北海道最速オープン!スノークルーズ オーンズに行ってみよう!

スノークルーズ オーンズを紹介します。小樽市にあるスノークルーズ オーンズは、北海道で最速オープンとなるスキー場として有名です。豊富な降雪量に加えて、ハーフパイプなども設置されているバラエティに富んだコース設定が魅力のスキー場となっています。

ファミリーからプロを目指す方まで!スノークルーズ オーンズとはどんなスキー場?

難易度の高いスキー場がひしめく北海道のスキーのメッカ・小樽。小樽市内のスキー場といえば「小樽天狗山スキー場」「朝里川温泉スキー場」などが有名ですが、小樽市街地から車で30分ほどの場所にある「スノークルーズ オーンズ」も、小樽を代表するスキー場のひとつです。

「オーンズ」とは、フランス語で「11」を意味する言葉です。オーンズでは11という数字にこだわりを持っており、毎年基本的に11月11日にオープンする、毎月11日にオーンズデーというイベントを開催するなど11にちなんだ運営が行われています。

また、23:00までナイター営業を行っている点も特筆すべき部分です。北海道内のスキー場でこれほど遅くまでナイター営業を行っているのはオーンズと「ルスツリゾート」だけとなっています。


オーンズのメインリフトである4人乗りの「クワッドリフト」。オーンズのおしゃれな雰囲気のロゴが大きく刻印されています。

スノークルーズ オーンズのアクセス方法は? オープン&クローズ情報は?

スノークルーズ オーンズは小樽市中心部からそれほど遠くない場所に位置しており、札幌からのアクセスも便利な場所に位置しています。小樽市中心部から車でおよそ25分、札幌市中心部からも高速を利用しておよそ30分でアクセスすることができます。

オーンズへアクセスする際には国道5号線を通り、札樽自動車道沿いにある大きめの看板を目印にすることで問題なくアクセスできるでしょう。

オーンズは、毎年11月中旬から3月下旬ごろまでの営業となっています。人工雪を利用するため、オープン時期は北海道内でも最速です。11月中はまだ降雪が少ないため、人工雪を利用しての営業となっています。2018年シーズンは11月23日にオープン、3月25日にクローズしました。


オーンズのセンターロッジ。おしゃれな山小屋風の建物で、白い雪面と同じ色味の外壁が特徴です。


センターロッジ内部の様子。食堂の椅子はカラフルなものが使われており、ビビッドな色味が鮮烈な印象を与えています。


センターロッジ内にはキッズルームなども完備されており、家族で訪れても問題なく楽しむことができます。

スノークルーズ オーンズのコース設定は?

スノークルーズ オーンズは、全部で6つのコースを持っている中程度の規模のスキー場です。比較的難易度が高いコースもあり、同じ小樽の天狗山ほどではないものの、中級者から上級者がより楽しめるスキー場となっています。

斜面中腹にはスノーボードのハーフパイプも設置されており、本格的なハーフパイプ練習も可能です。さらにハーフパイプの隣には本格的なモーグルコースも設置されていることから、これらの競技でプロを目指しているような方も数多く訪れるスキー場となっています。

オーンズの大きな魅力として、ほぼ全コースで日本海の絶景を眺めながらスキーを楽しむことができる点が挙げられます。青い海を眺めながら雪原を滑り降りるのは格別で、景観を楽しむという観点からも魅力のあるスキー場です。


オーンズの全体図。4人乗りリフトと2人乗りリフトの2機が運行しており、2人乗りリフトでは中腹まで、4人乗りリフトでは頂上まで行くことができます。


2人乗りリフト側から見たコースの全景。


2人乗りリフト側のコースには、ボーダー向けのエアトリック練習用のギミックが数多く設置されています。


プロのスノーボーダーやフリースタイルスキーヤーを目指している方にとっては、オーンズは素晴らしい練習場所になっていると言えるでしょう。

実際に滑ってみた!景色を眺めながらの滑走は格別!

実際に、晴れた日のオーンズで滑ってみました。特筆すべきは、目の前に広がる海に向かって滑る爽快感です。目の前の青い海に向かって滑りだすような感覚のあるコースが多く、他のスキー場ではなかなか味わえない快感があります。

景観をゆったり楽しみたいならば比較的難易度の低いコース、自分の腕前を試したいならば難しいコースと、様々なニーズに応えられるスキー場です。


中腹付近からの眺め。目の前に広がる海に向かって、山の上から飛び込んでいくような感覚を味わうことができます。


晴れた日には、写真のように遠く札幌市方面まで見渡すことができるのも特徴です。


クワッドリフト方面のコースの様子。コース幅は広くとられており、大きなシュプールを描いて滑ることができます。


本格的なモーグルコースも用意されており、プロを目指すような方も訪れます。


写真のように、モーグルコースの隣に大きなハーフパイプが設置されています。

スノークルーズ オーンズのまとめ

スノークルーズ オーンズは小樽市からも札幌市からもアクセスしやすい場所に位置しているスキー場です。素晴らしい景観を楽しみながらのんびり滑るもよし、プロのスノーボーダーやスキーヤーを目指して自分の腕を磨くもよしと、さまざまなニーズに応えているスキー場だと言えるでしょう。23:00まで営業していることもあって、平日の終業後に訪れてもたっぷり楽しめる点も魅力的です。

The following two tabs change content below.
Ichiro

Ichiro

北海道を旅するライター。北海道内道の駅完全制覇を2017年に達成。北海道内で行ったことがないのはえりも岬のみという自称「北海道マイスター」。

関連記事

  1. 札幌市南区のスキー場・冬のアクティビティ5選

  2. 札幌の絶景も魅力!札幌藻岩山スキー場に行ってみよう!

  3. ハーフパイプも設置!さっぽろばんけいスキー場とは?

  4. オープンは大正時代!?小樽天狗山スキー場に行ってみよう!

  5. 上級者を目指そう!フッズスノーエリアを紹介!

  6. 札幌市西区のスキー場・冬のアクティビティ2選

最近のコメント