トレーニングも受けられる!札幌豊平区の体育館・運動公園

札幌市豊平区には、北海道日本ハムファイターズの本拠地として全国的にも有名な「札幌ドーム」や、「北海きたえーる」の愛称で親しまれている「北海道立総合体育センター」をはじめとして、多数の大型スポーツ関連施設が揃っています。
こちらでは、「豊平区の体育館・運動公園」の中から、4ヶ所をピックアップしてご紹介します!

札幌ドーム

「北海道日本ハムファイターズ」の野球試合や「コンサドーレ札幌」のサッカー試合の開催場所、人気アーティストのライブ会場として、札幌を代表する観光スポットとしても全国的にも知られている「札幌ドーム」。
スポーツイベントやコンサート会場としてのみ注目されがちな札幌ドームですが、実はドーム内には私たちが普段気軽に利用できる施設も併設されています。

札幌ドームのおすすめポイント

イベント開催時以外には「サッカーやフットサルでの利用」や「野球での利用」が出来るだけでなく、ドームの「南北連絡通路内」の南寄りにある「トレーニングルーム」では、「体幹エクササイズ」などの運動教室も開催されています。またトレーニングルームでは、資格を持ったトレーナーによる指導を受けながらのエクササイズもできますよ。なかには「パワープレート」や「パートナーストレッチ」といった珍しいメニューもあります。
施設利用料はかかるものの、一般的なジムに比べるとかなりリーズナブルに利用できるのが魅力です!
※利用時には、トレーニングウェアと屋内用シューズを忘れないようにしましょう。

詳細情報

住所:札幌市豊平区羊ケ丘1番地
電話番号:011-850-1000(電話受付時間 9:00~17:30)
アクセス方法:地下鉄東豊線「福住駅」3番出口より徒歩約10分ほか/大規模イベント開催時には、「真駒内駅」「平岸駅」「JR白石駅」「南郷18丁目駅」「新札幌バスターミナル」からシャトルバスが臨時運行されています。
駐車場情報:あり(有料)
※自転車駐輪場・バイク専用駐輪場あり(無料)
営業時間:(トレーニングルーム基本営業時間)9:30~21:00(受付時間9:30~20:00)
※イベント開催時は営業時間に変更がある場合もあります。
定休日:不定休 ※札幌ドームHP内の「ドームスケジュール」にて確認可能
予算:(大人)500円/(高校生・65歳以上)300円
※中学生以下の利用不可。
※高校生の方は「生徒手帳」、65歳以上の方は受付時に年齢が確認できる証明書の提示が必要です。
※パワープレート・パートナーストレッチ・体組織計(姿勢測定・足圧測定)利用の場合は別途料金が必要。

周辺のおすすめスポット情報

・いざかやうらら(居酒屋)
・札幌ドーム ラーメン屋 福八

月寒体育館・屋外競技場

1972年の札幌オリンピックにおいて「アイスホッケー」の会場となったことでも知られている「月寒体育館」。
地下鉄東豊線「月寒中央駅」から徒歩約1分という抜群のアクセスの良さに加え、一年を通して「スケートリンク」が開放(イベント・大会開催時は除きます)されているのが大きな魅力です。

月寒体育館・屋外競技場のおすすめポイント

月寒体育館では通年スケートを楽しめることから、公営施設では珍しい「キッズ・フィギュアスケート教室」「アイスダンス教室」「アイスホッケー教室」(いずれも期間限定・別途料金必要)が開かれているのも特徴です。
また、2階のホワイエには「卓球場」もあります。
隣接している「どうぎんカーリングスタジアム」では、「カーリング教室」が開催されていることもあるので、関心のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

詳細情報

住所:札幌市豊平区月寒東1条8丁目
電話番号:011-851-1972
アクセス方法:地下鉄東豊線「月寒中央駅」3番出口より徒歩約1分
駐車場情報:あり(4月~11月:150台/12月~3月:100台)
営業時間:※利用施設により異なります。
定休日:※利用施設により異なります。
予算:※利用施設により異なります。

周辺のおすすめスポット情報

・どうぎんカーリングスタジアム
・RICE BURGER CAFE Temp(カフェ)

豊平区体育館

吉田川が近くを流れ、北野通に面している「豊平区体育館」。
札幌市内の体育館のなかでは、一番「競技室」が広いという利点を活かし、様々な「運動教室」が盛んに開催されています。すぐ近くには「付属野球場」もありますよ。

豊平区体育館のおすすめポイント

道路を挟んで向かい側には、自然豊かな「吉田川公園」が広がっており、自然豊かな環境にある「豊平区体育館」。
広い「競技室」では、「各種ヨガ教室」「フラダンス教室」「バドミントン教室」などのほか、珍しいところでは最近人気の「ZUNBA(ズンバ)教室」や「Hip Hopダンス教室」も開催されています。
「付属野球場」は6:00から利用可能(有料・要予約)なので、朝の野球チームの練習にもピッタリです。

詳細情報

住所:札幌市豊平区月寒東2条20丁目4-15
電話番号:011-855-0791
アクセス方法:中央バス「月寒東3-19」バス停から徒歩約2分・「月寒東1-19」バス停から徒歩約10分・「北野3-3」バス停から徒歩約9分/(車利用)北野通沿い
駐車場情報:あり(4月~11月:100台/12月~3月:90台)
営業時間:(体育館)9:00~21:00(付属野球場)6:00~19:00
定休日:第4月曜日(整備日)・年末年始 ※祝日の場合は第3月曜日
予算:(トレーニング室・ランニングコース)一般390円・高校生230円・高齢者(65歳以上)130円・中学生以下は無料
※「一般開放種目」と「トレーニング室・ランニングコース」両方を利用する場合は、各時間帯ごとに料金が必要となります。(午前の部 9:00~12:30・午後の部13:00~17:00・夜間の部17:30~21:00)

周辺のおすすめスポット情報

・吉田川公園
・茶楽逢(さらい・カフェ)

北海道立総合体育センター(北海きたえーる)

本来の正式名称である「北海道立総合体育センター」よりも、札幌市民にとっては「北海きたえーる」の愛称で親しまれている運動施設。
「旧道立札幌中島体育センター」の老朽化に伴って、平成12年に、「スポーツの殿堂」を目指してオープンした施設です。

北海道立総合体育センター(北海きたえーる)のおすすめポイント

北海道立総合体育センターの特徴は、まずなんといっても、そのアクセスの良さ。
地下鉄東豊線「豊平公園駅」から直結していることに加え、すぐ横には緑豊かな「豊平公園」が広がっているという、素晴らしいロケーションです。
一般的な公営スポーツ施設に比べ、「高齢者」や「障がいをお持ちの方」も利用しやすいように配慮されているのも特徴です。
センター内では「健康プログラム」も豊富に揃っており、テレビ番組でも紹介された「からだのゆがみをセルフチェックしながら解消もできる」という「ゆがみーる」も教えてもらえますよ。(※別途料金と事前予約が必要です)

詳細情報

住所:札幌市豊平区豊平5条11丁目1番1号
電話番号:011-820-1703
アクセス方法:地下鉄東豊線「豊平公園駅」直結
駐車場情報:あり(※大会やイベント開催時は使用できないことがあります。要問合せ)
営業時間:9:00~21:00(一部施設は23:00まで)
定休日:月曜日(月2回・不定)・12月31日~1月2日
予算:※利用施設・時間帯より異なります。

周辺のおすすめスポット情報

・豊平公園
・叶庵(そば店)

札幌市豊平区の体育館・運動公園のまとめ

豊平区では、多数の大型スポーツ施設が揃っている、というメリットを活かした「とよひらスポーツ応援プロジェクト」のもと、積極的にスポーツイベントを開催しています。
今回ご紹介した施設のほとんどが、公共交通機関でのアクセスに大変優れていることから、豊平区以外に住んでいる方や車がない方でも手軽に利用できるのも大きな魅力です。
近年、日本の若手フィギュアスケート選手が大活躍していることから、人気が高くなっている「スケート」を、気軽に楽しめるのが嬉しいですね!

The following two tabs change content below.
アバター

Y.Tachibana

札幌生まれ・札幌育ち・生粋の道産子です!ロコから見た道内の魅力をシェアしていきたいと思います。最近は、海外からのお客様が多くなってきていますが、日本の方にもぜひ北海道の魅力を知って、遊びにきていただきたいです!

関連記事

  1. 気軽にスポーツを楽しもう!札幌北区の体育館・運動公園5選

  2. いい汗を流したい!札幌手稲区の体育館・運動公園4選!

  3. 温泉だけじゃない!?札幌南区の体育館・運動公園7選

  4. 大人から子供まで!札幌白石区の人気の体育館・運動公園3選

  5. 爽やかに汗を流そう!札幌西区の体育館・運動公園5選

  6. 運動教室が魅力!札幌中央区の体育館・運動公園6選

最近のコメント