ケーキからおやきまで!札幌白石区のおすすめのスイーツ6選

北海道では、小麦や小豆、牛乳などスイーツの素材が豊富に生産されています。その新鮮な素材を使って道内各地でオリジナリティーあふれる美味しいスイーツが、作られている北海道はまさにスイーツ王国です。今回は、札幌市白石区から美味しいと評判の和洋のスイーツ店を厳選して6店ご紹介します。

スイートオーケストラ わらく堂 本店

「スイートオーケストラわらく堂」は、白石区栄通に本店を構えるスイーツショップです。本店は地下鉄南郷7丁目駅から歩いて10分の場所にあります。地産地消にこだわり厳選した北海道の素材を使った美味しいスイーツを提供していて、全国の百貨店で開催される北海道物産展では行列の絶えない人気店です。

スイートオーケストラ わらく堂 本店のおすすめポイント

「スイートオーケストラわらく堂」のおすすめ商品は、北海道加工食品コンクール最優秀賞(北海道知事賞)を受賞したもちのようにのびる不思議な食感のチーズケーキ「おもっちーず」です。もち粉と北海道産の濃厚なクリームチーズや生クリームなどを使っていて、つきたてのお餅のようにやわらかく伸びるチーズケーキです。

詳細情報

住所:札幌市白石区栄通7丁目6-30
電話番号:011-853-3126
アクセス方法:札幌市営地下鉄東西線「南郷7丁目」駅より徒歩10分
駐車場:あり
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日・木曜日(祝祭日除く) 元日休業
予算:~1,000円
カード:使用可

周辺のおすすめスポット情報

・モリモリエンヂニアリング
・包包(パオパオ)

ビーネマヤ (Bien Maja)

「ビーネマヤ」は、地下鉄南郷7丁目駅から徒歩8分程、水源地通沿いにあります。店名の「ビーネマヤ」は、ドイツ語で“みつばちマーヤ”を意味します。白い外観の建物に入ると店内は、その名前の通り童話の世界を思わせるようなメルヘン調のかわいらさです。

ビーネマヤ (Bien Maja)のおすすめポイント

「ビーネマヤ」のスイーツは、スイスやドイツの伝統菓子に新たなアイディアやアレンジを加えた基本を忠実に守りながらも新鮮な感覚のお菓子。スパイスを効かせた伝統的なドイツの焼き菓子など、札幌では珍しいスイーツも並んでいます。おすすめの商品は、道産の卵と牛乳を使用したぷるんとした舌ざわりのプリン「クレームビーネ」です。素直で優しい味にハチミツを感じることができるプリンです。

詳細情報

住所:札幌市白石区本通7丁目南7番27号 ハイム・ミント 1F
電話番号:011-862-4554
アクセス方法:札幌市営地下鉄東西線「南郷7丁目駅」から徒歩で約8分
駐車場:あり
営業時間:10:00~20:00
定休日:火曜日
予算:~2,000円
カード:使用不可

プランテーション (Plantation)

「プランテーション」は、地下鉄菊水駅の4番出口から徒歩10分。倉庫をリノベーションしたカフェで、札幌で人気の「森彦」の系列のお店です。倉庫そのままの外観と異なり店内は、斬新でスタイリッシュな雰囲気。広い店内にはコーヒーの香りが漂い、ゆったりと過ごせる空間になっています。

プランテーション (Plantation)のおすすめポイント

「プランテーション」のおすすめスイーツは「本日のケーキ」。すべて手作りのケーキが、季節ごとに楽しめます。ベイクドチーズケーキは濃厚な味で人気のメニューです。また、バニラアイスとコーヒージュレを重ねたパフェも甘さと苦さのバランスが絶妙でおすすめです。

詳細情報

住所:札幌市白石区菊水8条2丁目1-32
電話番号:011-827-8868
アクセス方法:札幌市営地下鉄東西線「菊水駅」4番出口から徒歩10分
駐車場:あり
営業時間:11:00~20:00
定休日:年末年始
予算:~2,000円
カード:使用可

周辺のおすすめスポット情報

・リファインド(REFINED)

菓子工房 ら・ねぇーじゅ (La Neige)

「菓子工房 ら・ねぇーじゅ」は地下鉄東西線南郷7丁目駅から歩いて5分の南郷通商店街にあるスイーツ店。店名の「ら・ねぇーじゅ」はフランス語で雪の意味で、1994年にオープンした地元のお客さんに支えられる老舗の洋菓子店です。

菓子工房 ら・ねぇーじゅ (La Neige)のおすすめポイント

「菓子工房 ら・ねぇーじゅ」は、北海道産の新鮮で安全な素材を使い、丁寧に手作りされたケーキが評判です。また、似顔絵やキャラクターのオリジナルのデコレーションケーキを色々作ってくれます。子供の誕生日などの記念になると人気です。

詳細情報

住所:札幌市白石区本郷通7丁目北1-26
電話番号:011-862-7371
アクセス方法:札幌市営地下鉄「南郷7丁目駅」から徒歩で約5分
駐車場:なし
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休
予算:1,000円~2,000円

周辺のおすすめスポット情報

・花紀水
・天海屋

スウィーツカフェ AMU CHOCO (スウィーツカフェ アムチョコ)

「スウィーツカフェ AMU CHOCO」は、編み物などの手作り体験ができるカフェです。お店は、地下鉄東西線「東札幌駅」から徒歩7分の場所にあります。店名は、編む+チョコでアムチョコ。パティシエを勤めるのはお姉さんでハンドメイド担当が妹さん。そして編み物教室の講師は、お二人のお母様!という親子が営むカフェです。

スウィーツカフェ AMU CHOCO (スウィーツカフェ アムチョコ)のおすすめポイント

「スウィーツカフェ AMU CHOCO」のカフェには、季節の食材を使い素材の味を生かした甘さ控えめのケーキが常時10~13種類並んでいます。店内にはイートインスペースがあり、お好きなケーキとドリンクをセットにして店内で楽しめます。また季節のパフェや、本日のスイーツプレートなど、カフェ限定メニューもおすすめです。

詳細情報

住所:札幌市白石区東札幌1条1丁目7-32
電話番号:011-833-0208
アクセス方法:札幌市営地下鉄東西線「東札幌駅」から徒歩7分
駐車場:あり
営業時間:11:00〜19:00
定休日:月曜日・火曜日
予算:~2,000円
カード:使用不可

おやきの平中

「おやきの平中」は地下鉄東西線菊水駅から歩いて9分程の場所にある、昭和33年創業の知老舗おやき専門店です。半世紀以上も変わらぬ味のおやきには、厳選された北海道産小豆を使用し、長時間かけて丹念に練り上げた完全自家製の「つぶあん」がぎっちり詰まっています。

おやきの平中のおすすめポイント

「おやきの平中」のおやきは、創業以来変わらぬ味の「あん」、そしてチョコ、クリーム、ハンバーグ、マヨネーズと定番から意外な味まで、1個90円と120円の買いやすい価格で揃っています。特におすすめは、ハンバーグで牛肉100%にデミグラスソースで人気です。また、クリームチーズ使用のマヨチーズも是非一度食べて欲しい絶品おやきです。

詳細情報

住所:札幌市白石区菊水7条2丁目1-2
電話番号:011-821-2645
アクセス方法:札幌市営地下鉄東西線「菊水駅」から徒歩9分
駐車場:あり
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日・祝日
予算:~1,000円

舎かたやま

「舎かたやま」は、地下鉄「菊水駅」から歩いて6分ほどの場所、大門通り沿いにあるにある和菓子店です。大福餅やお団子などの餅系の和菓子が美味しいと口コミで広まり、今では遠くからも話題の和菓子を買い求めにくるお客さんが押し寄せる人気店です。

舎かたやまのおすすめポイント

「舎かたやまのおすすめ」で一番人気の商品は、毎年1~2月に期間限定で販売されるイチゴの王者のあまおうがすっぽり包まれた贅沢な「いちご大福」です。午後には売り切れ必至の人気商品なので早めにお店に行くことをおすすめします。また、昆布を使った昆布大福も塩味と餡子の甘さが絶妙にあって美味しいと人気の商品です。

詳細情報

住所:札幌市白石区菊水5条2丁目2-1
電話番号:011-815-3901
アクセス方法:札幌市営地下鉄東西線「菊水駅」から約6分
駐車場:なし
営業時間:9:30〜19:00
定休日:日曜日・祝日
予算:~1,000円
カード:使用不可

札幌市白石区のおすすめのスイーツ6選のまとめ

いかがでしょうか?スイーツと一言で言っても、お洒落でかわいいケーキや昔ながらの作り方を守る伝統的な和菓子などたくさんの種類がありますね。また、カフェの店内でコーヒーと一緒に味わったり、自宅でゆっくり楽しんだり、お土産にと利用シーンもいろいろ。是非、たっぷりと美味しいスイーツを楽しんでくださいね。

The following two tabs change content below.
アバター

torakichi

北海道大好きな道産子ライター。北海道の観光と食の情報を発信しています。資格:北海道観光マスター、北海道フードマイスター、日本酒ナビゲーターなど、好きな食べ物:旭川ラーメン、焼鳥、お寿司、趣味:一人で呑み歩き

関連記事

  1. 手土産にも良し!札幌市手稲区のおすすめスイーツ5選

  2. ひまわりの里!雨竜郡北竜町で巡りたいおすすめグルメ4選

  3. 幸せなスイーツタイム!札幌市厚別区のおすすめスイーツ4選

  4. 色鮮やかな可愛らしいスイーツが並ぶお店!札幌市西区のおすすめスイーツ店7選

  5. 奥尻町でたっぷり巡りたい!魅力満載の観光スポットと絶品おすすめグルメ7選

  6. イートイン?持ち帰り?札幌市北区のおすすめスイーツ7店

最近のコメント