパートやマンションなども数多く立ち並んでいます。やや古い雰囲気の建物も多く、活気と寂れた雰囲気が混在しています。

駅から徒歩5分程度の場所には、「イオン室蘭店」も建っています。

駅舎外観。ガラス張りの建物と赤色を大胆に使った配色が目をひきます。

駅舎は大きく、ガラス張りで近未来的な印象です。ガラス張りの部分には、「わたれーる」という愛称がつけられており、2007年に開通した新しい場所です。

わたれーる内部の様子。開放感あふれる建物です。

何本もの線路が複雑に配置されており、一大ターミナル駅となっています。

駅構内は非常に近代的なつくりとなっており、両側の窓から陽光が差し込む関係で、非常に明るい雰囲気となっているのも特徴です。

改札前の様子。東室蘭駅は前述したとおり室蘭本線の中でも重要な役割を担っており、その関係もあって利用客が非常に多い駅となっています。そのため、このように広々としたスペースが設けられており、大勢の乗客がスムーズに往来できるような工夫が施されているのです。

ホームの様子。橋上駅舎の構造がよくわかります。

苫小牧・岩見沢方面の線路。

長万部方面の線路。室蘭支線へも、こちらの方向に分岐していきます。

数多くの線路を抱えるホームも巨大で、壮観な雰囲気すら漂います。

普通列車の他に、特急「北斗」、「スーパー北斗」とL特急「すずらん」が停車します。

東室蘭駅周辺スポット:中島公園

東室蘭駅の西口から出て徒歩3分ほどの場所にあるのが、中島公園です。こちらの公園は多目的広場と「室蘭市体育館」、そして野球場を中心に様々な施設がある、市民のための総合公園となっています。

中島公園は住宅街の一角に位置しており、市民が気軽に体を動かしたり、散歩をしたりして過ごせる場所となっています。発車までの待ち時間の間に、公園を散策して楽しむのも良いでしょう。

中島公園入口。緑あふれる都市公園といった印象です。

緑が多い公園の中心に、多目的広場が存在しています。

遊具も数多く設置されており、家族で楽しく過ごすことができます。

室蘭市体育館も建っており、一般に開放されていることはもちろんのこと、様々なスポーツイベントが開催されています。

遊歩道もあり、ちょっとした散策を行うのも良いでしょう。

東室蘭駅のまとめ

東室蘭駅は、室蘭本線の中でも最も重要な駅のひとつであり、室蘭本線に乗って旅をするのであれば、必ず訪れておきたい場所です。おしゃれな駅舎の外観や、大規模な線路など、駅舎自体も見ごたえのあるものとなっており、鉄道ファンならずともテンションの上がるスポットだと言えます。
室蘭本線はここから西側に進んでいきますが、まずは室蘭市内を南西方向に進んでいく室蘭支線を進んでいくことにしましょう。東室蘭駅の次に位置する「輪西駅」まで、ゆっくりと進んでみましょう。

The following two tabs change content below.
むらはし

むらはし

北海道の鉄道に魅せられた平成世代。北海道に数多くある秘境駅、廃線間近の路線などを巡り、その素晴らしさを伝えたいと思っています。

関連記事

  1. 工業地帯の今昔を見つめ続ける駅!室蘭本線・御崎駅とは?

  2. 室蘭本線ローカル化の入り口!志文駅に行ってみよう!

  3. 高所のホームからの眺めは最高!室蘭本線・崎守駅とは?

  4. 「北の湘南」でひと休み!室蘭本線・伊達紋別駅とは?

  5. 夕張市の入り口にある駅!石勝線・滝ノ上駅とは?

  6. 211キロの果てに見たものは?室蘭本線・長万部駅を紹介!

最近のコメント