パワースポット!開拓を見守ってきた札幌手稲区の神社3選

札幌市手稲区は、手稲山をはじめ山々が連なり石狩湾からも近いことから、山と海の両方の自然に囲まれた地域です。この手稲の歴史は明治4年に発寒村から分離して手稲村を開村したことにはじまります。その頃には、12の神社がありましたが、現在の手稲区には手稲神社、星置神社、山口神社が各地域の氏神様として祀られています。今回は、そんな手稲区の神社3つをご紹介します。

手稲神社

「手稲神社」は、JR手稲駅から徒歩で3分程の場所にあります。
手稲村は開村したころ、開拓移住者は札幌神社(現北海道神宮)に参拝していましたが、冬や農繁期などの時期は参拝が大変なため、地元手稲に札幌神社を遥拝する小祠を建立しました。それが手稲の総鎮守である手稲神社です。

手稲神社のおすすめポイント

「手稲神社」の御祭神には、三柱の主祭神と四柱の相殿神の合わせて七柱の神様が祀られえおり、学業や安産などのご利益があると言われています。
また、手稲山の山頂にある北海道で最も高い場所にあう神社「手稲神社奥宮」の「願い石」に、手稲神社の本社でいただいた「叶い石」を重ねて願うと、御神徳が吹き込まれて特別な御守りになると言われています。

詳細情報

住所:北海道札幌市手稲区手稲本町2条3丁目4-25
電話番号:011-681-2764
アクセス方法:JR北海道函館本線「手稲駅」から徒歩で約3分
駐車場:あり(無料 25台)
参拝時間:終日開放
定休日:なし

周辺のおすすめスポット情報

・手稲バル MELLDIES
・Cookin’Pierrot

星置神社

「星置神社」は、JRほしみ駅から徒歩で約10分の場所にあります。明治20年に木造の祠を建立して、開拓民が移住してきた時に郷里より奉持した御祭神をお祀りして、村の安泰と発展を祈願したのが「星置神社」の始まりです。国道5号線沿いの高台にあって、天気の良い日は境内から石狩湾を見ることができます。

星置神社のおすすめポイント

「星置神社」には、「むすびの銀杏」と呼ばれる夫婦の2本の銀杏の御神木があります。古くから恋愛や夫婦仲の願いが叶うといわれ、縁結びの御神木として信仰されています。
また、「むすびの銀杏」に触って神社を参拝すると、子宝に恵まれ、安産で元気に子供が育つということから「子宝の銀杏」「子授けの銀杏」とも呼ばれています。

詳細情報

住所:北海道札幌市手稲区星置1丁目8-1
電話番号:011-685-6770
アクセス方法:JR北海道函館本線「ほしみ駅」から徒歩で約10分
駐車場:あり
営業時間:9:00~17:00
定休日:無休

周辺のおすすめスポット情報

・フラゴーラ

山口神社

「山口神社」はJR星置駅から徒歩で約14分。国道337号線沿いにあり、周りは畑の静かな場所にあります。
明治18年に山口県から移住してきた人たちが、この場所に伊勢神宮の遥拝所を設けたのが「山口神社」の始まりです。境内には、「大師堂」と開拓記念碑、農耕馬や軍馬の慰霊のために建立された「馬頭観世音」があります。

山口神社のおすすめポイント

「山口神社」の御祭神は、日の神として仰がれ伊勢神宮に祀られていて皇室と国民の崇敬の中心とされている「天照大御神」と、伊勢神宮外宮の御祭神で、生命の糧となる食物をつかさどる豊受大神です。毎年9月の第三日曜日には例大祭が行われ、壮大な山口風雪太鼓が披露されます。

詳細情報

住所:北海道札幌市手稲区山口552番地1
電話番号:011-681-2764(連絡先:手稲神社)
アクセス方法:JR北海道函館本線「星置駅」から徒歩で約14分
駐車場:あり
参拝時間:終日開放
定休日:なし

札幌市手稲区の神社のまとめ

今回ご紹介した手稲神社、星置神社、山口神社のいずれも、明治の時代に険しい環境を克服しながら田畑を開墾して、町の礎を作ってきた開拓者たちのたゆまぬ努力を見守り発展を支えてくれた神様が祀られている神社です。それぞれ御利益もありますし、神社のその場所がパワースポットにもなっていますので、参拝してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
アバター

torakichi

北海道大好きな道産子ライター。北海道の観光と食の情報を発信しています。資格:北海道観光マスター、北海道フードマイスター、日本酒ナビゲーターなど、好きな食べ物:旭川ラーメン、焼鳥、お寿司、趣味:一人で呑み歩き

関連記事

  1. 境内の散策におすすめ!自然豊かな札幌市厚別区の神社4選

  2. 札幌市清田区のお寺6選

  3. お参りにご祈祷、札幌市北区の神社4選

  4. パワースポットで癒されよう!札幌市南区の神社5選

最近のコメント