札幌の歴史と文化を学ぶ!札幌市東区の博物館・資料館

札幌市内にはたくさんの大企業や工場があります。また北海道の中心の街とあって、歴史的な資料館や博物館も点在しています。知っているようで知らないことや、なかなか知ることのできないことなど、新たな発見がありありそうな場所でもあります。今回は、そんな札幌市東区にある博物館・資料館についてご紹介します。

サッポロビール博物館

全国的に知名度が高く、人気のブランドでもあるサッポロビール。その博物館が東区にあります。日本国内で唯一、ビール工場と博物館の見学ができる場所です。

サッポロビール博物館のおすすめポイント

サッポロビール園の敷地内にあるサッポロビール博物館。レンガ造りの建造物は、北海道遺産にも登録されている素晴らしい建物です。醸造所を開業した当時のままの佇まいは、まるで明治時代にタイムスリップしたかのよう。館内は自由に見学することもできますし、有料でガイド付きのプレミアムツアーを体験することもできます。スターホールではできたてのビールを試飲できるので、訪れた際はぜひとも味わってみてください!また、博物館を見学した後は、隣接するサッポロビール園で食事をするのもおすすめです。工場直送のできたてビールと、北海道名物のジンギスカンは相性抜群。ぜひとも味わってみてくださいね。

詳細情報

住所:札幌市東区北7条東9丁目1-1
電話番号:011-748-1876
アクセス情報:地下鉄東豊線「東区役所前」駅より徒歩約10分
駐車場情報:有り
営業時間:11:00~20:00
休業日:年末年始・臨時休業日
入館料:無料

周辺のおすすめスポット情報

・サッポロビール園
・アリオ

雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館

雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館は、メグミルクの前身である雪印の歴史に関する資料館です。また、当時の牛乳製造に使われていた器具や、酪農に関する資料も展示されています。

雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館のおすすめポイント

平日のみ、予約を入れれば工場内をスタッフに案内してもらいながら、見学することができます。館内には雪印メグミルクの商品のひとつである乳飲料「カツゲン」からネーミングした「勝源神社」があります。時期になると、合格祈願の受験生が数多く訪れるとか。その字面からも大変ご利益がありそうです!工場見学の後には、牛乳の試飲や、チーズの試食をすることができます。さらに、お土産も頂けるということで人気です。酪農と乳の歴史館は、観光雑誌などにはあまり掲載されていません。北海道民でも知らない人が多いので、まさに穴場といえるでしょう!ぜひとも訪れてみてください。

詳細情報

住所:札幌市東区東苗穂6条1丁目1
電話番号:011-704-2817
アクセス情報:JR函館本線「苗穂駅」から徒歩15分
駐車場情報:有り
営業時間:見学は9:00~と13:00~のみ
定休日:土日祝日
入館料:無料

周辺のおすすめスポット情報

・モエレ沼公園
・札幌ステラプレイス

北海道鉄道技術館

北海道鉄道技術館は、鉄道好きの人にはたまらないスポットです。オープンしているのは、第2・第4土曜日の2時間半だけ。しかし、中には運転台・シュミレーター・ジオラマなど、マニアなら大喜びの展示がいっぱい詰まっています。

北海道鉄道技術館のおすすめポイント

入り口で館内地図をもらったら、いくつかの線路と踏切を渡ります。リアルな工場内は、作られたものではなく、実際の設備です。鉄道好きにはたまりませんね!9月の一般公開日には、外にミニSLが走ります。リアルに煙を吐いて汽笛を鳴らすSLに、子供たちはもちろん大人も大興奮。普段は外にも昔の列車が展示されていて、自由に乗り込むことができます。インストラクターの人と一緒に楽しめる運転手シミュレーターも人気です。いかにして列車を定位置に停車できるかで盛り上がれます。モニターもあるので、リアルな映像を楽しめますよ。鉄道好きの方は、ぜひとも期間限定のオープン日に行ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

住所:札幌市東区北5条東13丁目
電話番号:011-721-6624 (JR北海道苗穂工場)
アクセス情報:JR「苗穂駅」出口より徒歩約20分
駐車場情報:なし(開館当日は、苗穂工場の駐車場を一部借用)
営業時間:13:30~16:00
休業日:毎月第2・第4土曜を除いたすべての日
入館料:無料

周辺のおすすめスポット情報

・アリオ札幌
・サッポロビール博物館

札幌村郷土記念館

札幌村郷土記念館は、札幌村の歴史を展示している記念館です。札幌村の開拓者、大友亀太郎と、日本で初めて玉ねぎの生産が始まった地・札幌村の歴史を学習することができます。

札幌村郷土記念館のおすすめポイント

大友堀など、今の札幌の原型を築いたことで知られる大友亀太郎とは一体どんな人物だったのかを、敷地内にある坐像や石碑から知ることができます。館内には案内をして下さる方がいるので、詳しい説明を聞きながら見学することができますよ。東区は玉ねぎの産地としても有名ですが、なぜ玉ねぎが生産され始めたのかを知ることができる石碑や資料も、数多く展示されています。近くには大友公園もあり、散策もできます。札幌村郷土記念館は、札幌市の歴史を知るうえで訪れるべき場所といえるでしょう。

詳細情報

住所:札幌市東区北13条東16丁目2-6
電話番号:011-782-2294
アクセス情報:環状通東駅4出口から徒歩約3分
駐車場情報:有り
営業時間:午前10:00~午後4:00
休業日:毎週月曜日、祝日の翌日、12月29日~1月5日の8日間
入館料:無料

周辺のおすすめスポット情報

・サンドイッチの専門店 スペシャルサンド
・喫茶ガリバー

札幌市東区の博物館・資料館のまとめ

有名企業の工場見学からスタートし、知る人ぞ知るマニアックスポットまでご紹介してきました。サッポロビール博物館や雪印メグミルク歴史館は、試食や試飲、お土産も楽しみのひとつといえます。また、開館時間が限られている鉄道博物館は、鉄道好きな方にぜひ訪れて欲しいスポットです。郷土博物館は、札幌の開拓の歴史を知ることができる貴重なスポットでもあります。家族で行けば、お子さまの自由研究のテーマになるのではないでしょうか。もちろんお友達と一緒に、知る人ぞ知るスポット巡りの一環として訪れてみるのも良いと思います。札幌市東区の博物館・資料館で、楽しい時間をすごしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
アバター

T-naka

アラサーの会社員。北海道の帯広市在住。 旅行好きで月に1~2回は道内に車で旅行しており、道内の主要な観光スポットはほとんど行ったことがある。 十勝管内は特に詳しく新しいお店や観光スポットができたらすぐさま行ってみるのが趣味。

関連記事

  1. 歴史・文化を学ぶ!札幌市豊平区の博物館・資料館4選

  2. 札幌の歴史や芸術を訪ねる。札幌市中央区の博物館・資料館4選

  3. 札幌市北区の博物館・資料館3選

  4. あしりべつの歴史を学ぼう!札幌清田区の博物館・資料館2選

最近のコメント