名馬が活躍する町、日高町で巡りたい観光スポットと人気なグルメ

日高町は日高昆布で有名なように、海産物の豊かな街であり、自然と親しめる観光スポットやグルメスポットがたくさんあります。しかしながら忘れてはいけないのが、日高は知る人ぞ知る名馬の町ということ。競馬や乗馬などで馬が大好きな人だけでなく、知ってみると興味深い日高の魅力をお伝えしていきます!

門別競馬場

門別競馬場は地方競馬の中でも東京の大井競馬場に並ぶ規模を誇り、1997年に完成した日本で最も新しい競馬場です。門別競馬場では全日程でナイター競馬が組まれており、ライトの光を浴びながら走る競走馬の姿を間近で見ることができます。2009年には、メインスタンドと並んで310インチの巨大スクリーンを有する「ポラリスドーム」が完成し、門別競馬場だけでなく他の都市で開催される地方競馬のレース中継も観ることができます。

門別競馬場のおすすめポイント

外回りコースは1周1,600メートルで、ゴール前の直線は330メートルの距離を誇ります。好成績をおさめた馬が中央競馬に移ることもあるため、関係者からの注目も集まる競馬場です。ガラス張りの場内では雪や雨を気にすることなくレースを観戦でき、ジンギスカンから、スイーツまで、地元の味が魅力の飲食店も充実しています。

詳細情報

住所 沙流郡日高町富川駒丘76番地1
電話番号 01456-2-4110
アクセス 富川駅からタクシーで約10分
駐車場 有(1000台)無料
営業時間 14:00~21:00
定休日 不定、HPを参照
予算・カード使用の可否 入場は無料

周辺のおすすめスポット情報

・富川シティホテル

競走馬のふるさと日高案内所

競走馬のふるさと案内所は全国6カ所にある案内所のひとつで、競走馬たちのふるさとを訪ねる競馬ファンのためにさまざまな情報を提供するスポットです。引退して馬産地の牧場へと帰った競走馬たちを追って見学に訪れる人が多く、引退した名馬たちの情報を案内しています。また競馬書籍や映像資料などの閲覧もできます。

競走馬のふるさと日高案内所のおすすめポイント

名馬の牧場見学の案内に加えて、近くから全国の乗馬施設・乗馬クラブの案内や、馬産地周辺の宿泊等の案内まで幅広くインフォメーションを行っています。各地で開催される競走馬市場(せり市)の日程や見学方法などの案内を受けることも可能です。また、毎年、重賞を制した名馬たちの供用先がすぐにわかる「北海道牧場地図」の発行も行っています。

詳細情報

住所 日高郡新ひだか町静内神森175-2 公益社団法人日本軽種馬協会北海道市場内
電話番号 0146-43-2121
アクセス JR静内駅から道南バス「農屋行き」10分、「家畜センター前」下車、徒歩5分
駐車場 有、無料
営業時間 4月~9月は9:00~17:00(水~日曜)月曜は12:00まで、10月~3月は9:00~16:30(月~金曜)、土曜は12:00まで、
定休日 4月~9月は火曜休館(ゴールデンウイーク期間中と海の日、お盆時期、9月の連休及び北海道市場開催日は開館。臨時休館日あり)10月~3月は日・祝・年末年始は休館
予算・カード使用の可否 無料

周辺のおすすめスポット情報

・谷岡牧場

日高沙流川オートキャンプ場

日高山脈のふもとにある春の桜から秋の紅葉までの季節を堪能できるキャンプ場です。例年、4月20日ごろから10月の3連休ごろまでのオープンとなりますが、沙流川まで歩いて行けるので、川遊びにももってこいで、隣接地に沙流川温泉やパークゴルフ場、周辺には道の駅やコンビニもある非常に便利な立地にあります。バンガローは2種類、計13棟あり、オートサイトには広さの違う100サイトが用意されています。

日高沙流川オートキャンプ場のおすすめポイント

キャンプ場宿泊者を対象に、無料で行うランタンづくりや、わんわん運動会と名付けられたドッグランでの愛犬のマナー教室などのイベントが行われています。オートキャンプ場のCサイトでは条件付きでペット同伴でのキャンプも可能で、サイトの内で好きなところに車を停めてのキャンプが行えます。また、バーベキューコーナーは日帰り利用も可能で最大60名収容することができ、無料で網や鉄板を借りることもできます。

詳細情報

住所 沙流郡日高町字富岡
電話番号 01457-6-2922
アクセス JR石勝線占冠駅からバスで25分
駐車場 有
営業時間 開設時間8:00~17:30または日没まで、5月下旬~10月(予約受付時間9時~17時)  
定休日 期間中なし
予算・カード使用の可否 施設使用料1名150円、オートサイト1,100円~2,500円、バンガロー3,800円、4,800円、フリーサイト400円~2,000円

周辺のおすすめスポット情報

・沙流川温泉

日高国際スキー場

日高国際スキー場は北海道の屋根とも言われる日高山脈の山ろくに位置する日高地方随一の本格派スキー場です。平均傾度9度、全長330メートルの初心者コースから、最大斜度39度、最長滑走距離は2,980メートルの上級者コースまで、緩急の変化に富んだコースが用意されています。それぞれのコースには、「宮様スロープ」などユニークなネーミングがつき、全11コースが用意されています。

日高国際スキー場のおすすめポイント

4つのリフトはそれぞれ500メートルほどの全長があり、すべてペアリフトとなります。スノーボードも毎日滑走可能で、期間中はほぼ21時までナイター営業を行っているスキー場です。特に上級者コースでは、遠く夕張岳、芦別岳を眺望できる非圧雪の大自然の中を滑るパロラマコースや見通しが良すぎるスリリングなコース、そして最高斜度を有す上級スノーボーダー、超上級者スキーヤー向けのコースまで魅力的なコースが多くあります。

詳細情報

住所 沙流郡日高町字富岡444-1
電話番号 01457-6-3667(営業期間外は日高総合支所地域経済課01457-6-2084)
アクセス 道東自動車道占冠ICから15km(20分)、JR石勝線占冠駅からバスで25分
駐車場あり 1,000台 無料 24時間
営業時間 9:00-16:00 ナイター営業16:00-21:00、12月23日~3月12日 (予定)
定休日 期間中無休
予算・カード使用の可否 リフト券は、中学生以上1回券300円、1日券(9時~16時)3000円、55歳以上は1日券2,000円、小学生1回券200円、1日券1800円

周辺のおすすめスポット情報

・日高沙流川オートキャンプ場

門別温泉とねっこの湯

ナトリウム塩化物泉の天然温泉をかけ流しで楽しめる温泉です。無味無臭ですが茶色いお湯が特徴で、豊富な湯量を誇ります。天然保湿成分を含むため肌がすべすべになり、アトピーでも入れる肌にやさしい湯というのが特徴です。大浴場はかけ流しの天然温泉ですが、その他にも7種類ほどの浴槽があり、月替わりで薬効が楽しめる薬湯があるのが大きな特徴です。露天風呂、ヘルストン温泉、ジャクジーに加えて北欧式サウナもあります。

門別温泉とねっこの湯のおすすめポイント

要予約となりますが、身障者用の浴場も完備されており、併設の「とねっこ館」には歩行専用プールやトレーニングルームなどもあります。レストランや無料の休憩室に加えて小さなゲームコーナーもあり、温泉に加えて食事と運動を堪能できる総合的な施設となっています。

詳細情報

住所 沙流郡日高町字富浜223番地140
電話番号 01456-3-4126
アクセス 日高自動車道「日高富川IC」から5分
駐車場 有(無料)
営業時間 10:00~22:00(最終受付21:30)
定休日 第3月曜日(祝祭日の場合は翌日)
予算・カード使用の可否 大人500円、中学生300円、小学生200円、小学生未満無料、クレジットカード不可

周辺のおすすめスポット情報

・門別中央スポーツホール

日高山脈博物館

特徴ある外観の日高山脈博物館は、その名の通り日高山脈の雄大な自然を、地質や岩石といった部分から紹介する博物館となっています。1階部分は、日高山脈の登山ルートやウォーキングコースに関するインフォメーション施設にもなっています。4階は展望台となっており、日高の山並みと山脈に囲まれた日高の町並みを見渡すことができます。

日高山脈博物館のおすすめポイント

2階は日高山脈の成り立ちを紹介する展示施設であり、日高町に多様な岩石がある理由や海の生き物の化石が日高山脈で取れる理由などを踏まえて日高山脈の成り立ちを解説しています。また、3階は日高山脈の自然というテーマで日高山脈が成り立った後に、豊かな森が育ちさまざまな動植物が住み始めた様子と、人々が鉱物や森林を求めて日高山脈と関わっていく様子を解説しています。

詳細情報

住所 沙流郡日高町本町東1丁目297-12
電話番号 01457-6-9033
アクセス 占冠駅からバスで25分
駐車場 有(133台)、無料、道の駅と兼用
営業時間 4月1日~10月31日 10:00~17:00、11月1日~3月31日 10:00~15:00
定休日 月(祝日の場合は開館し、その翌日が休館)12月29日~1月5日
予算・カード使用の可否 大人200円、子ども100円

周辺のおすすめスポット情報

・樹海ロード日高(道の駅)

日高町で巡りたい観光スポットとグルメのまとめ

道の駅の名前にもなっている「樹海ロード」のある日高町は深い森と山に恵まれる街で、霧の出る割合も多い街でもあります。近年では、日高山脈の恵みを慣行に生かし、スキー場やキャンプ場がきれいに整備され北海道でも有数のアウトドアを楽しめる街となっています。そして、名馬の町でもあるため牧場や乗馬のできる施設も充実しているので、馬好きにはたまらない街だといえるでしょう。

関連記事

  1. 自然の中で一息!札幌市南区の食事がおいしいカフェ6選

  2. ランチを食べに行こう!札幌手稲区のおすすめスポット3選

  3. 可愛いパンがいっぱい!札幌西区のおすすめパン屋さん7選

  4. 道南の中心都市、港町函館市で巡りたいおすすめグルメ7選

  5. 絵本とアルパカとミニトマトの町!剣淵町で巡りたい観光スポットとおすすめグルメ6選

  6. 札幌市北区のみんなで行きたい居酒屋・バー6選!

最近のコメント