石勝線の起点駅!南千歳駅に行ってみよう!

石勝線の駅・南千歳駅を紹介します。新千歳空港もある千歳市のターミナル駅であり、夕張、苫小牧へとJRがつながるための重要な駅となっています。空港の近くであるため、飛行機の姿なども見ることができますよ。

炭鉱の名残と石狩空知の平野を巡る旅は、この駅からスタート!

石狩平野と空知平野を東西に切り裂くように走っている石勝線は、千歳駅から若干南側、新千歳空港の手前にある「南千歳駅」からスタートします。南千歳駅は札幌から約40キロ、快速エアポートで約30分で到着する千歳市にあります。

千歳市は人口10万人近くを抱える、札幌周辺における代表的な街のひとつです。新千歳空港に加えて航空自衛隊の巨大な基地を抱える千歳市は、北海道でも有数の「航空の街」として、札幌市の衛星都市にとどまらない役割を担っています。

この駅は、以前は千歳空港との連絡口として重要な役割を果たしていました。新千歳空港駅が開業した現在、快速列車「エアポート」で新千歳空港に向かう方の大多数は「南千歳駅を飛ばしてくれれば3分ほど札幌~新千歳間の所要時間が早くなるのに」と思っていることでしょう。

しかし、南千歳駅は新千歳空港駅が開通したあとも重要なターミナル駅のひとつとして確固たる地位を保っており、札幌方面、夕張方面、そして苫小牧方面へと列車をつなぐ重要な基幹駅として機能し続けているのです。

南千歳駅外観。ターミナル駅である南千歳駅は、今後も路線転換などの際に重要な役割を果たし続けていきます。

3路線が切り替わる重要なターミナル駅!南千歳駅とは?

石勝線の最初の駅である南千歳駅は、JR千歳線、新千歳空港駅へ通じる千歳線支線、そしてJR石勝線の3路線が乗り入れるターミナル駅です。空港まで目と鼻の先であるということもあり、周辺には空港関連の駐車場や大型商業施設などが位置しています。住宅は少なく、空港の敷地が目の前にあるため、非常に広々とした印象の場所になっています。

3路線が乗り入れていることもあって、ホームや線路の面積は千歳市の中心駅である千歳駅よりも広い印象があります。また、快速エアポートをはじめ特急列車などが休むことなく発着している駅となっています。駅舎も大きく、国道36号線をまたぐ巨大な歩道橋がかかっていることにより、近代的な印象を与える駅だと言えるでしょう。

南千歳駅。高架駅であり、千歳の街の規模を考えると非常に先駆的な印象の建物です。

3路線が行き交い、特急も頻繁に停車する駅であるため、ホームも広々としています。

駅と国道36号線の間には「アルカディア自由通路」という通用口があり、ここを通って駅にアクセスすることができます。

通路の入り口。

天井からの採光もあり、開放的な印象の通路が続きます。

通路から見下ろした国道36号線。

駅構内の様子。設備も新しく、広々としていて利用しやすい場所です。

ホームへのエントランスの様子。

時刻表。快速エアポートや特急列車が多数発着することが分かります。

新千歳・夕張方面の線路。ここから、石勝線の旅が始まります。

ホームには、石勝線の起点であることを示す石碑があります。

南千歳駅周辺スポット①:千歳アウトレットモール・レラ

南千歳駅のすぐ隣に位置している「千歳アウトレットモール・レラ」は、ファッションを中心にアウトレット品が数多く取り揃えられているショッピングモールです。国内外の有名ブランドのアウトレット専門店が一堂に会している場所であり、札幌周辺からの買い物客はもちろん、新千歳空港に降り立った海外からの観光客で日々賑わいを見せている場所になっています。

ファッションだけでなく、北海道ラーメンを中心に様々な飲食店がそろった「Food Forest」や、イベントスペースなども用意されています。家族で半日から一日中楽しむことができる、千歳の新しい観光スポットのひとつです。

大きな看板が目印になっているため、南千歳から降りてすぐに見つけることができます。

モール内は大部分が光の降り注ぐ屋根で覆われており、全天候型の施設になっていることも特徴です。

可愛らしいお店や子供たちが喜ぶお店も多く、家族で楽しめます。

イベントなどが行われる広場もあります。

南千歳駅周辺スポット②:新千歳空港

南千歳駅は、目の前に空港がある駅でもあります。空港から常に飛行機が離発着しているため、迫力ある飛行機の姿を眺められる場所です。さらに併設する航空自衛隊千歳基地から戦闘機が高い頻度で飛び立っているため、ジェット機の轟音とスピード感を間近で観察することもできます。

南千歳駅からタクシーで新千歳空港のターミナルビルへ行くことも容易であり、飛行機に乗らなくても空港施設で楽しい時間を過ごすことが可能です。時間に余裕がある場合は、ぜひこちらにも足を延ばしてみましょう。

⑰ 巨大な飛行機が大空へ飛び立つ姿を間近に見ることができます。

⑱ 空港のターミナルビルから、滑走路の様子をぼんやり観察するのも良いでしょう。

南千歳駅のまとめ

南千歳駅は石勝線の起点としてだけではなく、札幌からの列車や苫小牧方面への列車を交換するための重要な拠点となっている駅です。道央・道南・道東と北海道の3方向へ人や物資を輸送するために、欠かせない役割を担い続けています。
南千歳駅から、道東方面へ向けて石勝線の旅が始まります。次の駅は、17キロほど東へ進んだ場所にある「追分駅」です。

The following two tabs change content below.
むらはし

むらはし

北海道の鉄道に魅せられた平成世代。北海道に数多くある秘境駅、廃線間近の路線などを巡り、その素晴らしさを伝えたいと思っています。

関連記事

  1. 北炭夕張新炭鉱の跡地も見よう!石勝線・南清水沢を紹介!

  2. 極寒の小さな村!石勝線・占冠駅へ行ってみよう!

  3. 再びローカル線の雰囲気が!室蘭本線・社台駅とは?

  4. 登別市の中心部!室蘭本線・幌別駅に行ってみよう!

  5. 巨大なカニの看板はインパクト大!室蘭本線・虎杖浜駅とは?

  6. 室蘭本線ローカル化の入り口!志文駅に行ってみよう!

最近のコメント