北海道を巡ろう!地元グルメも楽しめる美唄市の魅力ある観光スポット6選

美唄市には魅力的な観光スポットや地元グルメを楽しめるお店が数多くあります。炭鉱で栄えた町としての記憶が残るかつての校舎を利用した彫刻美術館や日本最北の桜の名所などがあり、美唄名物の焼き鳥やとりめしをお土産に持って帰る事もできます。

アルテピアッツァ美唄

アルテピアッツァ美唄は、かつては小学校であった木造校舎をシンボルとして野外に作られた芸術広場です。世界的彫刻家の安田侃(やすだ・かん)さんの作品を所蔵・展示しており、美唄に行ったら必ず見るべき観光スポットです。

アルテピアッツァ美唄のおすすめポイント

この芸術広場には美唄の自然と良く溶け合い、その一部となっている安田さんの力作が40点ほど配置されています。入り口には植物の発芽をイメージさせる「帰門」や校舎の裏側にある「水の広場」や「天もくと石のステージ」など魅力いっぱいの野外彫刻を楽しむ事ができます。

詳細情報

住所:美唄市落合町栄町
電話番号:0126-63-3137
アクセス:美唄駅より車で約10分、美唄駅よりバスで約33分
駐車場:あり
営業時間:9時00分~17時00分
休館日:火曜、年末年始
料金:入場料無料

周辺のおすすめスポット

・Cafe Arte
・旧落合会館

宮島沼

宮島沼は日本で13番目のラムサール条約登録湿地で、数万の渡り鳥たちが毎年春と秋に立ち寄る湖沼(こしょう)として知られています。世界有数のマガンの飛来地として有名なので観察が好きな方に特にオススメする観光スポットです。

宮島沼のおすすめポイント

沼にやって来るマガンは貴重な天然記念物です。東アジアに生息するこの鳥の総数の半分の約6万羽が飛んで来るため、早朝の「ねぐら立ち」や夕方の「ねぐら入り」は圧巻。その際はここの観察センターや観察小屋などが活用できます。ちなみにマガンは宮島沼周辺でたくさん食べるため、農家の方が採食地を提供しています。

詳細情報

住所:美唄市西美唄町大曲3区
電話番号:0126-62-3131(美唄市役所)
0126-66-5066(宮島沼水鳥・湿地センター)
アクセス:新千歳空港から車で約1時間50分、JR札幌駅から車で約1時間20分
駐車場:あり
営業時間:9時00分~17時00分(宮島沼水鳥・湿地センター)
定休日:月曜

周辺のおすすめスポット

・大富神社
・月形温泉

美唄市東明公園

美唄市東明公園は日本最北のソメイヨシノのあるお花見スポットです。この公園は空知エリアでも一番の桜の名所として知られており、約2,000本もの桜の木の下で毎年「美唄桜まつり」が盛大に開催されています。

美唄市東明公園のおすすめポイント

桜の花の見頃は5月です。公園にはソメイヨシノの他にもエゾヤマザクラ、チシマザクラもあり、満開の美しい花びらを眺めて楽しむ事ができます。また、5月下旬からは5,000本を超えるツツジが満開になるのでゴールデンウィーク後の訪問や案内にも充分おすすめできます。

詳細情報

住所:美唄市東明町2区
電話番号:0126-63-0112 (美唄市観光交流課)
アクセス:美唄駅からバスで15分
駐車場:あり

周辺のおすすめスポット

・ピパの湯 ゆーりん館
・サン・スポーツランド美唄

やき鳥 たつみ

やき鳥 たつみはテレビ番組でも紹介された美唄のグルメスポットです。美唄焼鳥と言えば「もつ」ですが、このお店では田舎風のソバに焼き鳥がのっている「もつそば」を注文して楽しむ事できます。また、人気の「とりめし」もオススメの一品です。

やき鳥 たつみのおすすめポイント

美唄焼き鳥は鶏のもも肉や卵にハツなどが1本になった「もつ串」がその特徴。串の間に玉ねぎを挟み備長炭で一気に焼き上げたものです。このお店の焼き鳥はお持ち帰りができるので、お土産にも良いでしょう。またランチでは「とりめしセット」などのメニューもあります。

詳細情報

住所:美唄市西1条南1丁目1-15
電話番号:0126-63-4589
アクセス:美唄駅から徒歩約5分
駐車場:あり
営業時間:11時00分~21時00分  ※ランチタイム 11時00分~14時30分
定休日:火曜
予算:1,000円から2,000円

周辺のおすすめスポット

・ぐうりん亭
・寿楽

しらかば茶屋

しらかば茶屋は美唄名物「とりめし」が自慢のグルメスポットです。鶏肉と玉ねぎというシンプルな具に秘伝のスープで混ぜ合わせたご飯が絶妙の美味しさ。急いでいる時は「とりめし弁当」をテイクアウトをする事ができます。

しらかば茶屋のおすすめポイント

とりめしメニューは5つ。定番の「とりめしのみ(500円)」と、「とりめし弁当(500円)」は鶏肉と玉ねぎを約5時間かけて作ったもの。手間ひまのかかった美味を楽しむ事ができます。またこの他にも家族みんなで楽しめる「とりめし定食(750円)」や「ラーメン&とりめし」、「そば&とりめし(780円)」もあります。
 

詳細情報

住所:美唄市茶志内町3区
電話番号:0126-65-2768
アクセス:JR茶志内駅より徒歩30分
駐車場:あり
営業時間:0時00分~24時00分
定休日:第1・3・5火曜
料金:1,000円

周辺のおすすめスポット

・ゴルフ5カントリー美唄コース
・中空知地区農道離着陸場

すぎうらベーカリー

すぎうらベーカリーは美唄産100%の米粉を使ったパンを作っている人気店です。店内はシフォンケーキなどの良い香りがしており、子供が喜ぶお気に入りのパンを見つける事ができるでしょう。

すぎうらベーカリーのおすすめポイント

お米パンの特徴はモチモチの食感。パンの中に入る「くるみ」や「クリーム」などの食材の風味を引き立てます。勿論人気の「シフォンケーキ」もお米で作られています。しっとりとした柔らかさで今まで食べたことがない食感を楽しむ事ができます。観光中の場合でもお店に立ち寄ってみる事をオススメします。

詳細情報

住所:美唄市癸巳町2区
電話番号:0126-64-2089
アクセス:JR茶志内駅より徒歩約8分
駐車場:あり
営業時間:9時00分~19時00分
定休日:火曜(GW・お盆期間は除く)
予算:1,000円前後

周辺のおすすめスポット

・JAびばい精米工房
・らいす工房びばい

美唄市で巡りたい観光スポットと地元グルメのまとめ

今回ご紹介した美唄市の観光スポットや地元グルメのおすすめ店はどれも興味深いものばかりです。珍しい「天然記念物が飛来する湖沼」や、米粉を使った「モチモチ食感のパン」が人気のベーカリーなども、北海道巡りをする時には一度立ち寄ってみるべき価値がありますね。

関連記事

  1. 特別天然記念物のマリモに会える!阿寒湖完全ガイド

  2. 贅沢気分に浸れる!札幌市中央区のおすすめモーニング・朝食

  3. 懐かしさも楽しもう!札幌市白石区の洋食屋さん5選

  4. 穴場のお店も!札幌市手稲区のスープカレー店5選

  5. 美しい自然と町並みの中で!札幌清田区のスープカレー店6選

  6. 夜遅くでもOK!札幌西区の飲んだ後行きたいラーメン店5選

最近のコメント