公認陸上競技場も!札幌市厚別区の体育館・運動公園5選

札幌市厚別区には、北海道で唯一の第1種公認陸上競技場があります。本格的な陸上競技が行えるのはもちろん、サッカーやアメリカンフットボールの大会も行われている場所です。補助競技場も併設され、主競技場よりもリーズナブルなお値段で利用できるようになっています。充実したスポーツ施設が完備された、札幌市厚別区の体育館・運動公園を紹介します。

厚別区体育館

「厚別区体育館」は昭和56年に、旧西区体育館とともに、札幌市で最初の区体育館として開館した体育館です。平成元年の白石区・厚別区の分区に伴い、「厚別区体育館」と改称されました。この体育館の特徴は、卓球マシンを一般開放しており、指導員による簡単な技術指導を行っていることです。また1周155メートルのランニングデッキがあり、冬場も室内でランニングができます。

厚別区体育館のおすすめポイント

バドミントンコートは8面、バスケットコートとバレーボールは2面、テニスコートは2面利用でき、卓球であれば最大24台が設置できます。格技室やトレーニング室のほか、トレーニングデッキもあります。いろいろなスポーツ教室が開催されており、「キッズ体操」をはじめ、「ストレッチ&ボディメイク体操」や各種「ヨガ教室」など幅広い年代に対応する教室が設けられています。

詳細情報

住所:札幌市厚別区厚別中央2条5丁目1-20
電話:011-892-0362
アクセス:札幌市営地下鉄「新さっぽろ」2番出口から徒歩5分
駐車場:有(50台)
営業時間:9:00~21:00
定休日:第1月曜日(祝日の場合は第2月曜日)年末年始(12月29日から1月3日まで)
予算・カード使用の可否:一般390円、高校生230円、65歳以上130円、中学生以下無料

周辺のおすすめスポット情報

・サンピアザ水族館

厚別公園競技場

「厚別公園競技場」は、昭和61年に国民体育大会のメイン会場として完成した競技場です。昭和62年には「全国高校総合体育大会」、平成元年には「はまなす国体」が開催された、北海道唯一の第1種公認陸上競技場となっています。サッカーのコンサドーレ札幌のホームスタジアムでもあり、年間に数試合が行われています。また、アマチュアサッカー大会や陸上競技大会をはじめ、アメリカンフットボール大会も頻繁に開催される競技場です。

厚別公園競技場のおすすめポイント

大きな大会がない時には、健康づくりや競技力向上のために、小学生から大人まで幅広い年代に利用される競技場です。400メートルのトラックは9コースあり、フィールドは縦105メートル、横70メートルの広さがあります。屋内練習走路のほか、トレーニングルームから会議室まで完備しています。また、いろいろな運動教室を実施しており、ウォーキングやヨガ、ピラティスのほか、子どものダンス教室なども開催されています。

詳細情報

住所:札幌市厚別区上野幌3条1丁目2-1
電話:011-894-1144
アクセス:札幌市営地下鉄「大谷地」5番出口から徒歩20分
駐車場:第一駐車場180台(5月から11月末までの9:00から17:00まで)、第二駐車場119台
営業時間:主競技場4月20日~8月末は8:30~19:00、9月は8:30~18:00、10月は8:30~17:00、トレーニングルームは9:00~21:00
定休日:12月29日~1月3日
予算・カード使用の可否:主競技場 一般390円、高校生190円、中学生以下(4才未満を除く)無料、65歳以上120円、トレーニングルーム 一般500円、高校生300円、中学生以下(4才未満を除く)利用不可、65歳以上300円

周辺のおすすめスポット情報

・厚別公園

青葉中央公園

「青葉中央公園」は、もともとの自然を生かして作られた、約8.4ヘクタールに及ぶ公園です。車椅子の通れる木道が整備された散策路があるほか、テニスコートや運動広場もあるので、ランニングをはじめとした様々なスポーツも楽しめます。また、ターザンロープやコンビネーション遊具といった遊具もしっかりと整備されており、夏には、ウォータースライダーのついた遊水広場が解放されるので、子ども思いっきり遊べる公園です。

青葉中央公園のおすすめポイント

「青葉中央公園」では、園路に添った沢沿いでミズバショウの群落を見ることができます。春にはエゾヤマザクラも咲き、カッコウやヒバリなどの野鳥も飛来するので、自然の中でウォーキングやジョギングを楽しむことが可能です。市街地近郊の環境緑地として保護されており、園内では、ニセアカシア、ハンノキ、シラカンバ、シナノキをはじめ、カエデなどの広葉樹が見られます。紅葉の時期まで気持ちよく過ごせる場所です。

詳細情報

住所:札幌市厚別区青葉町5丁目
電話:011-897-7805
アクセス:JR及び地下鉄「新札幌駅」からJRバスに乗車し、「厚別南4丁目」下車すぐ
駐車場:有(20台)
営業時間:7:00~20:00
定休日:年中無休
予算・カード使用の可否:無料

周辺のおすすめスポット情報

・厚別南公園

厚別西公園

「厚別西公園」は厚別区内の近隣公園のなかでは一番早く誕生した公園で、閑静な住宅街の中にあります。園内には、子どもたちが喜ぶコンビネーション遊具やスプリング遊具が設置されており、ブランコ、砂場、鉄棒といった基本的な遊具もそろっています。また、無料の野球場や少年野球にも使える多目的広場もあるので、思いっきり体を動かして遊べます。

厚別西公園のおすすめポイント

夏には、小さい子どもでも安心して遊べる遊水路や徒渉池が解放されます。冬にできるスキー山は、ソリ遊びをはじめ、小学生のスキー練習場としても利用可能です。1年を通じて、身体を動かすのに最適な公園となっています。

詳細情報

住所:札幌市厚別区厚別西3条3丁目
電話:011-897-3800(厚別区土木部維持管理課:土木センター内)
アクセス:JR「厚別駅」から徒歩約12分
駐車場:なし
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
予算・カード使用の可否:無料

周辺のおすすめスポット情報

・厚別いなり公園

厚別公園

「厚別公園」は、平成元年に開催された「第44回はまなす国体」の主会場として造成された公園です。道内唯一の第1種公認陸上競技場をはじめ、補助競技場やトレーニングルームといった本格的なスポーツ施設が設置されています。サッカーやジョギングを行う市民スポーツの拠点になっている公園です。

厚別公園のおすすめポイント

園内には、国体を記念した記念広場があり、壁泉やシンボルロータリーが設置されています。コミュニティー広場は緑豊かなレクリェーションの場となっており、時計塔をはじめ、はまなす国体の開催記念塔やモニュメントも設置されています。名前に「公園」と入ってはいますが、通常思い浮かべる「公園」というよりは、運動をするための施設となっています。

詳細情報

住所:札幌市厚別区上野幌3条1丁目
電話:011-894-1144(厚別公園競技場管理事務所)
アクセス:札幌市営地下鉄「大谷地」5番出口から徒歩20分
駐車場:有(360台)、無料(8:30~17:00まで)
営業時間:正面入り口の門扉は21:00(施設整備日は17:00)閉門
定休日:年末年始
予算・カード使用の可否:園内入場は無料

周辺のおすすめスポット情報

・厚別公園競技場

札幌厚別区の体育館・運動公園のまとめ

札幌市厚別区は、厚別公園と厚別公園陸上競技場に代表されるように、市内で最もきちんと整備された運動施設を有しています。一方で、気軽に利用できる少年野球場などは、他の区と比べると少なめな印象です。とはいえ、「厚別南公園」と「もみじ台北公園」には無料のテニスコートと野球場が、「大谷地流通団地東側緑地」には有料のテニスコートと野球場がありますので、そちらも利用してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
アバター

T-naka

アラサーの会社員。北海道の帯広市在住。 旅行好きで月に1~2回は道内に車で旅行しており、道内の主要な観光スポットはほとんど行ったことがある。 十勝管内は特に詳しく新しいお店や観光スポットができたらすぐさま行ってみるのが趣味。

関連記事

  1. 郊外で身体を動かそう!札幌清田区の体育館・運動公園6選

  2. 大人から子供まで!札幌白石区の人気の体育館・運動公園3選

  3. いい汗を流したい!札幌手稲区の体育館・運動公園4選!

  4. 運動教室が魅力!札幌中央区の体育館・運動公園6選

  5. 温泉だけじゃない!?札幌南区の体育館・運動公園7選

  6. 気軽にスポーツを楽しもう!札幌北区の体育館・運動公園5選

最近のコメント