モダンな雰囲気の駅舎が特徴!室蘭本線・稀府駅とは?

室蘭本線の稀府駅を紹介します。内浦湾の景観を望めるモダンな雰囲気の駅舎は、周辺に住む方々にとって貴重な公共交通の役割を果たし続けています。近くにある神社にも、合わせて訪れておきましょう。

海沿いを進む室蘭本線!海の景観を楽しみながら列車に揺られよう

室蘭本線は、伊達紋別駅までは一貫して海沿いを進んでいきます。列車の進む内浦湾は「噴火湾」とも呼ばれており、非常に綺麗な円形を描いていることから、当初は火山活動によって誕生したものと考えられていました。しかし研究が進んだ現在では、たまたまこのような形に海岸線が形成されただけだったことが分かっています。

内浦湾の眺めを楽しみながら、列車はゆったりと北上を続けていきます。太平洋の大海原へと続く内浦湾、そして遠くにそびえる有珠山を見て、自然のスケールの大きさを感じながら、次の駅へと向かっていきましょう。

遠くに広がる内浦湾を眺めつつ、ローカル線に揺られて進んでいきましょう。

遠くに見えていた有珠山の姿も、徐々に近づいていきます。

カムイヌプリや稀府岳など、有珠山以外の山々も壮観です。

モダンな雰囲気の小さな駅舎!稀府駅とは?

室蘭本線の32個目の駅である稀府駅は、伊達市中心部の南側に位置している無人駅です。小ぢんまりとした印象の駅でありながら、駅舎自体はモダンな雰囲気を存分に感じられるものとなっています。

稀府駅は伊達市中心部にもほど近い場所にあり、周辺に住宅街も形成されていることから、利用者が比較的多い駅となっています。通勤・通学などのために、1日平均400人程度が有珠山の姿を遠くに望むこの駅から列車に乗り込んでいます。

稀府駅外観。空に突き出るような形の屋根が印象的な建物です。

駅周辺には一戸建てを中心とした住宅街が形成されており、周辺住民の利用客も多くなっています。

なぜか駅の看板には英語表記も見られました。海外からの利用者は少ないと思われるのですが。

駅構内の様子。手狭な空間の中に、簡易的なベンチが置かれた待合室があります。

トイレは、一旦駅舎の外に出てから入る形となります。

ホームの様子。ホームからでは、有珠山の山影が若干見切れてしまいます。

跨線橋はなく、踏切を渡って反対側のホームに行きます。

踏切の真ん中からは、有珠山の山影のほとんどを拝むことができます。見とれているうちに、遮断機が下りてしまわないように注意しましょう。

室蘭方面の線路。向こう側に見えるのは、崎守埠頭です。

反対側のホームから見た駅舎。小ぢんまりとした可愛らしい印象の建物であることが分かります。

強風時など、風をしのぐための簡易的な待合所もあります。

反対側のホームからは、有珠山の山影をしっかりと望むことができます。

内浦湾もすぐ近くにあり、海と山の景観を楽しむことのできる場所です。

稀府駅周辺スポット:稀府神社

稀府駅から徒歩20分程度の場所にあり、まわりを住宅地に囲まれた稀府神社は、地元の方々にとっての安らぎの場です。周辺には小規模な公園も形成されており、子供から大人までこの地域の方々が気軽に集まれる場所となっています。

稀府岳、カムイヌプリなど、遠くに山々の姿を望むことのできるこのエリア一帯は、景観の素晴らしさを楽しみながら生活することのできる場所と言えるでしょう。

小ぢんまりとした鳥居が目印です。

本殿の様子。それほど大きくはなく、木々に囲まれた中で静かにたたずんでいます。

清掃が行き届いており、非常に綺麗な印象の建物です。

周辺は「牛舎川公園」という公園になっています。

開放感のある広場が印象的です。

木々が生い茂る境内周辺は、地元の方々にとっての散歩コースでもあります。

すぐ近くに稀府岳やカムイヌプリなどの山影を望むことができ、非常に環境の良い場所となっています。

遠くに見える有珠山。空気も美味しく、セカンドライフの移住先にとして選ぶのも良いかもしれません。

稀府駅のまとめ

稀府駅は伊達市中心部から若干距離はありますが、周辺に住宅街が形成されていることから比較的利用者の多い駅となっています。また、有珠山以上に稀府岳やカムイヌプリなどの山々の姿を鮮明に見ることができるなど、景観的にも環境的にも非常に優れたエリアが駅周辺に形成されています。
室蘭本線は、引き続き海沿いを進み、さらに海岸線へと近づいていきます。次回は、海岸側にせり出すように進んだ先にある「北舟岡駅」まで行ってみることにしましょう。

The following two tabs change content below.
むらはし

むらはし

北海道の鉄道に魅せられた平成世代。北海道に数多くある秘境駅、廃線間近の路線などを巡り、その素晴らしさを伝えたいと思っています。

関連記事

  1. 北炭夕張新炭鉱の跡地も見よう!石勝線・南清水沢を紹介!

  2. 岩見沢郊外のローカル駅!室蘭本線・栗丘駅へ行ってみよう!

  3. 北海道4番目の都市!室蘭本線・苫小牧駅に行ってみよう!

  4. シューパロ湖にも足を延ばそう!石勝線・清水沢駅とは?

  5. ローカルな雰囲気の漂う室蘭支線!輪西駅に行ってみよう!

  6. 穴場の絶景「エントモ岬」も!室蘭本線・長和駅とは?

最近のコメント