稚内市で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ9選

稚内市は日本最北の街です。宗谷海峡を挟んで東はオホーツク海、西は日本海、北には宗谷海峡と三方を海に囲まれ、宗谷岬の43㎞先にはサハリンがあり天気の良い日には、その島影を望むことができます。その宗谷岬にある「日本最北端の地の碑」など観光スポットも多く、また豊かな北の海から水揚げされた新鮮な海の幸などグルメも魅力的です。今回は、そんな稚内市の巡りたい観光スポットとおすすめグルメをご紹介します。

1.宗谷岬

「宗谷岬」は、日本で最も北に位置する岬で、その先端には北緯45度31分22秒と書かれた「日本最北端の地の碑」が建っています。高さ45mの記念碑は、北極星の一稜をモチーフにして、中央には北を示す「N」、円形の台座は「平和と協調」を表しています。

宗谷岬のおすすめポイント

「宗谷岬」の「日本最北端の地の碑」に立つと、正面には約43㎞先のサハリンが見え、左右と前の三方を海に囲まれ、日本の最も北に立っていることを実感できます。「日本最北端の地の碑」の前では記念撮影をする観光客も多く人気の撮影スポットになっていて、近くのお土産店では「最北端到達証明書」が販売されていています。

■住所
北海道稚内市宗谷岬
■電話番号
0162-23-6161 稚内市役所 建設産業部観光交流課
■アクセス方法
JR稚内駅のバスターミナルからバスで約50分
■駐車場
あり
■営業時間

■定休日

■予算

■カード

周辺のおすすめスポット

・宗谷岬展望台

2.稚内港北防波堤ドーム

「稚内港北堤防ドーム」は、JR稚内駅の北東500mの位置のある「北海道遺産」にも指定された稚内市のシンボル的建造物です。「稚内港北堤防ドーム」は、稚内港の防波堤としての役割に加え、稚内と樺太を結ぶ稚泊連絡船の乗客を風や波から守る目的で5年の歳月をかけ昭和11(1936)年に作られました。その後、昭和56(1981)年に原形のまま全面改修が行われました。

稚内港北防波堤ドームのおすすめポイント

「稚内港北堤防ドーム」の周辺は整備され公園になっているので、夏には北海道をバイクで旅するライダーたちがドーム内にテントを張って寝泊りする姿が見られます。「稚内港北堤防ドーム」や公園では様々なイベントが行われ、特に8月に開催される「最北端・食マルシェ」には稚内を中心に宗谷管内の農畜産物や新鮮な魚介類などのグルメが揃い、多くの人で賑わいます。

■住所
北海道稚内市開運1
■電話番号
0162-23-6161 稚内市役所 建設産業部観光交流課
■アクセス方法
JR稚内駅から徒歩約5分
■駐車場
あり
■営業時間

■定休日

■予算

■カード

周辺のおすすめスポット

・稚泊航路記念碑

3.ノシャップ岬

「ノシャップ岬」は、「岬が顎のように突き出したところ」や「波の砕ける場所」を意味するアイヌ語の「ノッ・シャム」が語源と言われる、宗谷湾を「宗谷岬」と囲うように突き出た岬です。JR稚内駅から車で15分ほどと近く、多くの観光客が訪れる、稚内の人気観光スポットです。

ノシャップ岬のおすすめポイント

「ノシャップ岬」は、夕陽が美しい場所として知られ、夕暮れ時には海を真っ赤に染めて水平線に太陽が沈む感動的な景色を楽しむことができます。また日中の晴れた日には、利尻富士がそびえる利尻島や花の浮島と言われる礼文島、そしてサハリンの島影も一望できます。

■住所
北海道稚内市ノシャップ2
■電話番号
0162-23-6161 稚内市役所 建設産業部観光交流課
■アクセス方法
JR稚内駅からバスで約15分
■駐車場
あり
■営業時間

■定休日

■予算

■カード

周辺のおすすめスポット

・稚内市立ノシャップ寒流水族館

4.稚内市立ノシャップ寒流水族館

「ノシャップ岬」には、日本最北端の水族館である「稚内市立ノシャップ寒流水族館」があります。北の冷たい海に暮らす100種約1,500点の魚類や哺乳類などが飼育、展示されています。水の量が90tという巨大な回遊水槽には、幻の魚と言われる巨大魚イトウをはじめ、北海道の海でよく見られるソイやカレイ、ホッケなどの様々な魚が泳いでいます。

稚内市立ノシャップ寒流水族館のおすすめポイント

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」では、アザラシのエサやり体験が人気です。屋外にあるアザラシプールで、間近からアザラシがエサをおねだりする姿や食事する様子を楽しむことができます。また、アザラシのペンギンのショーも1日2回行われていて子供連れに人気です。

■住所
北海道稚内市ノシャップ2丁目
■電話番号
0162-23-6278
■アクセス方法
JR稚内駅からバスで約15分
■駐車場
あり
■営業時間
4月29日~10月31日 9:00~17:00  11月1日~3月31日 10:00~16:00
■定休日
12月1日~1月31日 4月1日~4月28日
■予算
入館料 一般・高校生・大学生 500円 小・中学生 100円

周辺のおすすめスポット

・恵山泊漁港公園

5.氷雪の門

「氷雪の門」は、稚内港を見下ろす高台にある稚内公園に立つ慰霊碑で、かつては日本の領土だった樺太への望郷の思いと、樺太で亡くなった人たちへの慰霊のためにに昭和38年(1963)8月に建立されました。慰霊碑の設計と製作は札幌市出身の彫刻家、本郷新氏によるもので、高さ8mの望郷の門と、敗戦の失意から再びたくましく立ち上がった人を象徴する高さ2.4mの女性像からなります。

氷雪の門のおすすめポイント

「氷雪の門」がある稚内公園は、隣接する森林公園と合わせ約100ヘクタールの広大な広さがあり、稚内市民の憩いの場となっています。5月の中旬にはエゾヤマザクラやヤエザクラが咲き、道北の桜の名所として遅いお花見が楽しめます。また公園内には樺太へのソ連軍侵攻に際し、自決した電話交換手の女性9名を英霊として顕彰する「九人の乙女の像」もあります。

■住所
北海道稚内市稚内公園
■電話番号
0162-23-6161 稚内市役所 建設産業部観光交流課
■アクセス方法
JR稚内駅から車で約10分
■駐車場
あり
■営業時間

■定休日

■予算

■カード

周辺のおすすめスポット

・稚内公園

6.道の駅わっかない

「道の駅わっかない」は、稚内市にある日本最北の道の駅です。国道40号線沿いのJR稚内駅から車で1分の場所あり、周辺には北海道遺産に指定されている「稚内港北防波堤ドーム」や稚内とサハリン間を運航していた連絡航路の記念碑「稚泊航路記念碑」などの観光スポットがあり稚内観光の拠点として便利な施設です。

道の駅わっかないのおすすめポイント

「道の駅わっかない」の館内1階には、稚内や宗谷管内、道内の農産品加工品や水産加工品などの商品がならぶショップ「ワッカナイセレクト」があり、お土産を選ぶのにおすすめです。またスイーツが並ぶ「キタカラカフェ」もあります。2階にはボールプールやロッククライミングで遊べるキッズルームがあり無料で利用することができ子供連れに人気です。

■住所
北海道稚内市開運2丁目
■電話番号
0162-29-0277
■アクセス方法
JR稚内駅から車で約1分
■駐車場
あり
■開館時間
5:00~24:00 観光案内所 10:00~18:00
■定休日
年末年始
■予算

■カード

周辺のおすすめスポット

・稚内港フェリーターミナル

7.樺太食堂

「樺太食堂」は「ノシャップ岬」から近い場所にお店がある海鮮料理が人気の食堂です。店内は壁や天井、トイレにまでお店に来て食事した人が書いたメッセージがいたるところに貼られています。それを見ただけで人気のお店であることがわかります。

樺太食堂のおすすめポイント

「樺太食堂」の店主は漁師さんなので、お店で使われる魚介の鮮度や美味しさは折り紙付き。特に6月から8月のウニ漁の時期にだけ食べられるうに丼は、お店の外の看板に「無敵の生うに丼」と書かれている通り、他では食べることができない美味しさとウニの量です。わざわざ「樺太食堂」のうに丼を食べる為だけに稚内を毎年訪れる人もいるほどの人気です。

■住所
北海道稚内市ノシャップ2-2-6
■電話番号
0162-24-3451
■アクセス方法
宗谷バス声問線ノシャップから徒歩約5分
■駐車場
あり
■営業時間
8:00~日の入り
■定休日
不定休
■予算
2,000円~6,000円
■カード

周辺のおすすめスポット

・ あきかわ屋

8.間宮堂

「間宮堂」は宗谷岬の近くにあるラーメンやカレーライス、海鮮丼が人気の食堂です。店内はカウンター席、テーブル席、小上がり席合わせて60席と広く、海側に置かれた5人掛けのテーブル席からは宗谷海峡を見ながら食事を楽しむことができます。有名人も多く訪れる人気のお店で店内の壁にはサイン色紙がたくさん飾られています。

間宮堂のおすすめポイント

「間宮堂」のおすすめメニューは、元祖ともいわれる「帆立ラーメン」です。「ホタテラーメン」は塩と醤油の味が選べますが人気は「塩」。スープにはホタテがトッピングされ、魚介系の風味豊かでありながらもあっさりとしたラーメンです。また「帆立カレーライス」も人気です。

■住所
北海道稚内市宗谷岬4-1
■電話番号
0162-76-2453
■アクセス方法
JR稚内駅から宗谷バスで約50分
■駐車場
あり
■営業時間
10:00~16:00 季節や天候で変動有り
■定休日
不定休
■予算
~1,000円
■カード
使用不可

周辺のおすすめスポット

・宗谷岬流氷館

9.炉端 蝦夷の里

「炉端 蝦夷の里」は稚内の新鮮な海の幸を炉端焼きで食べられる人気のお店。場所はJR稚内駅から歩いて5分と、地元の人や駅前のホテルで宿泊する観光客で連日賑わいます。店の入り口には「食事の店ではありません。場末の飲み屋です」の手書きの看板に逆にこだわりを感じさせます。

炉端蝦夷の里のおすすめポイント

「炉端 蝦夷の里」のおすすめは、もちろん獲れたて新鮮な海の幸。イカやホッケ、ニシン、カレイ、サンマ、シシャモなど稚内や道内の港で水揚げされた新鮮な魚介を炭火焼で楽しめます。また、イカやホタテ、ホッキ貝などのお刺身もおすすめ。また、ウニ漁の時期には、濃厚な甘さの宗谷産のエゾバフンウニがメニューに並びます。

■住所
北海道稚内市中央2-7-9
■電話番号
0162-23-3581
■アクセス方法
JR稚内駅から徒歩約5分
■駐車場
なし
■営業時間
18:00~23:30
■定休日
日曜日・祝日
■予算
3,000円~5,000円
■カード
使用不可

周辺のおすすめスポット

・鉄板串焼きじゅうべい

まとめ

いかがでしたか?今回は日本最北端の街「稚内市」の巡りたい観光スポットとおすすめグルメをご紹介しました。稚内市へは東京から飛行機で1時間45分。札幌からはJRで5時間と最北の街ゆえ決して近くはありませんが、それでも行きたくなるような魅力的な観光スポットとグルメが揃っています。記事を参考に、ぜひ稚内の観光を楽しんでくださいね。

関連記事

  1. シーニックバイウェイとは?

  2. 絶対に食べたい!札幌手稲区のおすすめイタリアン5選

  3. 手土産にも良し!札幌市手稲区のおすすめスイーツ5選

  4. 本格的な味わいを!札幌南区のおすすめ中華料理店6選

  5. 夕張支線の終着点!石勝線・夕張駅に行ってみよう!

  6. 積丹ブルーの海と山々に囲まれた美しい村。泊村の観光スポット5選!

最近のコメント